FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ドラマその2


獣になれない私たち

序盤、丁寧に行っている印象。

特に派手に何かが起こっているわけではないんだけど、キャラクターが面白いので飽きない。
とはいえ、今のところ、完全にオトナの女性向けな感じですね…。

野木亜紀子、新垣結衣のコンビなので、「逃げ恥」のように男性も楽しめる内容になってくるといいのだが…。
まぁ、枠が枠なので、あまり期待しないほうがいいかも知れないけど…。
松田龍平のキャラ次第かな。

新垣結衣の事務所の社長や同僚の描写が、胸くそ一歩手前で抑えられてるのはさすが。
大抵、ここをやりすぎて、現実味がなくなっちゃったり、現実味があれば見てられなくなっちゃったりするし。

というか、田中圭の同居人、黒木華を、てっきり妹かなんかかと思っていたら、元恋人という衝撃。
ドロドロしそうなところをどうスッキリ見せるか見せないか。

今後に期待。


下町ロケット

面白い。
完全に王道パターンなんだけど、多彩なキャストと予算の掛け方で見せる。

徳重聡が面白いキャラ。
イモトアヤコは、まぁ、妥当な感じだけど頑張ってるかな、と。

あとはやたら時間拡大するのはやめて欲しいところだが、まぁ、文句の一つもつけたくなるのが人情的な、完全ないちゃもんか。



あと、相棒も見ているのだけど、ここまで長く続かれると、書くこともなし。



スポンサーサイト

新ドラマその1


SNSに書き込むことが多くなっちゃって、視聴するテレビドラマの本数も絞ってしまって、なかなかブログ更新が進みませんが、今クールもがんばっていきまっしょい。

SUITS

海外ドラマの設定を取り入れて、日本風にアレンジして…、というスタイルで、パクリじゃねーかと言われるよりは、そのまま輸入しちゃった本作。
海外とは司法制度が違うので、日本独特のアレンジは必要だと思われるけど、スポイルされないか心配。

初回は、そこまで深い裁判のあれこれがあったわけではなく、違和感は少なかったかも。
まぁ、オリジナル版もそれほど法廷のシーンが多いわけではないので、このまま行けるかな?

織田裕二は、もう少しハツラツとしててもいいかなと思う。
自信家でグイグイ系の弁護士なハズなんだけど、まだ、自信家というよりは、有能でキザな弁護士、という感じ。
もう少し、中島裕翔を振り回しても気にしないくらいでいいような気がする。
この辺は、やりすぎるとイヤなヤツになりすぎるので、ちょっと塩梅が難しいところだと思うけど。

中島裕翔は、うーん…と思わせるところはあるものの、まぁ、無難といえば無難なセンか。

織田裕二のライバル役の小手伸也はイメージがぴったりすぎて笑った。
もうちょっとイヤミでもいいかと思うけど、これからかな。

で、女優陣なんだけど、これがどうも、悪くないんだけど、ピンとこない。
オリジナル版を見てないほうが楽しめたかも、というところ。

縦糸は、織田裕二の検事時代の上司の不正か。
織田裕二がその不正に関わっていたか否かというエピソードで、オリジナル版では絶体絶命的危機に陥るわけだけど、日本の司法制度であのピリピリ感を出せるのかどうか。

今後に期待。


僕らは奇跡でできている

高橋一生主演の、少し変わった内容。

うーん、面白いとは思うんだけど、この哲学的内容をエンターテイメント的に見せられるかどうかがキモか。

高橋一生は、ちょっと変わったキャラなんだけど、ともすると非常識の枠を外れて、発達障害的に見えちゃうのが惜しいかな。

まぁ、周囲のキャラクターも変わっているので、面白く見られるようになっていると思う。

初回は登場人物の紹介がメインだったので、今後、どうお話が展開していくのかはこれから。

こちらも期待度は高い。


最終回その6


探偵が早すぎる

最終回は大掛かりなトリックではあったものの、大掛かりなトリックをやるには時間帯的に予算が足らず、色々気になる点もあったけど、逆に時間帯的に許される範囲だった。

広瀬アリスの絶叫演技も楽しかったし、水野美紀のアクションもあって楽しめた。

まぁ、しかし、5兆円の遺産という設定は、あまりに現実離れしてて、ちょっと感覚的に把握できなかった。
逆に現実離れしてて、このドラマの世界観として良かったかも知れない。
確かに、5兆円であれば殺し屋を雇ったりするかな…、とか。

この枠はこの手のオフビートな感じでいいと思うんだけど、なんかお笑い芸人を無理に起用したりするとゴチャるんだよな。
次作はどうかな。

最終回その5


健康で文化的な最低限度の生活

爽快感は少なめで、良い話系が多かったかな。
ただ、感動分も少なめだったのは、身につまされる内容が多かったからかも知れない。

遠藤憲一がそれまでの生活から抜け出してから、こう一服の清涼剤的なところがあったんだけど、娘との同居が始まってから、怪しげな匂いがぷんぷん漂ってきちゃったのが、どうもなぁ。
このタイプだと、その後不幸な展開になるしかなかったし。
まぁ、徳永えりがいたから…という見方もできるが。

最終回は松本まりかの毒親問題で、アパートの廊下での吉岡里帆とのやり取りは見応えあったけど、ちょっとエピソードとしては親の松本まりかの描写にもう少し時間を割いて欲しかった。
まぁ、吉岡里帆が主人公なので、汗をかくシーンに割いたのは分かるんだけど…。

その汗をかくシーンがことごとく短かかったのも残念。
バンドやってる少年を探すときもそうだったんだけど、曇って曇って、自転車で駆け出して、という爽快感を期待していたら、あら、もう終わり? みたいな感じで拍子抜け。

最後まで、ちょっと塩梅が惜しい感じだったかなぁ。


義母と娘のブルース

面白かった。

偽装結婚発覚→竹野内豊の死→娘の成長と、物語もテンポ良く進み、なおかつ各話充実した内容だった。
まぁ、綾瀬はるかのパン屋への就職は、ちょっと心配したんだけど、これも娘の上白石萌歌とそのボーイフレンドの井之脇海との関係が絶妙に絡んできて、それまでの雰囲気を壊すことがなかった。
というか、パン屋編のほうが本編だったような気がしないでもない。

綾瀬はるかのふとした表情に感心させらることが多々あった。
昔からそうだっけ?

最近、ちょっと暗いドラマが多いので、こういう楽しい雰囲気の中で、考えさせられたり、心温まったりするドラマが人気があるのは嬉しい。
まぁ、ドラマ業界、そのうちそういう内容のドラマばかりになってしまうかも知れないけど。
基本はホームドラマで、どれだけ面白い要素や設定を詰め込めるかってことかなぁ。
これに並んで面白かった高嶺の花は、恋愛問題に重心をおいていたけれど、やはり複雑であるけれど、石原さとみの家庭問題、親子のあり方なんてテーマも描いていたし、ホームドラマと言えなくもないかな、とかこじつけてみる。

スペシャルドラマはありそうな気がするので、今冬あたりに期待。

最終回その4


この世界の片隅に

重厚感や予算が掛かってるのは良く分かったんだけど…。

というか、重厚感が仇になったような気がする。
もう少し、主人公の松本穂香ののんびりした雰囲気を描くことに重心をおいたら、全体的にバランスが取れたんじゃないかな。

後半、あっけなく人が死んだり、街が壊滅してしまったり、極力具体的な描写を避けていたと思うけど、それによって壊れかける主人公と、それまでの主人公の対比が薄かったと思う。

まぁ、誰がやってもどこからか文句が出そうな主人公なので、もう少し丁寧でも良かったかな。
確かに戦時下における「ゆるふわ」な日常とか、この枠ではやることではないけど、ゆるふわはさておき、もう少しライトコメディ寄りで描いていても良かったかもしれない。

あと、子供時代の子役がなぁ…。
演技が上手いのは分かるんだけど、ハキハキしてたしなぁ…。
松本穂香でさえ、周りから「すずさんはぼんやりしてるから…」と言われないと、あれでぼんやりなのか? と思ってしまうことが多々あったのに・・・。

ちょっと、重心の置き方が違っていたのではないかと思わせるところは惜しかった。
あと、現代エピソードは必要だったか? とかもあるんだけど、そこは「広島頑張れ」もあったしな…。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。