忖度


そういえば、宅急便のヤマト運輸がネット通販の急増で悲鳴を上げてるってニュース、ちょっと面白いなと思ったのが、インタビューに答えてる人達の反応。

そんなに大変なら少しくらい待つという意見が多くて、ネットでも概ねそんな感じの反応だったと思う。

別にユーザーが強制してるわけではなく、これまで企業がサービスでやっていることだったのに、サービスが悪くなる事に対して文句を言うどころか、協力しようというのは、ちょっと日本人らしい感じがしてホッとする。

まだ、大手ネット通販会社が出来ていない20年近く前、ポツポツと各企業や商店が自前で通販サイトを構築してたころ、これから配送業が儲かりそうだなと思ったこともあるけど、業界がパンクするほどになるとは思わなかった。

まぁ、その間、システムを効率化していけば対応できたんじゃないかなぁと思いつつ、急激に増えすぎたのかなとも思う。
アメリカでAmazonがドローンで配達するのを本気で考えているのも頷ける。
しかし、Amazonも、基本、送料無料をやめているだけど、金で解決できないこともあるってことですかね。

スポンサーサイト

頭では分からんでもない


石原元都知事の「豊洲が風評に負けて放置されるのは、科学が風評に負けたことになる。」発言。
言いたいことは分かるんだけど、「絶対安全安心」と科学が言ってた原発があんなことになってしまったわけだし。
あげく誰も責任とってくれなくて国民の税金で尻拭いしてるわけだし。
震災を天罰とか言っちゃった人が思う科学とは何を指しているのか良く分からない。
いや、確かに豊洲が危険と思うかと訊ねられれば、ちゃんと管理されるならそう危険でもあるまいと答えるだろうけど。


NHKに限ったわけではないけれど、ニュースで事故で犠牲になった方々の人となりを詳細にお知らせしてくるのはやめてもらえないだろうか。
痛ましい事故のニュースだけでも気分が落ち込むのに、さらに追い討ちをかけなくてもいいんじゃないかと思ったり。
まぁ、チャンネルを変えればいいだけなんだけど。


今村復興大臣の記者に対する発言について書こうと思って、「復興大臣 暴言」で検索したら、松本元復興大臣とか務台政務官とかのやらかしが列挙されるんだけど、復興関係には人材はいないんじゃろか。

今回の今村大臣の発言は、記者に痛いところをつかれたというか、ご自身でも何とかしたいけど、何ともならないという思いがあってイラついたんじゃないだろうかね。単なる推測だけど。
でも、ま、例えそうだとしても、言葉は選ばないとなぁ。
援助を打ち切られる自主避難者には頭を下げてでも理解を求めなくてはいけない内容だったし。
そういや、シチュエーションは違うけど、石原伸晃氏の「金目でしょ」発言とかもあったしなぁ。
与党に戻ったときには謙虚なことを言ってたような気もするんだけどなぁ。
いつの間にか、愚民は俺たちの言うこと聞いてりゃいいんよ的になってきてるんだよなぁ。

最近、いつまでも明治維新、薩長同盟でもあるまいにと思うことが多い。
もう日本を東西で分けてみてはどうかと思わなくもない。
行幸中の天皇には京都の御所にお帰りいただいて、西で明治の文化を大切していただければいいのではないかと。

長期政権


森友学園の忖度問題もそうなんだけど、天下りあっせん問題とか、自衛隊の日報隠しとか、官僚、事務方のやらかしは、長期安定政権の悪い面のような気がする。

コロコロ与党が変われば良いってもんじゃないけど、政権交代がないとなると、その政権で問題になることだけを避ければ良いと考えるんじゃないかと。
もちろん、気の緩みもあるだろうし。

いつ政権交代が起きてもおかしくない状況なら、さすがにそうそう一方向だけに良い顔できないだろうし。

もちろん、経済問題や、憲法改正問題など、じっくり時間を掛けて議論しなくてはいけない問題のためにも、長期政権は有用だとは思うけど、ここまで問題噴出するとね。

というか、時間をかけて議論するために参議院があるわけで、そういう意味では参議院に頑張ってもらわなきゃいけないし、せめて、官僚や事務方に長期安定政権だと思わせないために野党にも頑張ってもらわにゃあかんのですよ。
そして、マスコミにもちゃんと目を光らせ貰わないとね。

さらに言うなら、長期政権になると途端に腐る官僚とか、どうにかならんのか。
世界に誇る優秀な官僚が聞いてあきれる。

証人喚問


リアル・タイムで見る気はさらさらないのだけれど、始まったようですね。

ガチガチの保守、籠池理事長を自民党が問い詰め、野党が証言を引き出すっていう、考えたら、変な構造で。

まぁ、野党が考えているような政局までは発展しそうにないけどね。
よっぽど、野党が爆弾を引っ張しさえしなければ。
そこまで、有能ではあるまい。

っていうかさぁ、この問題、忖度うんぬん言われているけど、もし、そうであれば、別に政治家が関与しているから忖度したってわけではなく、日本会議の関係者だから忖度したんじゃないのかねぇ。

ところで、日本会議には公安は張り付いていないのかね?
憲法改正を目論む集団なんですけど。
忖度してない? あ、そう。

粛々と


なんだかんだで、うやむやになるだろうと思っていた森友学園問題、後から怪しげな資料が出るわ、理事長が余計なこと言い出すわで、あっという間に、大問題に。

連日、豊洲市場の問題と森友学園の問題で賑わってますが、粛々と共謀罪は法案化に向けて進行中。
そして、その前に話題だった、天下りあっせん問題も、目も当てられない調査結果が発表されていたり。
たまには、こっちも報道してと思わなくもないけどなぁ。

稲田防衛相と防衛省については一言言いたいのだが、戦争法案と言われた新安保法、戦争になることなんてないのだという答弁もあったと思うけど、法案が成立する前に散々議論されていた通り、戦争ができるかどうかは法律を運用する側の考え一つなのに、日報が表に出ると駆けつけ警護の任務付与が危うくなるから隠蔽しちゃったってことは、戦争やりたいと思ったら、「戦争と思わせる関係資料を隠蔽して戦争状態に突入しちゃえばいい」ってことじゃないんですかね?
で、国会答弁で、「いわゆる戦争ではない」って言えばいいってこと?
という疑問を持たれる時点でアウトなんで。

マスコミも国会も、稲田降ろしに懸命で、その辺のこと誰も突っ込んでくれないのは残念。
法解釈以前の問題で、都合の悪いことを隠してやりたい放題ってことでしょ、これ。


豊洲問題では、浜渦元副都知事の百条委員会での発言を聞いて、この人の部下にはなりたくないなぁと思ったり。
まぁ、「水面下」は別に悪いこっちゃないと思う、というか、話がある程度固まるまでは水面下であることが普通だろうとは思うけど、税金使うわけだし、話が決まったら、経緯はちゃんと資料に残しておかなくちゃいかんよ。
政治家はいつまで「記憶にございません」が通用すると思っているのか。