ブシロード


ちょっと前に、SNSで新しいゲームの声優のキャスティングについての投稿が流れてきた。

いわく、声優さんをキャスティングしたいんだけど、以下の条件に合う声優さんってどなたでしょうか。

・ツイッターのフォロワー数が○○万人以上
・ゲーム公開前○ヶ月以上前からSNSでの広報に協力してくれる方
・イベントに参加してくれる方

最近、人気声優さんに仕事が偏りすぎているような気がしてたんだけど、企画の段階で声優さんの人気を織り込んでるのね。

まぁ、もちろん、キャストのイメージなんかは別にあって、今の段階では公表できないということだとは思うんだけど。
あと、企画をこれからメーカーさんに持ち込むなら、これこれの人気声優さんが参加して、とプレゼンを有利にする材料にもなるだろうし。

理解はできるんだけど、じゃあ人気声優さんってどうやって生まれてくるのかという疑問がですね・・・。
いわゆる育成ね。
そっちは、プロダクションとアニメ業界にお任せで、ゲーム業界はその上前をはねてる感がどうも・・・。

なんか、色々と考えいたら、壮大な同人に思えたブシロードの業態が真っ当なのでは? と思えてきた。
自前でアニメもゲームも作って、声優も育てて、企業も成長していく、というのは理想的なんじゃないかと。
まぁ、それを全て成功させるというのは奇跡的ではあるけれど。

というか、人気声優さんに仕事が集まりすぎてて、色々弊害が出てきてるような気がする今日この頃。
まぁ、ゲームだと、1回はずすと次がないという場合もないわけじゃないので、安全策を取るのはイタイほど分かるんだけどねぇ。

昔みたいに、人気声優さんじゃないけど、プランナーが「オレが好きだから」という理由で、無理やりその声優さんに合ったキャラを作って、出演してもらうようなことがあってもいいとは思うのね。


スポンサーサイト

おひさ


というわけで、固定の読者もいそうにない駄ブログですが、全然更新できずに申し訳ない。

SNSにはちょこまか書き込むくらいの時間があったのですが、いや、どうも、まとまった文章を書く時間が取れず・・・。
いや、無理すれば取れたんだけど、そこまでの気力がなかった申し訳ない。

というわけで、その間何をしていたかというと、内職に勤しんでいたわけです。

うーん、内職があるのは嬉しいんだけど、納期がハッキリしていなくてですね。
それほど急いでないので、こちらの都合でいいですよとは言われて、若干、余裕のあるスケジュールを提示したんだけど、諸々、状況を考えると、そんなにゆっくりやってイイんですかね? という忖度(´▽`) が働いてですね・・・。
一応、そのスケジュールでOKですというお返事は頂いたんだけど・・・。
まぁ、頑張れば残業しないで週に一日くらい休めるくらいのスケジュールでね。

で、スタートしたら、事前にお聞きしてない作業内容が出てきて。
まぁ、どう考えても、こちら対応せざるを得ない内容だったし、そんな手間でもなかったので、いいよんと引き受けたわけです。
実際、大して時間の掛かる作業ではなかったし。

で、まぁ、1~2週間したら、やっぱり納期を早めてくれと。
うーん、出来ないわけではないけどさぁ。休まなきゃいいわけだし。
まぁ、じゃあ、「なるはや」で良いならとお受けしたわけです。
いや、もちろん早くなった納期には間に合う目算はあったんだけど、今後工数が増えない保証がないし。
万一、機材トラブルなんかがあるとね・・・。

まぁ、この辺がクライアントさんが少ない要因かも知れない。
ご同業の方々を見てると、気軽に「大丈夫です。任せてください!」とか言っちゃうもんねぇ。
あれ、ホントにやめてくんねぇかな・・・。

で、やっと本日、一次納品が終ったわけです。
早まった納期の10日以上前に終らせてやったわ。
まぁ、これから山のように修正や要望が返ってくるのは、火を見るよりも明らかなんですが。
だって、大急ぎだったんだもーん。

というわけで、何が言いたいかというと、工数増えたり、納期短縮する場合は、料金上乗せをクライアントさんから言ってくれないかなぁということだったり。
少なくとも、いくら上乗せしたら対応できる? くらいのことは聞いて欲しいナリ。



あぁ、優しい嘘をついてくれ


珍しく今年は「●月くらいに皆で飲みに行くことになったので一緒にどう?」と、数度誘われたのだけど、一度も実現してない。

まぁ、人望が壊滅的にないワタクシ、きっと「皆」の中に「アイツが来るなら行かない」と仰る方がいて、ワタシを除いたメンバーで開催されたに違いないことは容易に察しがつくのだが、それならそれで、「いや、忙しくなった人がいて、スケジュール調整が難しくなった」とか、「行きたかった店の予約が取れなくて」とか「親戚に不幸があって」とか「実家が地震で」とかなんでもいいから連絡くれよ。

それ以降、まったく連絡なくなっちゃうと、つい「どうなった?」と聞きたくなるじゃないか。
「いや、実はお前抜きで・・・」と正直に言われるのがイヤでガマンしているのだが・・・。

アイディアの提案


何かアイディアを思いついて、提案とまでは言わなくても、人に意見を求めたときに困ってしまう反応。

そんなの上手くいくわけない
 いや、それなら、「くだらねー」とか笑ってもらったほうが嬉しい。ブレストにもなりゃしない。

それならこっちのほうが
 中には参考になる意見もあるんだけど、大抵の場合、対立軸での意見だったり、俺のアイディアのほうが凄いだろとマウントを取りにくる意見だったりする。

もっとこうしたほうが
 これが参考になることが多いんだけど、スケール感が違ったりすると、もう・・・。
 同人即売会で同人誌を売ろうと考えてたら、ジャンプで連載すればいいじゃんみたいな話をされても困る。
 そして、大抵の場合、「そうするにはどうしたら?」と訊ねると、「持込か投稿かな?」と、それで連載取れれば出来れば苦労しねえよ! というような返事だったりする。


まぁ、面白がってもらって、テキトーに意見を出して貰うのが一番ですかねぇ。
自分が意見を求められた際の、自戒も込めて。

バカにされる


ボランティアっぽい関わり方をしていた案件、結局のところ、フン詰まりを起こして、一旦ペンディングに。

原因を簡単に分析すれば、運営側にはある程度損益分岐(お金の儲けだけではなく)が設定されていたんだけど、実際に手を動かすワタシのようなボランティア的なスタッフにはそれが伝えられておらず、ブレブレな方針のもと、運用されていたから。
まぁ、目標設定のないまま、適当に進めていけばそうなるのも当然。
しかも、スタッフにそれを伝えなかったのは、どうも、「損益分岐設定なんか無償で動いている人間に伝えられるわけないじゃない」という理由らしい。

まぁ、そんな事情で上手く行かない案件なんて良くあることなんだけど、そのペンディングにした後処理がもう・・・。
通常、関係者に事情を説明して今後どうするかを話し合うものだと思うんだけど、「いや、とりあえずそのまま放置して~」、「なにかの時の為に無償スタッフはいつでも動かせる状態保持で~」と、もう、自分たちの都合しか考えてない。

ペンディングするならするで、その時点で動いている個別プロジェクトをどうするかも決めなくちゃいけないのに、それも放置。

案の定、ワタシの関わっているプロジェクトで、事情を知らない方が新規資料をアップしてきてちゃった。
しょうがないので、その新規資料を組み込んで、提出したものの・・・。
まぁ、誰もが予測できる、なんのリアクションもないという、お前らなめてんのか? 状態。

なんで、こんな人達が無償で人を使う案件の管理をやっているんでしょう。

こういうことがあると、ホント、人扱いされてないなと思う。
ブラックなんて、企業だけの話じゃないんですよ。