ProTools のライセンスを iLok Lisence Manager で iLok Cloud へ移行する


やっとこさ、OSをアップデートしたので、PTも2018版にバージョンアップした。
2018版からライセンス管理がiLok Cloud対応になったとのことで、以前、iLok2が壊れるトラブルがあったワタクシとしては、もう、目的はそれだけと言っても過言ではないくらいのバージョンアップ。

解説を読んでみると、バージョンアップしてProToolsを起動すると自動的にCloudにアクティベーションされるとか。
で、起動してみましたよ。

あれ? なんかiLokキーを挿せとか言ってねぇか? ま、まぁ、iLokキーからライセンスを移動するかも知れないし。
挿してみる。
ん? 普通にiLokキーのライセンスを読んでから起動してないか?

で、このあとiLok License Managerで確認したけど、ライセンスは移行されておらず、Manager上でドラッグ&ドロップも試してみたけど、どうにも上手くいかない。しょうがないので、サポートに連絡して、教えてもらった。以下はその手順。

1.iLokキーを挿して、iLok License Managerを起動。

2.サインイン。

3.移行したいライセンスを右クリックして「Deactive」する。

4.iLok Clood アイコンにライセンスをドラッグ&ドロップ。

と、ここまでは試したんだけど、うんともすんとも言わず、Cloudのアイコンをクリックしても内容が変わってないので、iLokキーにライセンスをドラッグ&ドロップして、「Active」して元に戻してたわけです。

5.「File」メニューから「Close Cloud Session」でセッションを閉じる。

6.「File」メニューから「Open Cloud Session」で再度セッションを開始する。

で、iLok Cloudアイコンをクリックすると、中にProToolsのライセンスが移行していることが確認できます。

うーん、 iLokキー同士のライセンス移行だと、ホントに移行するかどうか確認するダイアログが出るので、Cloudの場合もそうなるものだとばかり思っていた。

ともあれ、無事に移行完了。
iLok2にいくつかプラグインのライセンスが残っているけど、ほぼ使ってないので、これで、さよならiLok2だ。
まぁ、まだ初代iLokは使うことになりそうだけど。

というわけで、ありがとうAVIDのサポートさん。
これまで、AVIDのサポートには色々言いたいこともあったけど、日本語で対応してくれるようになったし、これもサブスクリプション効果かな?



スポンサーサイト

REGZA のHDDを切り替えてみた


1TBでは容量が足りなくて重ね録り設定で録画していたHDD、PCでバックアップに使っていた3TBのHDDを換装したので、流用することに。

普通にHDDのケースの中身を入れ替えて、テレビに接続して、言われるがままに設定すれば完了なんだけど。
言われるがままにすれば、古いHDDを指定していた録画予約もそのまま引き継がれるようだ。
予約は引き継がれない模様。
一応、録画設定は番組表で確認できたんだけど、「接続機器が見当たりませんでした」と言われて、録画失敗しました。
デバイス名が同じになってるんで、てっきり引き継がれたのかと。
なので、一度、予約を取り消して、再度予約し直しました。やっぱり、改編期(すでに大量に予約してない状態)じゃないと、面倒な作業ですな。
「予約確認」で、録画先デバイスを変更できればまだ便利なんだけど。

レグザには録画用HDDをクローンできる Ubuntu のアプリがあるようなので、Parallels desktop で Unbuntu をインストールしてVMを作ったんだけど、肝心のアプリがインストールできずに、Ubuntu ごと削除。
レグザ自体に、USBハブ経由でHDDを2台繋いてコピーできる機能があればいいのに。
著作権的にマズいなら、別に古いほうは削除しちゃってもいいから。
最近のにはあったりするんですかね。

まぁ、3TBのHDDを録画用に換装するまで、容量が少なくなってきた仕事用のHDDと換装したほうがいんじゃないか? とか、あの仕事が決まると新しいHDDが必要だからコイツで済ませられるかも知れないとか、そもそも、あの仕事が決まるとテレビを見てる時間が少なくなるから重ね録りじゃなく録り溜めしておける用にテレビ録画にするべきとか、色々悩む。

結局、改編期に換装しないと、録画設定とか、未見の番組の消化とか、色々面倒そうななので、換装しましたが。

ホントに、テレビにHDDをクローンする機能が付いていると助かるんだけど。

中華ゲームパッドとMacOSとparallels desktop


テレビ朝日の、2夜連続アガサクリスティ祭り、期待はずれだったなぁ。
舞台を日本にするのはしょうがないとしても、時代を現代にしちゃうとなぁ。
謎のノートブックで毒物判定システムとか出てきてしまうとなおさら。
豪華なキャスティングだったのだし、尋問や事情聴取で、探偵役VS容疑者役の演技対決とか見たかった。

と、導入長いですが、先日、ゲームでもやろうと思って、Mac上で parallels desktop を使って動かしている windiws7 に STEAM をインストールしてアクションゲームをDLしたんだけど、これがキーボードだと遊びづらいことこの上ない。

で、アマゾンで格安中華ゲームパッドをポチってみた、んだけど、windows で認識させるまで一苦労あったので、備忘録。

購入したゲームパッドはこちら。



コレに決めたのは、Mac は対応機種として挙げられていなかったんだけど、Android でも動くよってことだったので、Mac で認識しなかったら Android で使えばいいかと思ったから。
Mac対応って書いてあるゲームパッドはほぼなかったし。

ポチった翌日には届いて開封したんだけど、うーん、日本語マニュアルが意味不明・・・。

ホームボタン+Xボタン、ホームボタン+Yボタン、ホームボタン+Bボタンの組み合わせで5秒間長押しすると、違ったモードでPCやスマホとペアリングできるらしいんだけど、違いはさっぱり分からない。

とりあえず、ホーム+Xで試してみるものの、Macが認識しない。
Android端末で試すと、認識はするけどペアリングできない。

上のボタンの組み合わせを色々試してみたけど、全部ダメ。

ちょっと他の用事もあったので、充電状態のまま放置。

用事を済ませて、見てみるとLEDが消えていたので、たぶん充電完了してるっぽい。
再度、ホーム+XでMacに認識させてみる。

あ、Macで Bluetooth デバイスを認識させるには、システム環境設定 > Bluetooth で「デバイス」って書いてある右側でアイコンがグルグル回ってたら、デバイス検出中なので、その最中にデバイスから信号送ってやればOK。

おぉ、認識したよ。良かった。
AndroidでもMacでも認識しなかったら単なる置物になるところ。

で、Parallels desktop の windows7 で使おうとしたところ、うーん、ジョイスティックの動きは追従するんだけど、ボタンや十字キーにはまったく無反応。

Mac のゲームパッド用のキー割り当てアプリも使ってみたのの、反応変わらず。
なんでじゃろ、parallels desktop の「構成」で、「Bluetooth 端末を windows と共有する」にチェック入れてるんだけど。

しょうがないので、Mac の Bluetooth 機能を直接 windows でコントロールすることに。
Mac → parallels desktop 経由で認識させようとしていたゲームパッドを、windows のドライバで動かそうってわけです。

なので、まず、parallels desktop のUSBアイコンをクリックして、「Apple Bluetoorh USB HOST Controller」をクリック。
左側にチェックマークが入っていいれば、windows 側で Bluetooth を直接制御しているハズ。

で、windows のコントロールパネルの「ハードウェアとサウンド」>「Bluetooth デバイスの追加」をクリック。
そうすると、デバイス検出中のウィンドウが開くので、ここでまたホーム+X。
認識しました。

…、しかし、ゲームパッドのキー操作には無反応…。
なにかドライバが必要なのかと、デバイスマネージャーをチェックすると、「Apple Broadcom Built-in Bluetooth」に警告マークが。
プロパティを見てみると「デバイスが開始できない」とか言ってる…。

ネッツ検索してみると、「他の Bluetooth ドライバとかち合ってるんじゃね?」とか書いてあったので、「Microsoft wireless Transceiver for Bluetooth」を無効にして、「Apple Broadcom Built-in Bluetooth」を一度無効にしてから、さらに有効にしてみる、つまりドライバを再起動。

おお、ゲームパッド用のドライバを自動で読み込んでくれたぞよ。

というわけで、windows で使えるようになりましたとさ。

まぁ、この方法だと、windows で Bluetooth デバイスを使う時、Mac で操作できなくなっちゃうんだけどさ。


【Pro Tools】 環境関係 【フォルダ】


久しぶりに Pro Tools を起動したら、プラグインの読み込みでハングするというトラブルに見舞われた。

まぁ、どうやら、サードパーティーのプラグインと、なぜか Sound Flower をオーディオ・インターフェイスとして認識して起動しようとのが原因っぽかったんだけど、プラグインフォルダやら初期設定ファイルの場所が分からなくなってしまって対処に手間取ってしまったので、備忘録。

Preferences の場所
Macintosh HD > ユーザ > > ライブラリ > Preferences > Avid > Pro Tools


AAX プラグインの場所
Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > Avid > Audio > Plug-ins


ついでに、RTAS プラグインの場所
Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > Digidesign > Plug-ins

というか、Avid 製のプラグインって、プラグイン・フォルダから移動しても、再インストール(?)されちゃうのね・・・。

そして、Avid 整のリバーブ・プラグイン space 、いつの間にかインストールされてた上、起動するときに License が Expire してるとか言われたんだけど、これ、アプリ・マネージャーが「新しいプラグインが・・・」って言ってきたのでインストールしたんじゃなかったかなぁ。
お試し版だったのかしら。

【SMF】 ピッチベンドデータについて 【MIDI】


このところ、SMF をごちょごちょ弄ってるんですが、ピッチベンドデータの解説サイトが、思いのほか少なくちょっと苦労したので、備忘録。

よくあるデータ範囲の解説が、「-8192~0~8191」というヤツですが、実際にバイナリー・データを見てみると、「Ex(ピッチベンドイベント), 00, 00 ~ Ex, 00, 40 ~ Ex, 7F, 7F 」となってます。

どうやると、この2つのデータがイコールになるかというと、

例えばピッチベンド=0(センター)の場合、

Ex, 00(こっちが下位バイト), 40(こっちが上位バイト)で、上位をワード(16ビット)にキャストしてから、7回左シフトして、下位と足して、2000Hex 引いてやる

って感じでしょうか。
7回シフトするのは、SMF ではお馴染みの最上位ビットはイベントのパラメータでは使わないの法則に従っていると思われ。

というわけで、データ表現的には 0 ~ 2000Hex ~ 3FFFHex ということになるので、そこから 2000Hex を引いて10進表現すると -8192 ~ 0 ~ 8191 になるってわけ。