FC2ブログ

新ドラマその1


ノーサイド・ゲーム

初回は、常務上川隆也の意向に歯向かった主人公大泉洋が、本社から工場へと左遷され、名実ともにラグビーチームのGMになるところまでを描いていました。

途中、大泉洋が本社復帰を考えて、チーム廃止案を提出するも、目論見が外れてしまって、本気でチーム再建案を考えるなど面白い展開だと思うんだけど、この辺、もう少し丁寧に描いて欲しかったかな。
大雨の中、スーツでタックル練習して、というベタに感動的なシーンはあったものの、少し主人公が打算的に見えてしまった。

2時間スペシャルとは言え、あれだけの多さの登場人物の紹介と、主人公の家族問題やらなんやら詰め込んでいたので、しょうがないとは思うけど。
まぁ、この枠の重厚感は変わらず。

実業団チームは、「ルーズヴェルト・ゲーム」でも題材としているので、どれだけ違いが出しているいけるかも注目。


監察医 朝顔

「ラジエーションハウス」に続き、今回も医師物で、緊迫感というよりはゆっくりとしたテンポで、ちょっと良い話を、という感じだろうか。
この枠はそっちのほうに舵を切ったのかも知れない。休み明けの月曜、キツイ仕事あとの娯楽としてはそれも良いかもしれない。

これはまだ、この先になにかあるかも知れないが、東日本大震災を絡めてきているのは、ちょっとキツイかな。
まぁ、時期的には、あれくらいの再現シーンがあっても良いのかも知れないけど、正直、関係者でもないのに、正視できなかったなぁ。
主人公のモチベーションになってたりするんだろうか。

上野樹里、風間俊介、時任三郎の関係性は面白くなりそう。
山口智子は、もう少し、違った性格の役柄も見てみたい気になってきた。ハズレはないんだろうけど。

あと、主人公が検視するときの「教えて下さい」はセリフにしなくてもなぁ…、と思う。


Heaven?~ご苦楽レストラン~

うーん、評価が難しいなぁ…。
コメディだといいうことは分かるんだけど、笑いどころは「諦観」と文字が浮かび上がるところなのかなぁ?

オープン記念パーティーに誰も来ず、その理由が、招待状の日付が間違っていて、しかも、エイプリールフールに送っていたというのは良いアイディアだったりするんだけど。

そして、石原さとみの傍若無人っぷりは、天然なのか、スタッフを鍛えるための演技なのか、なども見どころだと思ったりもしてるんだけど。

見てて、すごく楽しい、という気分になかなかなれず。
まぁ、楽しいことは楽しいので、これから笑いどころが分かってくれば。脇役陣も芸達者で固めているし。


刑事七人

前作の、部署は違えど協力して、のパターンは終了して、専従捜査班となって再結集。
良く毎回設定を変えてくるものよ。

で、お話的には、初回、引いた割にはちょっと無理ある展開。
曜日と殺害方法を絡めた連続殺人ということだけど、それに気づくキッカケが…。
それ以外は、納得できるんだけど。

で、あそこで矢島健一が出てきちゃうと、もう、疑わざるを得ないのだが、果たして。


偽装不倫


コメディとしては面白かったけど、杏が主演のラブコメということで、どうしても「デエト」と比べてしまうな。
コメディとして成立してるのは杏の力が大きいような気がする。
まだ、謎を残しているものの、宮沢氷魚の頑張り次第といったところかな。

仲間由紀恵、谷原章介夫婦は、なにやら不穏な香り。
あんまり、コメディに不穏な香りはいらないと思うんだけど、どうなっていくかな。
コメディ中のスパイス的な展開ならいいんだけど、真面目に対比要素として持ってきちゃうかなぁ。

それにしてもタイトルは違うほうが良かったんじゃないかなぁ。
どうも、「不倫」って付くだけで、ドロドロ系の内容を想像して、敬遠するところだったよ。



サイン―法医学者 柚木貴志の事件―


うーむ、申し訳ないけど、地味なキャストではある。
シブく展開してくれるなら、それはそれでいいんだけど。

「法医学研究院」という架空の施設を舞台にしているんだけど、そこでの権力争いとか、必要なんですかね。
仲村トオルと大森南朋の対立構造ってのは、ドラマを作りやすいのは分かるんだけど。
原作ドラマがあるようなので、それをなぞっただけなのかも知れないけど。

海外ドラマを原作にしちゃうと、法律や風習の違いでお話そのものの面白さがスポイルされちゃったりするからなぁ。
上手な嘘をついて貰いたいもの。

これまた、仲村トオルの意向に逆らって左遷状態の主人公、その場で活躍するのか、復讐劇的な展開になるのか。
初回の事件の真相を暴くことが復讐になったりするのかな。

しかし、存在しないことになっているとは言え、証拠品を勝手に持ち出す助手よ、その時点で証拠能力が失せてしまうだろうよ。


ルパンの娘

こりゃまた、好き嫌いが分かれそうな内容。

あからさまに「ロミオとジュリエット」のパロディがあったり、ミュージカル的演出があったり、奇想天外な秘密道具とか。
盛りだくさんとも言えるんだけど。

基本的には、深田恭子の盗みに入ったところでのアクションが売りになるのかな。
あとは、盗みの手段と、勧善懲悪的な展開で、どれだけ驚かしてもらえるか。

警察一家と泥棒一家の「ロミオとジュリエット」的な展開は、わかりやすいけど、うーん…。



スポンサーサイト

最終回その4


俺のスカート、どこ行った?

忘れてた…、すっかり書いた気になってた。

うーん、面白くないわけではなかったけれど、中心線は、風変わりな教師と反発する生徒の和解的なところで展開するスタンダードな内容だったかな。
もちろん、これからのダイバシティをどう考えるかという、現代的で大きなテーマはあったと思うけど。

毎回、起こる騒動に対する解決策が、ゲイならではの発想だったりすると良かったかも知れない。
まぁ、ゲイの人たちが見ていたら、共感を得ていたのかも知れないけれど。

あと、映像演出はもっと濃厚だったら良かったかな。
色目がタンパクだった気がする。

古田新太スゲー的なドラマではあった。

最終回その3


パーフェクトワールド


有り体に言えば、山本美月目当てだったので、あんまり山本fが曇る展開は面白くないんだけどなと思ってました。

曇る場面も、そこそこ多かったんだけど、あまりくどくなくて良かったかな。

まぁ、しかし、瀬戸康史のセリフにあったように、「失恋のショックにつけ込んで」な婚約だったとしても、婚約破棄して元鞘ってのは安易だったかなぁ。
こういうのも王道って言うのかな…。

大ボス、松重豊の心変わりも、初めて自分がその立場になって~、というのは分かるんだけど、どうも、すんなり腑に落ちない感じ、力技に感じちゃって。

まぁ、タイトルからして、テーマ的にファンタジーよりに描きたかったところもあるのかも知れないけど。


わたし、定時で帰ります。

最近の働き方改革をテーマにしたドラマでは上手く行ったほうかな。
人それぞれの幸福があって、それに合った働き方を考える…、結論が出ていないというのは面白かったです。
これまでの働き方改革ドラマだと、正解を押し付けてくるので、「なんか違う…」となっちゃうし。

ユースケ・サンタマリアがボス的なポジションだったけど、ちょっと説得力がなかったかな。
他の登場人物に比べて、だけど。
ホワイト推奨な会社に在籍していて、わざわざブラックな環境にならざるを得ない仕事を取ってくるのがそもそも…。

あと、パーフェクトワールドいたんだけど、主人公が婚約している相手と上手く行ってないなさそげな雰囲気出してると、別れちゃえ的に後押しする役ってなんだろう…。
普通、そこまで他人の人生に、(無責任に)介入しないんじゃないかと思ったり。
恋人ならまだしも、婚約してるんだし…。

で、こちらも元鞘っぽい終わり方。

さて、幸福とはなんだろう。


特捜9 season2

うーん、面白かったんだけど、事あるごとに解散の危機を煽ってくるのは勘弁してほしかったなぁ。
最終回で、班長が去る伏線ではあったんだけど、それもちょっと弱かった感じ。

謎解き方面では、ミステリーの名作をちょっと捻ってくるタイプが多くて面白かったです。
ま、そのタイプのミステリーが増えているので、そのうち飽きちゃうかもですが…。


緊急取調室

相変わらず、濃密な演出で面白かった。
けど、特捜9と同じく、解散の危機を煽ってくるので、ちょっと…。
まぁ、構造がダブるとねぇ…。各局、話し合ってもらえないものか。


ストロベリーナイ・トサーガ

新キャストでのリメイクで、驚きは少なかったものの、面白かった。
本放送では時間が合わないときもあり、深夜再放送を録画して見てたんだけど、歯抜けになるのは勘弁して欲しかった。

竹内結子版では、グロさと切なさの組み合わせが新鮮だったけど、その驚きは薄れたかなぁ。
時代は進む。テレビの表現も変わっている。


インハンド

今クールで一番楽しみだったかも知れない。
天才科学者物と思わせておいて、バディ物だったし。

天才をもってしても、救えない回があるのは良かった。
というよりは、天才は人を救うことに興味がなかったのかも知れない。

コメディー・シーンもやりすぎということもなく、クライマックスでのシリアス展開も無理がなかった。


集団左遷!!

「わたし、定時で帰ります。」の逆を行くような「頑張る」をテーマにしたドラマでした。
内容的には、まぁ、銀行を舞台にした、内部的なアレ。
面白くないとは思わなかったけど、新鮮味はなかったかな。
この内容だと、もう少し銀行利用者側のほうを描いたほうが、興味深く見られた気がする。

そして、福山雅治のルックスが良すぎた。
もう少し、三枚目のほうが合ってた気もするのよね。
曇りっぱなしも困るんだけど、主人公に葛藤がないようなテンポだったかなぁ。
意図的だとは思うけど…。

最終回その2


デジタル・タトゥー

話数が少なかったので、「初回」版には書きませんでしたが、実は見てました。
まぁ、ドラマ内のネット配信動画に、まだ弾幕コメントが入ってたり、ツッコミどころはあるとしても良く出来ていた。

というか、この手の NHK のドラマと民放のドラマを一緒にするのはどうかと思う今日この頃。
OPや予告だけを見ても、あまりにも予算と時間の掛け方が違うよなぁ…。
それだけに良い出来のドラマは多いんだけれども。


執事西園寺の名推理2

面白かった。
けど、上のデジタル・タトゥーとは、逆の低予算か時間がないのかな? と思わせる箇所はいくつか。

浅利陽介は途中から、岡本玲は最終回での出演があったのは嬉しい。
八千草薫が健康上の理由でお休みしちゃったので、伊集院家の人々に顔なじみがいなくなっちゃった感あったもの。
以降のシリーズのキャストがどうなるかは分からないけれど、八千草薫のご快復を祈念してやまない。

ネタ的には、いわゆる名作ミステリーのネタをフックにして、という形の物が多かったけど、まぁ、執事物ならそうなるよね。
その辺も、元ネタはあれかこれかと考えるのも楽しかった。

シリーズ毎に西園寺の過去が小出しにされているけど、全シリーズつなぎ合わせると、西園寺の過去の全貌が判明するような仕掛けなのかしらん?


ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~


全話を見通すと面白かったし、よく出来ていると思うんだけど、面白みに気づくまで少し時間が掛かっちゃったなぁ。
今どきのドラマと比べると、少しスローなテンポで、医療物としては緊迫感が薄い題材だったし。

最終回では、主人公が医師免許を持っていることを明かして医療行為を行うが、技師としての立場のままでの医療行為が問題になって、甘春総合病院を去ることになるって、展開だったけど、これもなぁ…。
いや、面白くないわけではなかったんだけど、いや、時間延長しなくても…。

というか、演出が、ことごとく「HERO」の焼き直しみたいに感じられたのが、気になっちゃってなぁ。
でも、「HERO」ほどテンション高くないっていうか…。

いや、ホント面白かったとは思うんだけど…。

最終回その1


スパイラル~町工場の奇跡~

回数が少なかったからしょうがないとは思うけど…。
玉木宏の敏腕企業再生家という役柄がもう一つ活かせてないお話だったかなぁ。
まぁ、世界中から情報収集して対策を立てるというのは、その役柄でないと出来なかったと思うんだけど、結局のところ、マジテックは倒産しちゃったしなぁ。

創業者の博士の意思を継ぐ、という人情話としては良いんだろうけど、ドラマbis の視聴者はそういう話を望んでいるのかどうか。
そういう意味では、特許の公開に踏み切るという最後の切り札も、もう一つ爽快感はなかったし。

ハゲタカ・ファンドも特許が手に入らないからと言って、あっさり買収を止めちゃったのも、うーん…。

あと、マジテックを倒産させたあとに、過去に玉木が再生させた大手企業からの資金援助を受けて、新生マジテックを起業して、めでたく大団円を迎えたわけだけど、企業を倒産させた代表と役員陣で、そんなに早く起業できるものなのだろうか? という疑問が。

まぁ、あまりリアルにこだわってもアレなのは分かるんだけど、主軸が企業買収や特許などのリアルな法律が絡んだ話だったので、その辺はもう少し、ナレベースでいいから説明が欲しかったかな。

別に、発明品とかリアルじゃなくてもいいんだけど…、というか、スゲー夢のような発明でいいんだけどね。


まぁ、むかーし、放送された2時間サスペンス・ドラマの「このゲームが発売されれば、何億も稼げるはずだったのに、その画期的アイデアを盗まれたから殺した」的なのは、さすがに苦笑しちゃったけどね。

続きを読む