ロッテスノー 雪印トルコ風アイス

逆バンジーで近野成美が飛んでゆく。 トルコ風アイスのCM

近野成美だったのか。気がつかなかった。大人になったなあ。
バトンをくるくる回してる記憶しかないわあ。
だって、おはスタでもフルーツポンチそれゆけ!おはマーチ☆★☆でも回してたんだもん。
おはガールフルーツポンチ以降、あまり目にしなかったなあ。
番組セレクトが偏っているので、知らないところで活躍していたのかも知れません。
フルーツポンチも、TVKChannel aで楽しそうだったのでチェックしたんだったっけ。
公式サイトは閉鎖されてないので、解散したわけじゃないのかな。
NHK連続TV小説ファイトにも出てるんですね。今度チェックしてみようっと。

さて、本題のCM。
近野成美から他の二人にパンした後、カメラが戻ってくるとハーネスがついてます。不思議。
モーション・コントロール・カメラを使ってるのかな。
スタッフが取り付けてたりして。もう、大慌てで。

アイスのカップは地上に残して、逆バンジーで飛び上がる近野成美とともに、アイス本体が
びよ~~んって伸びるほうが面白くない? CM上の演出です、とか入れて。
ところで、あれだけ仰角なのにも関わらず、スカートの中が見えないのはCM上の演出なんスか。

スポンサーサイト

NHK外国語会話 中国語会話

NHK教育月曜日23:00~23:25 中国語会話で活躍中の盧思先生。

'02~'03年、NHKの外国語会話がおかしくなっちゃったんです。
'02年、新・スタンダード40シリーズから、生徒役にタレントを起用、'03年のGO! GO! 50では、
番組宣伝で、生徒役のみなさんがオリジナル曲を歌い踊るという悪ノリ。
で、コレハオカシイゾと見始めて、ハマったのが中国語会話なんです。
最初は相原茂先生の、あまりにもNHKらしからぬキャラクターに目がくぎ付けだったわけですが、
そのうちショートコント(?)でパタパタ動く盧思の虜ですわ。
'03年なんて、生徒役の清水ゆみより盧思めあてで見てたモンなあ。
着ぐるみを着たり、色んな衣装を着たりで大変でしたよ、そりゃもう。だ、だまされてるのか。
'04年相原茂先生も番組を卒業されて、ずいぶんおとなしい内容に変更されたのですが、パンダ
のパンパンと会話するコーナーがあったり。うぅ。
そして今年、'05年はマダム役で金子貴俊らと寸劇を演じております。
昨年が固すぎたのか、少しソフト路線で、硬軟ちょうど良いバランスなんじゃないでしょうか。

外国人が日本語を喋るときのイントネーションのちょっとした違いって、結構くるんだよなあ。
思えば、アグネス・チャンも好きだったし。草原の輝きは名曲ですよ?

振り返れば、ずいぶん長く番組を見てるんですね。
でも、そんな見方なので、覚えたのは「打 電話」と「清 休止休止」だけ。
「電話くれ」と「ちょっと休んで下さい」。何か下心を感じますね。
「休止」は普通「休息」と書くんだと言われました。誰に。

ディープインパクト

東京優駿(日本ダービー)東京競馬場で行われ、ディープインパクト圧勝

投票したことはないんですけど、「うまー!」と言いつつ、TV観戦は良くしております。
ディープインパクトは、東京優駿に向けて盛り上がっていたので、気になってました。
最強の種牡馬といわれるサンデーサイレンスウインドハーヘアの間に生まれたボクちゃんです。

人間だったらこれだけ期待されたら、プレッシャーに潰されてしまうと思うんですが、サスガに
そこは馬。悠々と駆けておりました。あれだけ駆けられたら楽しいことでしょう。
このまま負けずに、10/23の菊花賞に勝てば、シンボリルドルフ以来、21年ぶりの無敗3冠馬と
なるそうです。今日のレースを見ていると十分に可能性を感じますね。
がんばれうまうまがんばれ。

それにしても、この払戻金ってなんとかならないんでしょうかね。
単勝110円ってさ。払い戻さないで記念に取っておくとか、そういう馬券だな。
皐月賞、東京優駿、菊花賞の投票券3点セットでヤフオクとかな。
クラシックレースだけでも寺銭を下げられないものかね、JRA。非合法の賭博よりタチが悪いゾ。
たまには還元セールをやるべきだと思うんだけどな。どうかな。

競馬は詳しくないんで内容が薄いな。いや、スゴイと思ったのはホントなの。
草競馬流浪記とか日本競馬論序説とか読んで勉強してるんですけどね。ふるぅ。
というか、内容的にはいつもこんなモンだろう。

本田技研工業 エアウェイブ

ホンダ エアウェイブのCMに出演中の坂口憲二

父親の坂口征二の試合ではセコンドについたりしてましたが、今回はCMで共演です。
坂口憲二は、今作のような、暢気で朗らかで、少し間の悪い役柄が似合ってます。
TBS池袋ウエストゲートパークのドーベルマン山井は印象深いですが、このときは悪役でセリフ
も少なく、役柄ほど俳優・坂口憲二は印象に残らなかった。メイクも凄かったよ、鼻チェーン。
その後も多数の出演歴があるようですが、あまり気に留めなかった。天体観測くらいか。
その間、地力をつけていたのか、フジTV恋ノチカラの壮吾役が良かったんです。
前向きなんだけど、子分肌で、たまにイジケたりする、犬っぽい役なんですけど。
コレで、坂口憲二の方向性が固まったなと思っていたんですが。

松たか子との主演のフジTVのいわゆる月9、いつもふたりでが、ちょっと。
長谷川京子松たか子の間を、結果的に、フラフラする役だったんですが、持ち味の大らかさが
全然なかった。長谷川京子の役が暗い性格だったのもあると思うけど。
月9って、あまり役者の適性って考えないよね。新境地の開拓ってことなのかな。

その後は持ち味を活かしつつ、幅が広がるような仕事をしてます。
本人もお芝居してて楽しいんじゃないでしょうかね。役者という自覚はないのかも知れないケド。

さて、話を戻して、エアウェイブのCM。
「上空サプライズ 空を走るワゴン HONDA・エアウェイブ、デビュー!」
と、坂口憲二がナレーションを入れておりますが、この声が気になって。
微妙にひっくりがえり気味なのが、味になってて良いんですね。
声の仕事もいけるんじゃないですか。どうですかね。

ところで、恋ノチカラで一番おいしかったのは文具メーカーの社長役だったよね。

御宿かわせみ・第三章

NHK金曜時代劇御宿かわせみ高島礼子中村橋之助のシリーズです。

平岩弓枝の人気小説が原作です。あらすじなどはコチラに譲るとして、原作では「るい」は
「神林東吾」の2~3歳だったか年上(東吾が「姉さん女房」とノロケたりしてような)で、
東吾もまだまだ青年時代の話だったと思います。
もちろん、話の進行とともに登場人物も歳を重ねていくのですが。

さて、今回のシリーズですが、中村橋之助は「青年」を痛々しくない程度に演じております。
さすが、三田『駆けてきた【お菓子大好き】処女』寛子の旦那。
沢村一樹演じる畝源三郎と同年代というは、多少、無理を感じますけどね。
でも、高島礼子の「るい」はなあ。
メイクや衣装、表情などに工夫は見えるのですが。艶やかさが勝っちゃいますね。
演出の問題かな。もう少し「るい」のかわいさを描くのに時間を使って欲しい。

高島礼子があまり好きじゃないのが問題か。それを言っちゃあ、お終ぇよ。

'97年には、テレ朝で「新・御宿かわせみ」がありました。
タイトルバックが、四季の風景をCG処理したもので、非常に美しく印象的でした。
こちらのシリーズの「るい」は、とてもいじらしく沢口靖子が演じていたのですが、村上弘明
の東吾が年上に見えすぎました。
夫婦気取りの二人なだけに、それなりの行為を連想させるシーンもありましたが、東吾が年上
すぎて、予想外にエロい妄想をかき立てる結果に。
村上・東吾と、平田満の源三郎のバランスは絶妙でしたが。
キャスティングって難しいですね。

ところで、何回もドラマ化されてるんですね。知らなかった。
この中では、真野響子&小野寺昭のシリーズが見てみたかったな。
一番、原作の設定に近そうだし。山口崇の源さんも面白そう。

山口崇と言えば天下御免、もう一回見たいなあ。映像、残ってないのか、ちぇ。
色々あるぞ、NHK。言いたいことは。

また、黒川智花「雨と夢のあとに」について書きそびれた。
佳境に入ってます。来週こそは。おお、予告かよ。

あろえろあろあろあろえろあ

エロいぞ、栗山千明

KILL BILL.vol.1でハリウッド進出を果たした栗山千明ですが、森永乳業のアロエヨーグルトの
CM
がエロいっす。
「早口言葉・公園」篇のOA開始のときもエロいなぁと思ったのですが、「早口言葉・パウダー
ルーム」篇は輪をかけてエロくなってます。
アロエヨーグルトのヘルシーなイメージから、スレンダーな身体をクローズアップにしてますが、
冷蔵庫をのぞき込むカットがなかなか。

Jホラー死国も見ていたはずなのだが、六番目の小夜子の津村沙世子役が印象深い。
美人とか可愛いというのとは違った、妙に後を引く、もう一度見たいと思わせる顔立ちでした。
今は、大人になって、アジア美人といった佇まいですね。

プロフィールを見ると、篠山紀信による写真集を出しているんですね。しかも、少女シリーズの。
どうりで脱ぎっぷりが良いと思ったよ。ヌードなんて自己表現のホンの一部ですからー。

今年21歳ですか。大人のドラマに出演する彼女も見てみたいものです。
「あろえろあろあろあろえろあ」と歌っている口元のアップも見てみたいんですけどね。

オッサン全開だな。

エンパラナイト

日テレ平日深夜の帯番組エンパラナイト

森麻季、鈴江奈々、脊山麻理子の3人の女子アナが、60年代風ファッションに身を包み、
エンパラガールズと称し、イベントや映画などを紹介するマッタリした空気の番組です。

日テレって女子アナ3人娘好きだよなあ。DORAやらBORAやらサンデー娘、G+娘などなど。
何と言いますか、実力主義なんですか、どの3人娘もルックスだけで選ばれているわけでは
なさそうですねぇ。まあ、その方が好感は持てますけどね。

それはさておき、そのエンパラナイトですけど、オープニングでこの3人娘がオールディ-ズ・
ナンバーに乗って踊るんです。
さあ、そのダンスが、何というか、創作ダンス部風とでも言えば良いんでしょうか。
ニコニコと笑顔で楽しそうに踊っているんですけど、素人丸だしなんです。
ところが、慣れてくると、この素人芸にハマってしまうんですよ。
放送開始直後は、この後の番組の放送時間がずれ込んでしまって、邪魔な番組編成だなあと
思っていたのですが、最近はダンスを見逃すとガッカリしたり。
まあ、情報番組としての内容はひじょ~にウスイんですけどね。
彼女たちは仕事でやっているのかも知れませんが、楽しげな女子を見るのは和むものです。

それではご一緒に レッツ・エンパラナーイ!

男顔

久しぶりに電車に乗ったらニベアの広告を見かけました。

私見ですが、男顔(長髪)の女、女顔(短髪)の男は、業界で長生きするという新説発案者。
まあ、なかなか、男顔、女顔の判断も難しいのですが。
ニベアのモデルは男なのやら女なのやら。まんまと見入ってしまいました。
どうせBerryz工房を見分けられないしな。トシなのか。
ちょーなのか! トシちゃんカンゲキー!!なのか。
Berryz工房は、中澤裕子をして、「子供にこんな曲歌わせるなよ」と言わしめたデビュー曲
超える曲は未だない。頑張れ、♂。

おお、挑発的。

六本木ヒルズに行ってきたので吹石一恵

週末、六本木ヒルズに行ってきました。仕事ですけど。

関連性は後回しにするとして、吹石一恵について思うこと。

キリンビバレッジ FIRE「サイフォン式すごくいい」篇
シャツの胸元を開けて、ペンダントヘッドが輝いてますが、それよりも、ベストのウエストを
絞ったほうがスタイルの良さが出ると思うんですけどね。

トヨタ自動車 パッソ 指差し点検篇
このシリーズも長いですね。トヨタのサイトには最新作しかありませんが、シリーズを通じて
女優としての吹石一恵が出てると思います。マンガっぽい演技、好きです。

NTTコミュニケーション プラチナライン
まあ、吹石一恵じゃなくても良かったんじゃないかと思ったり。
BGMも替え歌だしさ。衣装はカワイイですけどね。

エフティ資生堂 パーフェクトホイップ
JAVAとかFLASHで作るのはいいんですけど、ウチの環境ではハングしてしまうんです。
OAも見たことないし、シクシク。

昨年の、丸井「水着&浴衣キャンペーン」の印象は強烈でした。
大人になっちゃったなあ、と。
'97年、映画ときめきメモリアルの藤崎詩織役でデビューだったんですよね。
5年後、小嶺瑠布子役を演じた、ロッカーのハナコさんのロケ先が、晴海トリトンスクエア
だったのですが、デビュー作の原作ゲームときめきメモリアルの制作会社が、当時、そこに
あったのです。
ロケの待ち時間とか、挨拶に行ったりしたのかな。いや、それはないって言ってた。誰が。

その会社が六本木に引っ越したと聞いたので、ちょっと思い出したのでした。
関連性って、それだけかよ。

東日本旅客鉄道(株) Suica

JR東日本 SuicaのCMです。

Suicaのマスコットスイカペンギンと暮らす少女の日常を描いたCM。
「私はSuicaと暮らしています」

ペンギン、イイ!
ペチペチ起こされてみたい。いや、実際にペンギンと暮らすとなると臭いとか大変そうだけど。
スイカペンギンのアニメシリーズもありましたが、今回の実写シリーズのほうが好きだなあ。

上戸彩のときにも書いたけど、着ぐるみとかぬいぐるみで良い雰囲気に作られてると、出演者が
カワイク見えるんだよな。ちょっと見、若い頃の石田ゆり子に似てるしさ。

というわけで、西原亜希のオフィシャルサイトを覗いてみました。

Suicaのイメージキャラクターは2004年3月から務めているんですね。
全然、憶えてませんわ。今シリーズの好印象は、やはり、ペンギン効果なんでしょうか。

所属事務所ウイングスジャパンのトップページの写真は、印象が全然違いますね。
こちらはキレイなお姉さん系で。笑うと愛嬌のある人ですね。

三ツ矢サイダーのCMは、みんなで一列に並んで、踊りながら出てくる楽しいモノだったと記憶
してるけど、ロングの映像だったし、個人の識別まではできなかったなあ。

写真家・野村誠一のサイトN/S EYESでN/S GIRLとしても活動しているようで、写真集「亜希」
も出ております。
野村誠一と言えば、少年マガジンでグラビアを撮っていた頃は「恋写ボーイ」と呼ばれてたけど、
今、そんなこと言ったら怒られるんだろうなあ。

ところで、CM出演歴をみると、味の素、マクドナルド、JR東日本、アサヒ飲料、P&Gって大手
ばかりだなあ。もしかして、大物なの?

さて、このCMのBGMは、荒井(松任谷)由実MISSLIM収録の「やさしさに包まれたなら」。
この曲、何回イメージソングになってるんでしょう。うらやましい。
でも、オレん中じゃ「アナタニモ、チェルシーアゲタイ」なんだよォ。
魔女の宅急便ですら、ありゃしねー!!