FC2ブログ

最終回その2

今期は最終回の週がバラけていて、何タイトルか分をまとめて書こうと思っていたら、忙しくなっちゃったりと、新ドラマが始まっちゃった時期に…


刑事七人

どうも、シリーズ物って感じがしないんだけど、やっとこのところのコールドケース的要素が安定してきた感じだろうか。
毎回リブートするのはナゼなんだろう。
初期の、とぼけた感じの東山刑事が好きだったんだけどなぁ…。
まぁ、そっち系だと、遺留捜査もあるしな。

最終回は珍しく倉科刑事回だったんだけど、シリーズを通して色気のない刑事だったので、もう少しそれらに配慮した何かがあるのかと思ったよ。
スーツ以外の服を着ているほうが珍しかったんだしさ…。


ボイス 110緊急指令室

流れ的には、「あぁ、そうなるよね」ということが多かったけど、映像演出も頑張っていたし、最後の伊武雅刀の自死の演技とか、見どころは多かったかな。

まぁ、崩落事故現場で、モノラルであろう無線の音を頼りに、真木よう子が方向を指示していたのには苦笑してしまったが。
あれ、作ってる方も分かっていたろうけど、分かりやすさ優先だったんだろうな。

あと、部下を殺させて脅しのネタにするってのは中々の飛び道具だったかな。

こちらも制服姿ばかりだった真木よう子ですが、それでも主張するアレがアレだったな。いいぞ、もっとやれ。


監察医 朝顔

法医学物のサスペンスにしてはテンポが悪いなと思っていたら、全然方向性の違うヒューマンドラマだった。

死因解明の謎解き要素はあるにしても、震災、家族、人の生死など、重いテーマをじっくりと、丁寧に描いたところが良かった。
最近では珍しい演出だったように思う。そして、成功したとも思う。
まぁ、最終回後のスペシャルドラマは録画してあるけど、まだ見てないんですけどね。

最後まで「教えて下さい」やってたのは、どうも、サスペンス物の決め台詞的でアレだったけど。

上野樹里先生が途中で結婚したものの、当初、法医学教室でただ一人既婚者だった平岩紙先生はリアルでは独身、その他の女性陣はリアルでは既婚というのは何か含むところがあるのかと思った…。


ルパンの娘

決して面白くないわけではなかった。
手を抜いたようなところもなかったし、お話も面白かったし。
これは好き嫌いがはっきり分かれそうな演出だったので、好みではなかったということだと思う。
途中、ミュージカル風になったりしちゃうと、世界線がブレてしまうので、そこで一旦冷めてしまうというか。

なんで、マルシアなのかと思ったら、最終回で歌ってたので、そのためか…と。
それならそれで引張りすぎじゃない?

そして、最後まで、岸井くんが不憫でならなかったの。
最終回は、五七五以外で感情を吐露していたことが救い。


これは経費で落ちません!

ぬぬ、面白かったぞ。
凪のお暇も面白そうだったんだけど、こっちを選んでしまった。

経理部に提出される書類の不備や、矛盾に気づき、調べているうちに意外な事実に突き当たるという構造。
しかし、意外な事実が、ベタベタのヒューマニズムだったり、巨大な不正だったりはしない。
この辺は多部未華子経理部員のキャラクター、演技が大きかったか。

最後に、海外赴任に赴く恋人に、「これは経費で落ちません!」と、メッセージ付きの領収書を返すのも効いてた。

桐山漣は、偽装不倫につづき、恋愛関係を複雑化するため役。
と、思いきや、最終回では大活躍…、まぁ、途中でもいいところで活躍してたけど。

というわけで、貫地谷しほりの結婚発表後、これを見ながら、「ま、まだだ! まだ多部ちゃんがいる!」と思っていた直後に結婚発表。
どうすりゃいいのさ。




あ、時効警察のスペシャルに真加出くんが一瞬出てたのは嬉しかった…。

スポンサーサイト



最終回その1


リスケ、リスケの繰り返しで、締切がブチ当たるという個人的デスマーチ中。
リスケされるとギャラも入ってこないので、チマチマ手仕事で糊口をしのいでいたら、そっちは締め切りが早まってグッチャグチャ。

リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~

内容的に描きたいことも分かるし、面白くないわけでもなかったけど、ナレベースで話が進むことが多かったかなぁ。
話数が少ないという制限があって、ほぼ1話完結だとしょうがないかな…。
キャストが良かっただけに、その辺、惜しかった。

あと、最終的な再建策に「スポンサー探し」が多かったのも惜しかったなぁ。
もう少し、(ドラマの)弁護士らしく、法律的に救っていく方向だと良かったかな。

最終話は主人公に敵意を持つ弁護士との対決って感じだったけど、この話数だとその手の話より、副題のようにハートウォーミングな話でまとめたほうが良かったような気もする。
最後にちょっとあったけど、それまで救ってきた企業が今度は救う側になるとか。
ベタすぎか。


警視庁ゼロ係~生活安全課あんでも相談室~ SEASON4


「やっぱりね」が数珠つなぎになる視聴者安心型の構成。
家事をしながら見ることも多かったし、これはこれで悪くない。

猟奇犯罪も猟奇犯罪風なだけで、実際は殺害後に首を噛むだけだという。

木下隆行を除く、元も含めてお笑い勢の体調が心配になった最終回。
仲本工事は、「8時だよ」のころの溌剌とした体育キャラのイメージが強いだけに、想像を超えて、おじいちゃんだったのが辛かった。

まぁ、しかし、恒例とはいえ、ゲストで出てくるお笑いさんたちが、ほぼストーリーに絡まないのはなぜなんだろう。
持ち込んだ相談が、本線の事件の解決のヒントになるほうが稀というのも珍しい。


Heaven?~ご苦楽レストラン~

あ、斎場の横のレストランだから「ごくらく」なのね、今気がついた。

うーん、考えているようで、まるで考えていない、気まぐれなオーナーに振り回される店員たち、みたいな構造のコメディだとは思うんだけど、どうも、うまく機能してなかったかな。

心の声の、魂が抜ける描写も「ごくらく」に掛かってるんだろうけど、どうも馴染めなかった。
原作でそうなってるんですかね…。佐々木倫子原作は実写化は難しいと思うんですよね…。
あの絶妙な間をどう描くか…。

あと、志尊淳のキャラが立ちすぎていたかなぁ…。
全部持っていっちゃうキャラだったので、ドラマとしては塩梅が難しかったのは分かるけど、ときに石原さとみ以上に他のスタッフを振り回しちゃってた。毒を持って毒を制すみたいな構図だったら良かったかも。


偽装不倫

タイトルからドロドロしてそうな内容を想像し、しかし、杏主演だしコメディ寄りかも、と思って初回を見て、やっぱり杏、コメディ感あるね、と思ったら、仲間由紀恵パートが想像以上にドロドロしてて、杏のコメディパートとの乖離感がすごかった。
どちらかというと、仲間由紀恵パートがメインなんじゃないかと思えるくらいのドロドロ感。

偽装不倫している杏と、ホントに不倫している仲間を対比させて、正反対の悩みを相談しつつ、解決策を見出していく、みたいなことになるんじゃないかと思ったら、ほぼそんなことはなくて、杏のほうが、宮沢氷魚の脳腫瘍とか暗いほうに寄って行っちゃった。

そして、最終回で、宮沢氷魚の記憶喪失はウソというのがバレるんだけど、それが杏の親友経由って…。
その親友と杏が会ったら、一撃でバレるウソをついたのは、まぁ、脳の手術が原因だとしか思えなかったよ…。


サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

この手の権力抗争の果てのなんちゃらかんちゃらって、今の日本ではちょっと現実離れしちゃってるっていうか。
舞台が、政治や巨大企業、一部の強力な決定権を団体の中なら分かるんだけど…。

法医学研究院という架空の団体なわけで、仲村トオルが犯罪を犯してまで権力を欲する理由が分からなかったなぁ。
恩師を自殺に追い込んじゃうし、今はコンプライアンス重視の時代だし。

まぁ、法医学物としては、今期は「朝顔」もあって、朝顔は、サスペンス風でありながら、主人公家族を含めた人間ドラマに振り切っているので、こちらもどこか振り切ったほうが面白かったかな。ちょっとごった煮すぎたか。

最終回に大森南朋が死んじゃうのは意外だったけど。
飯豊まりえは良かった。


ノーサイド・ゲーム

いや、まぁ、面白かったんですけどね、文句なく。
松たか子のイヤミを言いまくる奥さんも新しかったし。
え、そこは夫を励ますんじゃないの? って場面で罵倒。
大泉洋の受けも嫌味がなくて良かったし。

ストーリーだけ追うと王道も王道で、敵だと思って追い落とした上川隆也が実は味方(?)で、味方だと思っていた上司が最大の敵だった。最後は宿敵サイクロンズに勝って、アストロズ優勝、プラチナリーグの改革にも着手して、かつての上司の不正を暴いての大逆転劇。

まぁ、それをここまで重厚に描くのはさすがだと思う反面、ラグビーW杯を目前に、ラグビーを題材に、売れっ子池井戸潤に原作を書き下ろさせたプロデューサーの敏腕さに驚くとともに、「大人の事情」という言葉がちらつくのであった。


TWO WEEKS

うーん、ここまで盛りだくさんにしなくちゃダメなのかな…。
登場人物の裏事情とか、心情を追うのに疲れちゃうよ、じじいは。

ちょっと、最後のカタルシスも少なかったしなぁ。
高嶋政伸が、黒木瞳が止めるのも聞かず、暴走した挙げ句、逃亡犯の三浦春馬に刺された~って言い訳してたのも合点がいかなかった。
あそこは、暴走した黒幕らしく、悪役の開き直りを聞きたいところ。
もしくは、自分の計画通りに行かなかったことを、情けなく吐露してほしいところ。

前半の、子供を救うために、色々な人々に助けてもらいながら逃亡するのは、懐古趣味かも知れないけど、「逃亡者」的で良かったんだけどな。

やっぱりさ、韓国原作だと、どうしても権力闘争的な内容が絡んでくるけど、そもそも日本とは権力の強大さも構造も違うんで、そこかしこに齟齬が出ると思うんですよ。
その辺、上手く整合性が取れれば、もっと面白くなるような気もするんだけどな。

子役は良かったですね。


新ドラマその3

またまたまた…忘れてた。

警視庁ゼロ係 ~生活安全課なんでも相談室~ SEASON4

この枠らしく、設定が大きく変わることもなく、安定した導入。
軽いノリも変わらない。

凝った構成ではあるけど、見る方は気楽に見られるところはあいかわらず楽しい。

新キャストで管理官に斉藤由貴。
まぁ、色々あってアレだったので、この時間帯で見られるの嬉しい。

捜査一課長で、大福の斉藤由貴、もなかの安達祐実が揃っちゃったのは、将来記憶がちょっと混同しそうだ。

新ドラマその2


ボイス 110緊急指令室

緊急通報を受けながら、上司からの命令に従ったために通報者を救えなかった真木よう子と、その亡くなった通報者の夫だった刑事、唐沢寿明のバディ物。

真木よう子が異常に耳がよく、通報の背景音から推理を巡らせ、唐沢寿明に指示するというのは面白い。
電話の通報だと、今はデジタルだろうし、周波数的にはぶった切られてる帯域があるので、そこまで聞こえるのかという疑問があるけど、まぁ、良しとする。小さな音を聞き分けられるとか思っておこう。

2話では、実はその事件の際、真木よう子も同じ犯人に、交番勤務で現場に向かった父を殺されていたことが判明。
和解したわけではないが、本格的に緊急出動班が稼働することになる。

通報からどれだけ早く現場に駆けつけて救出できるか、というタイムリミットがある展開なので、テンポ感もいい。

真木よう子は、普段の口調はいいけど、警察官のお固い命令口調だと、ちょっと滑舌が気になるかなぁ。


TWO WEEKS

子供が出来たがキッカケで別れた女がシングルマザーになってて、その子供が白血病で骨髄移植が必要で、血液検査したらマッチした途端、それまでの日陰物のヤサグレた生活から殺人事件の濡れ衣を着せられて逮捕され、移送中に衝突事故に合って脱走して、骨髄移植までに病院に行かなくてはならない。
というのが基本路線で、殺人事件の被害者が検事が内偵のために使っていた協力者で、その検事の父の死が絡んだ事件で服役したと思われるのが主人公。
しかも、別れた女が今付き合っているのが、担当刑事。

いや、もう、お腹いっぱいな人間関係と設定。

アクションも豊富だし色々な謎もあるんだけど、こうなると、どうキレイに伏線を回収していくのかが一番の見どころかも知れない。


凪のお暇

うーん、もう少し、夏向けの涼しいタッチのドラマかなと、思っていたんだけど、1話の暑苦しさと苦々しさはどうなんだろうか。
まぁ、2話以降変わってくるかも知れないけれど…。

高橋一生がベタぼれで、ストーカー気質だったというのは面白い設定。
実は高橋一生も空気を読んでいて、ああいう態度しか取れなかったという対比になったりするのかな。


これは経費で落ちません!

キャストも構成も手堅いな。

経理書類だけで推理していくタイプのアームチェア物に近い展開かと思ったら、調査に出ていくのね。
でも、最後に、上司から調査費用をポケットマネーで支払うと言われて、やり返してオチをつけていて感心。

基本モノローグで進んでいくので、主人公が悩んでいるときにちょっともたつく感もあるけど。

上司の吹越満は、ちと釣りバカ日誌を彷彿と。
ライバルの角田晃広とのやり合いも面白かった。



あと、雲霧仁左衛門も見てたんだけど、オレの知ってるのと違う感がありつつ、コレはコレで面白かった。

新ドラマその1


ノーサイド・ゲーム

初回は、常務上川隆也の意向に歯向かった主人公大泉洋が、本社から工場へと左遷され、名実ともにラグビーチームのGMになるところまでを描いていました。

途中、大泉洋が本社復帰を考えて、チーム廃止案を提出するも、目論見が外れてしまって、本気でチーム再建案を考えるなど面白い展開だと思うんだけど、この辺、もう少し丁寧に描いて欲しかったかな。
大雨の中、スーツでタックル練習して、というベタに感動的なシーンはあったものの、少し主人公が打算的に見えてしまった。

2時間スペシャルとは言え、あれだけの多さの登場人物の紹介と、主人公の家族問題やらなんやら詰め込んでいたので、しょうがないとは思うけど。
まぁ、この枠の重厚感は変わらず。

実業団チームは、「ルーズヴェルト・ゲーム」でも題材としているので、どれだけ違いが出しているいけるかも注目。


監察医 朝顔

「ラジエーションハウス」に続き、今回も医師物で、緊迫感というよりはゆっくりとしたテンポで、ちょっと良い話を、という感じだろうか。
この枠はそっちのほうに舵を切ったのかも知れない。休み明けの月曜、キツイ仕事あとの娯楽としてはそれも良いかもしれない。

これはまだ、この先になにかあるかも知れないが、東日本大震災を絡めてきているのは、ちょっとキツイかな。
まぁ、時期的には、あれくらいの再現シーンがあっても良いのかも知れないけど、正直、関係者でもないのに、正視できなかったなぁ。
主人公のモチベーションになってたりするんだろうか。

上野樹里、風間俊介、時任三郎の関係性は面白くなりそう。
山口智子は、もう少し、違った性格の役柄も見てみたい気になってきた。ハズレはないんだろうけど。

あと、主人公が検視するときの「教えて下さい」はセリフにしなくてもなぁ…、と思う。


Heaven?~ご苦楽レストラン~

うーん、評価が難しいなぁ…。
コメディだといいうことは分かるんだけど、笑いどころは「諦観」と文字が浮かび上がるところなのかなぁ?

オープン記念パーティーに誰も来ず、その理由が、招待状の日付が間違っていて、しかも、エイプリールフールに送っていたというのは良いアイディアだったりするんだけど。

そして、石原さとみの傍若無人っぷりは、天然なのか、スタッフを鍛えるための演技なのか、なども見どころだと思ったりもしてるんだけど。

見てて、すごく楽しい、という気分になかなかなれず。
まぁ、楽しいことは楽しいので、これから笑いどころが分かってくれば。脇役陣も芸達者で固めているし。


刑事七人

前作の、部署は違えど協力して、のパターンは終了して、専従捜査班となって再結集。
良く毎回設定を変えてくるものよ。

で、お話的には、初回、引いた割にはちょっと無理ある展開。
曜日と殺害方法を絡めた連続殺人ということだけど、それに気づくキッカケが…。
それ以外は、納得できるんだけど。

で、あそこで矢島健一が出てきちゃうと、もう、疑わざるを得ないのだが、果たして。


偽装不倫


コメディとしては面白かったけど、杏が主演のラブコメということで、どうしても「デエト」と比べてしまうな。
コメディとして成立してるのは杏の力が大きいような気がする。
まだ、謎を残しているものの、宮沢氷魚の頑張り次第といったところかな。

仲間由紀恵、谷原章介夫婦は、なにやら不穏な香り。
あんまり、コメディに不穏な香りはいらないと思うんだけど、どうなっていくかな。
コメディ中のスパイス的な展開ならいいんだけど、真面目に対比要素として持ってきちゃうかなぁ。

それにしてもタイトルは違うほうが良かったんじゃないかなぁ。
どうも、「不倫」って付くだけで、ドロドロ系の内容を想像して、敬遠するところだったよ。



サイン―法医学者 柚木貴志の事件―


うーむ、申し訳ないけど、地味なキャストではある。
シブく展開してくれるなら、それはそれでいいんだけど。

「法医学研究院」という架空の施設を舞台にしているんだけど、そこでの権力争いとか、必要なんですかね。
仲村トオルと大森南朋の対立構造ってのは、ドラマを作りやすいのは分かるんだけど。
原作ドラマがあるようなので、それをなぞっただけなのかも知れないけど。

海外ドラマを原作にしちゃうと、法律や風習の違いでお話そのものの面白さがスポイルされちゃったりするからなぁ。
上手な嘘をついて貰いたいもの。

これまた、仲村トオルの意向に逆らって左遷状態の主人公、その場で活躍するのか、復讐劇的な展開になるのか。
初回の事件の真相を暴くことが復讐になったりするのかな。

しかし、存在しないことになっているとは言え、証拠品を勝手に持ち出す助手よ、その時点で証拠能力が失せてしまうだろうよ。


ルパンの娘

こりゃまた、好き嫌いが分かれそうな内容。

あからさまに「ロミオとジュリエット」のパロディがあったり、ミュージカル的演出があったり、奇想天外な秘密道具とか。
盛りだくさんとも言えるんだけど。

基本的には、深田恭子の盗みに入ったところでのアクションが売りになるのかな。
あとは、盗みの手段と、勧善懲悪的な展開で、どれだけ驚かしてもらえるか。

警察一家と泥棒一家の「ロミオとジュリエット」的な展開は、わかりやすいけど、うーん…。