スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き放題サービスとアグリゲーター


ちょっと分からないことがあるので、整理。

色々なところで、音楽の聴き放題サービスをやっているけれど、どうも、どこも著作権管理団体と包括契約を結んでいるようです。

JASRACに委託しているアーティストが、包括契約結んでいるはずの配信先で「自分の曲が流れているけど1円も入金がない」と言っていたり、色々問題はあるようですが、それは置いておいて、アグリゲーターの存在意義について。

アグリゲーターというのは、物凄く簡単に言うと、Google や Apple などで音楽配信する際に、楽曲情報を取りまとめて、配信先に提供してくれる代行業みたいなものです。
あと、楽曲使用の収益などの管理(振込みとか)もしてくれたはず。

そんなわけで、配信先と直接契約できるような大手レーベルに所属していないアーティストは、アグリゲーターを通さないと配信できないわけです。

で、聞き放題サービスなんですが、包括契約案件なんで、まぁ、パクリとかの著作権侵害の問題はあるとしても、Youtube みたいに制作者が自由にアップロード出来るようにならないものなのかな? と。

アグリゲーターは便利は便利なんだけど、登録料がお高いんですよね。
毎年、管理費も取られるし。
元が取れる気がしない。

Google のサービスなら、Google ペイメント があるし、Youtube の広告費とは違いがあるにしても、似たようなシステムで支払いもいけるような気がするんだけどなぁ。

著作権侵害の問題という点から考えると、最低ラインを考えて、ネクストーン(旧イーライセンス)などの無料で登録できる著作権管理団体に委託することで、オリジナル曲であることを担保して、ネクストーンに委託したことと管理ナンバーを添えて楽曲をアップできるとか。
ネクストーンは管理費は無料だったような気がするので、参入障壁はうんと低くなると思うんだけど。
(楽曲が使用された場合は、収益の何%とかそんな感じだったかと。)


自由に配信したいなら、BandCamp とか、無料で登録できる音楽配信サイトを使えってことなのかも知れないケド。
こっちはこっちで、著作権管理はどうなってますのん? な感じだけど。
たぶん、自分で、それこそ、ネクストーンなどに委託しなきゃならないんだろうけど。

まぁ、アグリゲーターを使うと、一気に色々な配信サービスに登録してるというメリットはあるんですが。

スポンサーサイト

長けりゃいいのか短けりゃいいのか


というわけで、また音楽の尺の話。

スマホで音楽を聴く人も増えているし、もし、音楽をオンライン販売するなら、短い曲のほうが良いんじゃないかと思ったりしてる今日この頃。
まぁ、バッテリー消費や、電車移動中、数駅の暇つぶしのためという利便性なんて意味もあるし、そもそも、テレビ番組を見るにも、放送時間に合わせてテレビに向き合うのがイヤで、好きなときに好きな間だけスマホで動画を見るって人が増えていると聞くし、そんな人が、長々、音楽のために時間を割かないんじゃないかな、という考え方なんだけど。

一方、Youtube で、アンビエントなんてジャンルだと、1時間超の曲が視聴回数200万超えとかしてるのね。
1時間超の曲っていうのも驚くけど、確かに、ストリーミングだとCDなどのメディア・ベースの考え方から解き放たれて、時間無制限で作っても問題ないものね。

で、まぁ、また、その話題かよで申し訳ないんだけど、定額音楽聴き放題サービスでさぁ、こういう1時間超えの曲ってどうなんでしょうねぇ。
需要あるんですかねぇ?
そもそも、登録できるんだろうか?

以下、貧乏人の考えなんで、価値観が違うといわれそうだけど、

・定額とはいえ、お金払っているので、出来れば色んな曲を聞きたいので、長い曲はいらない。
-> 定額だとそんなに気にならないような気もする。

・そんな長い曲は配信元のサーバー容量を圧縮するので、そもそも配信できない。
-> 配信元からすると、5分だろうが1時間だろうが、大してコストは変わらないよ、なのか?

番外編
・1曲いくらで買う場合、短い曲より長い曲のほうがお得感がある。
-> 好みじゃない曲なんて、長かろうが短かろうが、そもそも買わない、という前提は抜きにして、この辺どうだろう?
もう、曲を買うって人は少なくなっているんだろうか?


あと、定額サービスが、著作権許諾を包括契約を行っているなら、調査期間中に再生されれば、時間割で考えると有利かも知れない。

うーん、Youtubeで、アンビエントと謳いながら、2~3時間、波の音を流しっぱなしにしておいて、広告入れて置くのが儲かるような気がする。

これはチャンスなのか?


これは、「政治色のないフェス」か、「体制側を称えるフェス」を主催すれば大儲けのチャンスなのか?

http://matome.naver.jp/odai/2146628054776330801

この件に関しては、反体制がどうのこうのより、SEALDs アレルギーのほうが強いのかもね。
まぁ、主催者側も SEALDs の人を呼んだ時点で折込み済みなような気がする。

リンク元がまとめサイトなので、批判的な意見だけをまとめてあるんだろうけど、まぁ、結構な人数が反応してるみたいだから、批判してる人の中から、「政治色のないフェスを主催してみよう」とか、「反体制以外の主張を込めた曲を書いてみよう」と思う人が出てくると、建設的でいいよね。

UC-16を使ったときのメモ帳


昨日、ちょっと Native Instruments 製品を触る機会があったんだけど、NI 社のソフトを持っていると連携性がバツグンだな、KONTROL。
まぁ、空きスペースと懐具合の関係で、しばらくは導入はできなそうだけど。

てなわけで、ツマミグリグリ系はまだまだ EVOLUTION の UC-16 でいくぜぃなワタクシ、ツマミに、どのプラグインの何を割り振って、何番に保存したかすぐ忘れてしまうので、メモ帳を作ってみました。
もう、UC-16 ユーザーも少なくなったとは思いますが、良かったらダウンロードしてお使いください。
これに、コード進行表か譜面、レコーディング・チャートがあれば完璧よね。

UC-16メモ

音楽ストリーミング配信というより、ちゃんと音楽を売るにはどうしたら良いのか【愚考】


LINE MUSIC の30日間の無料お試し期間が終わったあとのレビューと、そのレビューに対する反応 がネット記事になったり。
今さら何言ってんの? という気もしつつ。

賛否両論あるみたいだけど、音質を気にしなければ、Youtube とかに著作権を無視してアップされている動画で音楽が聴けちゃうので、乱暴な推論だけど、定額制から無料の方向に行くかもなぁ、という感想。善し悪しの判断はなしで。

となると、広告収入モデルになるのかな、と。
配信業者は、JASRAC に代表される著作権管理団体と定額(?)の包括契約を結んで、聞き放題サービスを受けている人に掛け放題してるわけで、その費用を含んだ諸々の経費を広告収入で賄えて、儲けが出れば良いわけ。

一方、包括契約ってのは、以前から、テレビ・ラジオの放送局では使われてきた契約方法だけど、これがクセ者で、作曲者など(著作権団体に楽曲の管理を委託している人)から、利益が公平に分配されていないんじゃないかという声が上がっていたりするのです。
包括ってくらいなんで、どの曲がどれだけ使われたかとか一々カウントしてないわけです。
ある一定期間にその類の集計を取って、それをもとに収入を分配しちゃう。
その期間に曲がテレビやラジオで流れなきゃ、たとえ、集計期間以降に曲が使われても収入がないわけですね。
まぁ、ネット配信なんで、やろうと思えば、集計取れるような気もするんですけどね。

どちらにせよ、聞き放題サービスで楽曲を配信するには、楽曲の直作権の管理委託した管理団体に包括契約を結んで貰わなくちゃならないわけです。

で、まぁ、前置きが長くなっちゃったけど、じゃぁ、将来、無料聞き放題サービスが主流になるとして、音楽を売るとしたらどういう手段があるんだろうということを、考えていたりいなかったりのバカの考え休みに似たりの愚考。

・対面販売
地下アイドルちゃんとか、ライブで物販やってますが、あんな感じ。
まぁ、メジャーには向かないけど。
とか考えてたら、地下アイドルちゃん、ライブ会場で刺されちゃったりして、これはこれで問題あるかなぁ。

・特典てんこ盛り作戦
国産アニメのDVDみたいに、ブックレットとかボーナス・トラックをつける・・・、って、もうやってるか。

うーん、あんまり出てこないなぁ。

まぁ、メジャーの人達に限って言えば、この辺のことは、事務所やレコード会社が考えてくれんだろうけど、ワタシも含めたアマチュアがね。
けっ、結局、自分のことしか考えてないのかよ。

ほぼ無料で楽曲登録できる著作権管理団体もあるけど、聞き放題サービスに楽曲が提供できるかどうかは別の話なので、聞き放題サービスが主流になると、アマチュアの曲を発表&販売できる場がなくなりそうな気もしなくもない。

動画配信サイトで発表して、話題になる→聞き放題サービスに登録?
うーん、気が長いなぁ。

なんか、この辺、聞き放題サービスが主流になると、せっかく、ダウンロード販売や、格安CDスタンプ業者さん&即売会なんかで育ってきたアマチュア音楽販売の流れが堰き止められそうな気もしますね。

うーん、まぁ、この辺を含めて考えると Sound Cloud や my space が進んでいる考え方なんだと思うんだけど、楽曲提供者への還元がないんだよなぁ。

楽曲再生数(再生時間)をキッチリ集計して、広告収入を適正に分配するシステムを作ったらどうだろうか。
まぁ、問題としては、楽曲ばかり集まって聞く人がいないとか、Youtube の違法アップロード問題みたいなことは起きるだろうなってことは、今からでも予測はつくんだよなぁ。

まぁ、でも、スマホ・アプリなら、広告収入高めの全面広告を垂れ流してても、あんまり邪魔にならないところが、音楽の良いところではある。

音楽を売るにはどうするかじゃなくて、アマチュア(著作権管理団体に属してない)の音楽をいかにお金にするかになっちゃったなぁ。

・アマチュア向けの聞き放題サービスを構築する。
・再生回数(再生時間)を集計して、広告収入をキッチリ分配する。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。