価値が下がると困る


昔、一緒に物作りをしてた方から連絡があった。
なにやら、その頃作っていた物が、発売から何十周年とかのアニバーサリーが近いので、記念で何かを作るらしい。

「一緒に物作り」と言っても、集団の中の末席でちょろちょろしていただけなので、お声を掛けていただくのはありがたいのだが、その連絡というのが、その記念品(?)の一部に特典で、物作りに参加していた人間のサインを入れたいの協力して欲しいというものだった。

確かに、皆さん業界でも有名になられている方々ばかりなので、その方々のサイン入りの記念品を手にする人は嬉しいだろうけど、無名にもほどがあるワタクシのサインなど誰が喜ぶであろうか。
有名な方々のサインだけのほうが良いよねぇ・・・。

というか、皆、普通にサインとかあるのね。
こちとら、生まれてこの方、借用書くらいしかサインしたことないんすけど。
書くなら書くで、サイン考えなきゃならないし、変なものを書くと、記念品の価値が下がりそうだし。

お宝鑑定団で、「そうそうたる方々のサインがありますね~。ただ、ここに落書きがあるので・・・」と鑑定額が下がるのが目に見えすぎている・・・。

連絡を受けたときには、まぁ、ワタクシなんぞのサインで良ければと、暢気に引き受けちゃったんだけど、考えたら大それたこと過ぎてユウウツ。

スポンサーサイト

ちらうら


昨年来、お知り合いの、活発に活動されているクリエーターさんたちに触発されて、見よう見真似でモノを作ってネットで公開してみたんだけど、さすがに、ここまで黙殺されると中々堪える。
と、書けるくらいには復活してきた、今日この頃。

リアクションが、英語で一件「おっさん、がんばれや」、ポルトガル語で一件「生きとったんか、ワレェ」、以上。
日本語0て・・・。
お友達がいないワタクシらしい逸話。
まぁ、確かに、例えネット上だけの付き合いとは言っても、知り合いとなると、褒めるところがなければ、逆に感想は書きづらいよなぁ・・・。

るーるるー。
酒量が増えるのである。

【声優】 最近気づいたこと 【演技】


内職仕事の関係で、若手声優さんの音声を一度に聞く機会があって、気がついたこと。

まぁ、内職仕事なもんで、詳細は知らないんだけど、ゲームっぽいのかな? 多分、女の子キャラを選択してストーリーが進んでいくタイプのものだと思う。
登場するキャラがそれぞれ、選択肢が出てくる箇所で、同じような意味合いのセリフを言うような。
そのセリフを数キャラ分、一度に聞いたわけです。

登場するキャラはいわゆるテンプレと言われるようなキャラだったんだけど、物凄く気になったのはテンプレ演技と言われるヤツ。

ちなみに、テンプレ演技自体は悪いことじゃないと思ってます。
今、キャラのほうがテンプレになっているので、これが出来ないとお仕事ないだろうし、いわば基本だろうと。

それよりも、同一キャラ内での演じ分けのほうで、気になる点が多かった。

例えば、元気なキャラの場合、通常の喋りがハキハキしてるのは当然として、落ち込んだときのセリフが別のキャラに聞こえちゃうことが多かった。
どうしてかな? と思って、他のキャラのそのシチュエーションのセリフを聞くと、大体、同じニュアンスになっていて、これ、落ち込んだ演技ではなくて、暗くておとなしいキャラを演じるときの演技なんだということに気がつきました。
逆のパターンでも同様で、暗いキャラが嬉しいことがあってテンション上がると、明るいキャラの演技になっちゃう。
テンプレ演技の応用みたいになっちゃってるわけです。

テンプレ演技って養成所とかで教えてるのかなぁ。
テンプレ演技でも良いんだけど、キャラのキープも教えて欲しいなぁ。
セリフによっては、キャラの違いが分からなくなったりする。
まぁ、キャラ選択して進んでいくタイプの内容なら、プレイヤーが間違えることはないので、実用上は問題ないんだろうけど。

あと、囁き、つぶやきの演技で、安易にオン・マイクになる人が増えたような気がする。
この辺は、PAを使わず肉声で演じる小劇場とかの舞台経験者だと、演じ方が全然違うので、参考にして欲しいなぁ。
そういう状況だと、ホントに小声で演じてたら、お客さんに声が届かないものね。
発声はちゃんとしていながら、囁いているように、つぶやいているように演技しているので。

若手にそこまで望むなって? いや、まぁ、そうですね・・・。
歌を歌ったり、ダンスしたり、ネットの生放送やラジオで忙しいしね。

いわゆるアニソン歌手の引退が相次いでいるのは、レコード会社がアニソン歌手以外の所属アーティストの曲を押し込んでくるのと、声優のアイドル化のために、タイアップできるアニメがなくなってきているからではないかと推測しているワタクシ。
ま、これは別のおハナシ。

寄付文化とコントロール好き


どうも、各方面でわらしべ長者的な展開を仕掛けては玉砕している感じのワタクシです。

このブログにもある、カテゴリー「わらしべ長者への道」の投稿数をご覧いただければお分かりの通り、インターネッツに何某かを放流せど、「母さん、僕のあのコンテンツ、どうしたでせうね」とばかり、碓氷の渓谷ならぬ、インターネッツの川を流れっぱなしになっている模様。

さて、話は変わるけど、貧富の差の問題。
大企業中心の法整備がなされていて、これからもなされていくであろう日本では、格差が狭まることはなく、どんどん広がっていくと思うんだけど、欧米型の社会構造を見習うなら、税金を使わないセーフネット、寄付についても欧米型を目指して欲しいもの。

まぁ、寄付をした分のインセンティブで減税なんてことはやりたがらないだろうし、マネーロンダリングや脱税、詐欺の温床になりかねないとう意見も分かるんだけど。

あと、文化的に日本は寄付が馴染まないという意見もある。
この点は、最近、災害が多く、被災地への支援なんかも増えているので、少し変わってきているかも知れない。
エライ人に統計を採ってもらいたい。

結局、なにが言いたいかというと、日本のペイパルでは、税法的な問題があって、「Donate(寄付)」ボタンを使えないってこと。
海外だと、コンテンツやアプリを無料ダウンロードできるサイトに、「気に入ったら寄付してね」と、普通に「Donate」ボタンがついている。そこで集まった資金を、コンテンツ制作費や、アプリの開発費に充てるわけですね。
これ、日本のペイパルだと設置できないんですよ。

まぁ、こういう寄付でアマチュアがおこづかい稼いで、機材を買って、やがてプロになっていくとか、夢のある話だと思うんだけど。
機材を買うだけでも消費行動だし、プロになってお金を稼いでくれれば、税収も潤うってもんで。
もう少し、緩やかにできないもんかねぇ。
まぁ、「こういう細かい税収なんてどうでもいいんだよ」だから、大企業を優遇してるわけで。

こういう規制は絶対緩和しないスタイル、どころか、マイナンバーで、国民の金の流れを一円残らず監視していくスタイルだからなぁ。
この辺緩和されると、たぶん、救われる人は多いと思うんだけどなぁ・・・。
と、月末なので、内職のギャラが2箇所くらいから振り込まれているのではないかと、いそいそとATMで記帳したら、印刷の音が一切せずに通帳が吐き出されてきて、絶望的な気分になっているワタクシなぞは思うわけです。

バズりネタ


「クリエイター志望なのに成果物がない学生はいらない」 匿名ブログの内容に賛否 業界人からは「当然」の声も

うーん、現役クリエイティブ職の方々と学生さん達を標的にした、対立煽り記事のような気がしないでもないけど、まぁ、これを「クリエイティブ職を目指すなら頑張ってモノを作りなさいよ」という励ましに取れないとダメよなぁ。
というか、そう書けばいいのに、こういう内容にしているところが、対立煽り記事っぽいんだけど。

しかし、まぁ、現役クリエイター達がフルボッコにしてるところも笑えないなぁ。
「オレはこんな努力、苦労をして現職に就いた。それに比べて今の若者は~」と、対立煽りにうかうか乗って、苦労話始めるとか、ちょっとセンスを疑う。

まぁ、そんなこんなで、最近、有能と無能について、考えてしまったりすることも多く、ちょっとメモしておく。

■言われなくてもやる人
-やりたいことだけではなく、やりたいことをやるためには必要なことも自分でやる人。
-やりたいことだけをやりたいので、それ以外のことは他人をアサインする人。
-やりたいことだけをやりたいので、それ以外のことは放っておく人。
-やりたいやりたくないは別にして、周囲の状況(締め切りや人員の配置など)を判断して動く人。

■言われたらやる人
-やりたいことが他にあるので、それ以外は言われてからじゃないないと動かない人。
-やりたいことが特にないので、言われたことをやる人。
-できれば何もしたくないので、指示があるまで、できるだけ動かない人。
-やりたいやりたくないは別にして、周囲の状況を判断できないので指示がないと動けない人。
-周囲の状況を判断して動くが、その判断が間違っているので、改めて指示を出されないと動かないと同じになっちゃう人。

■やらない人
-やりたいことをやってみるが、完遂できない人。
-やりたいことをやってみるが、結果が求められた内容ではない人。
-言われたことをやってみるが、完遂できない人。
-言われたことをやってみるが、結果が求められた内容ではない人。
-できれば何もしたくないので、指示があっても動かない人。


まぁ、あとは、仕事を頼みやすい人、頼みにくい人とか

-文句を言わずに引き受けて、依頼内容を上回る成果を出してくれる人。
-文句を言わずに引き受けて、依頼内容通りの成果を出してくれる人。
-文句を言わずに引き受けて、依頼内容を下回る人。
-文句を言いつつも引き受けて、依頼内容を上回る成果を出してくれる人。
-文句を言いつつも引き受けて、依頼内容通りの成果を出してくれる人。
-文句を言いつつも引き受けて、依頼内容を下回る人。
-文句を言わずに引き受けて、結局、能力不足で成果がゼロの人。
-文句を言いつつも引き受けて、結局、能力不足で成果がゼロの人。
-文句を言いつつ引き受けて、その後も始終ご機嫌をとっていないと仕事が進まず(以下略)
-そもそも無理だと思ったら引き受けない人。


まぁ、その他色々あるとは思いますが、思いついたら更新しようか。