スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調悪くて毒づく2

日産 OTTI のCMですけど。

女性がガレージのクルマの中で工具を使って、収納を増やしたり、色々と改造を施しているCMです。女性がマッチョな感じで魅力的ですね。音楽もかっこいいし、色目も結構スキ。
内容としては、そんな事をしなくてもコレ一台で、といったトコロなんでしょうかね。
でも、コレ、スズキ アルト のOEMだったよね、確か。アルトを買ってきて日産のバッヂに付け替えてるところを連想したりして。

バッヂの付け替えと言えば、イルモアにメルセデスのバッヂを付けてるマクラーレンは気にならないのに、色んなチームから有名エンジニアをリクルートしてきて「自社」製マシンを作っているトヨタを本気で応援する気になれないのはなぜだろう。アンチ巨人気質だからかな。トゥルーリも、日本で走っていたラルフも嫌いじゃないんだけど。

話は変わりますが、TBSの「ハプニング大賞2005秋」で「今夜ひとりのベッドで」の新着NGを放送しておりましたが、佐々木蔵之介のセリフにあった「装丁」を「想定」とスーパーで誤字。誰もつっこまないのか。ドラマの内容には関係ないけど見る気が失せる。局が大切にしてないような気がして。エンディングのボケはもういいからさー。

NHK教育の「100語でスタート!英会話」の 山崎真美 の衣装がカワイイな。セイフクスキー。
あ、最終回か。この番組で何回スタート切ったかわからない。スタートは切れるんだ、スタートは。

テレビ朝日「天才アスリートの作り方」。ボクシングの亀田興毅が出てる。話すと気のいいあんちゃん風なので割と好きなのよ。試合ではあまり打たれた印象がないのですが、打たれてないのにあのご面相のところも良いね。あんな小さい頃からあの髪形させられていたらボクシングに賭けちゃうなあ。空手バカ一代の眉毛剃りに通ずる物があります。
浅田真央に感じる違和感は、いつも口が半開きだからなんだなあ。

と、体調の悪さにかこつけて毒づいてみましたよ。あんまり毒づいて見えないのは人間性です。
スポンサーサイト

体調がなあ

季節の変わり目で体調を崩し、しばらくお休みしてました。まだ完調とはいかないのですが、リハビリっぽく再開。どうせ誰も心配してないみたいだし。ひねくれるのも弱ってる証拠。
歳のせいか治りが遅いです。ここまで治りが悪いと、元に戻るというよりは体調の悪さに身体が慣れていく感じですね。ゆっくり死に向かっているのを実感します。白髪ぬく 枕の下や きりぎりす
どうやらこのまま22世紀を迎えることなく死んでしまうようです。

健康について考えたわけではないんですけど、やずや雪待にんにく卵黄のCM
知らないうちに9話までお話が進んでいたんですね。やずやのサイトで内容をチェックするまで、可哀相なお話なのかと思ってました。少し可哀相なんですけどね。
おじいさんが厳しい自然の中、丹精込めてにんにくを育てるお話しなんです。途中、孫娘が進学とともに遠い親戚の家に寄宿することになったりします。おじいさんがにんにくを送ってくれて、それを料理しても親戚の人々はみんな食べてくれなかったり。孫娘は収穫を手伝うためにおじいさんのもとに戻ったりもします。農業の大変さが伝わってくる連作CMです。
やずやの雪待にんにく卵黄ってこのおじいさんの育てたにんにくを使っているのかな。やずやさんお願いです。孫娘が一人暮らしできたり、農業を手伝ってくれる人を雇えるくらい高値でにんにく買って上げて下さい。搾取の物語に見えてしょうがないの。

と、体調の悪さにかこつけて毒づいてみました。げほげほ。

ブルファイターは

WBC世界バンタム級タイトルマッチ 12回戦 長谷川 穂積 vs ヘラルド・マルティネス、WBA世界ミニマム級タイトルマッチ 12回戦 新井田 豊 vs エリベルト・ゲホン

人気俳優速水もこみちがサポーターとして参加。チャンピオン長谷川穂積と練習も重ねたということです。ボクシングファン以外の人たちには分かりやすい演出だったんじゃないでしょうか。ダイエット目的でするシャドーでさえ、やってみるとキツさが分かりますよね。すぐにアゴがあがる。で、アッパー食らう。いや、シャドーなのでそんなことはないけど。
新井田豊は、偶然のバッティングによるゲホンの出血で試合中止(停止?)で途中判定で辛くも勝利。完全に新井田が試合のペースを握っているようにも見えましたが、ボクシングの判定は難しいですね。殴り合いとか格闘技という観点では、相手によりダメージを与えたほうがポイントが高そうに思えますが、ボクシングではそうではないんですね。そうじゃないとアウトボクシングが成り立たなくなりますしね。
長谷川穂積は見事にKO勝利。直前に対戦相手が変更になるというアクシデントはあったものの、楽勝ペースでした。長谷川は上手かったし、余裕もありました。マルティネスは調整できていたんでしょうか。パンチの音がゴツゴツと聞こえてきそうでしたね。
さて、ルールの問題ですが、フリーノックダウン制や新井田の試合のように途中判定というのは、選手の生命を守るためなんですね。選手生命ではなく選手の生命。余裕のあるうちに止めさせるというのが、今の流れらしいです。レフェリーの責任は重大ですね。ただ、今日の新井田の試合のような流れだと、ブルファイターは生まれにくくなるんじゃないですかね。倒すつもりで試合ができない。バッティングはいつ起きるか分からないので、その前にポイントを稼がなくてはならないですから。バッティングが起きないのが、一番なんですけど。バッティングでの流血で目が見えない不利な状態で戦っている試合は確かにフェアに見えない。あまり詳しくないので深く語れないんですけど。
その他にも、目新しい趣向で試合がありましたが、それなりに面白かったです。KOショーの演出ということなんでしょうか。演出という意味では、選手の家庭事情を放送するより、これまでの試合のダイジェストなどが見たかったなあ。それと、日本人選手の凄さだけを伝えるのではなく相手選手の強さを伝えることも必要だと思うんですね。

実況、解説ともに日本人選手の優勢しか語ってないと、判定になったときになんでこんなポイントになったかが分からないときがあるんだ。昔のボクシング中継って毎ラウンド、解説の人がポイントつけてたと思うんだけどなあ。

じっちゃんの名にかけて

日本テレビ、金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件

三代目金田一少年に、ごくせん で人気急上昇の亀梨和也、同じく美雪に、てるてる家族SWING GIRLS の上野樹里を迎えた人気シリーズのスペシャル。キャスティングを聞いたときは、実際のところ、どうなのかと不安でしたが、思ったよりもまとまっておりました。初代・堂本剛、二代目・松本潤と金田一少年のイメージも少しづつ変わってきていますが、今回もまた違った金田一少年像が描かれておりました。特に今回は、時間軸として初代の前に当たるエピソードを描いており、事件解決に一直線ではなく、どう事件に関わっていくか思い悩む金田一少年でした。前半の自分では気がついていない才能が発露するエピソードの部分は半笑いになっちゃいましたが、その他はこれまでのシリーズを踏襲していて安心でした。演出的にはもう少しおどろおどろしい感じも欲しかったのですが、そこよりも金田一の揺れ動く心に重心を置いていたようです。
納得できない部分としては、犯人が第二の被害者二神の死体を引きずって、美雪の部屋に運び込むのですが、部屋の中の血溜まりにその跡がないのはどういうわけなんでしょうか。部屋に入ってから担ぎ上げたのかなあ。また、腹部にナイフが刺さった緋色が輸血すれば助かるというのは簡単過ぎないかなあ。その後、救急車が来てましたが。
さて、一番引っ掛かったのは「ボンベイタイプ」。同世代またはそれ以上の方はみんな引っ掛かると思うんですけど、「医療関係者しか知らない」ってところはちょっと。亀梨世代は知らないと思うんですけどね。むかし 赤いペガサス ってマンガがありましてねぇ。日本に数十人しかいないらしいですよ。2人は血縁者としても、あの村に4人もいたというのは凄い確率ですね。呪われているいうよりも奇跡の村ですよね。
剣持警部も三代目になりましたが、初代の古尾谷雅人はもう故人なんですね。二代目・内藤剛志を経て、三代目・加藤雅也。イメージ的には初代に近いですが、かっこ良すぎな気もしました。物語としては、これから凸凹コンビになっていくんでしょうね。連続ドラマ化してその辺も描いて欲しいところです。

じっちゃんのナニかけて。って下ネタ風のオチで。

太平洋、でっかいよぉ

気がつけば、あなた も好評な 松浦亜弥 を起用した、キリンビバレッジ、午後の紅茶の新CM 秋篇 です。

海岸線を疾走する松浦亜弥が印象的なCMですが、夕暮れの海を背景にしているためか逆光が多いですね。春篇、夏篇と抱えていた悩みが吹っ切れたのか、全編満面の笑顔の演技なのですが、逆光のおかげで良く見えません。最後の「大好き!」で順光になるので、そこを印象的に見せる演出なのかな。ただ、光線の方向というか、影の落ちかたがカットごとに変わって見えるので、アタシの頭では時間経過とか位置関係についていけない。HPの画像で説明しますとね。
最初の疾走シーンは海側から光線が来てる。講義を受けてから、再び海沿いを走るときも海側から光線が来てます。ということは講義を受ける前とあまり時間が経っていないわけです。もしかしたら、教室に彼がいないので、講義を抜け出して、彼を探すために走っているのかも知れません。で、砂浜に下りたカットでは岸側からの光線が来てるんですね。どれだけ長く走っているのか。下手をすると朝から夕方まで走っています。いや、単に海岸線がうねっているだけかも知れません。
やっとのこと彼を見つけ、午後の紅茶を取り上げると彼が驚き、振り向きながら立ち上がります。このカットを見ると、岸側からの光線で2人の姿が逆光になっております。その後、アップになるんですけど、松浦亜弥はほぼ順光、後ろ姿が逆光だった彼は振り向いたハズなのにほぼ、逆光なんです。このアップのカットの光の当たり方だと松浦亜弥と彼の立ち位置が逆にならなくちゃいけないような。いや、このカットは時間的に、冒頭の海岸線を走っていたときより前で、実は回想だったりするのかも。むぅ、難しくてついていけない。海側から陽が上って、岸側に沈んでいくということは太平洋なんだなということはうすらぼんやり分かりましたよ。

何が言いたいかというと、春篇から比べると、髪が短くなって松浦亜弥が丸顔に見えますね。

最終回シリーズ8

最終回シリーズ8というより、オマケか? フジテレビ、ディビジョン1、STAGE16 ゆくな!龍馬。

ああ、タイムパラドックスがぁ。幕末の人たちなので気にしないのね。「じゅわっ」一言で解決。
坂本龍馬と中岡慎太郎を、時代を超えて殺しに来た暗殺者を返り討ちにすると、それはもみじの父にして、老舗和菓子店「ありさき」の主人、幸太郎の先祖であった。というわけで、もみじは死にかけ、幸太郎は消えてしまったわけです。
もみじと幸太郎を救うために、暗殺者に殺されに元の時代に戻る龍馬と慎太郎。かっこいいわー。幸太郎の先祖の足下に、ありさきの饅頭が転がるという小技もきいてました。
その後、幸せに暮らすありさきの人々。手元に残された「船中八策」を読む加藤ローサの表情も良かったです。同じようなネタのドラマがありましたが、突き抜けてた分、コチラの方が面白かった。刀のペラペラさは気になりましたけどね。

T-Rex の20th Century Boy、Get It Onなど選曲もアタシ好み。

秋の新ドラマ3

フジテレビ、タモリのジャポニカロゴス を見るたびに思うんだけど、新解さんの謎 の著者、赤瀬川原平に許可はとってるのかな。みんなも気になるでしょ?

10/17~(月)テレビ朝日 午後7:00~7:54 「世直し順庵!人情剣」
「江戸の監察医でもある順庵が、何らかの事件に巻き込まれた不審な死体から悲しみや怒りを感じ取った時、もう一つの顔が現れる」ということで、トゥルー・コーリング仕事人 のミクスチャですか。藤田まこと、池上季実子、内藤剛志と渋すぎるほど渋いキャスト。設定は面白そうなので、あとは脚本しだいですか。タイトルがなあ。

10/17~(月)フジテレビ 午後9:00~9:54 「危険な美女(仮)」改め「危険なアネキ」(初回は午後9:00~10:09)
伊藤美咲がキャバクラ嬢ってことなら1回は見るよなぁ。「偏差値の低いが、天真爛漫で温かく、心優しい女性」役なら、伊藤美咲はハマリそうですね。釈由美子の昼はナース、夜はキャバクラ嬢というのも気になるところ。うーむ、姉萌え設定なんですかね。

10/20~(木)テレビ朝日 午後8:00~8:54 「女刑事みずき~京都洛西署物語」
シングルマザーの刑事役に浅野ゆう子。で、この枠で、舞台が京都ってことで。大体の想像はつきますよね。というか、想像がつかないような物はココでやっちゃダメ。筧利夫、小林念侍とこれまた渋いキャスト。この枠のシリーズ、最初は面白いので侮れないんです。小林念侍は「科捜研の女」の最初のほうに出てましたね。新鮮分があると面白いんですけど。

10/20~(木)TBS 午後10:00~10:54 「今夜ひとりのベッドで
龍居由佳里 脚本ということで、誰が可哀相な目に遭うのか楽しみですね。本木雅弘と瀬戸朝香の離婚話が縦糸になるんでしょうかね。色々あった奥菜恵が復帰です。ココは期待。役柄的には、ビギナー共犯者 路線ぽいですね。あらすじを読むかぎり、全員あやしげなんですが。

10/21~(金)TBS 午後10:00~10:54 「花より男子(だんご)
牧野つくし役に キッズ・ウォー の井上真央、道明寺司役に松本潤、花沢類役に 小栗旬、西門総二郎役に 松田翔太、美作あきら役に 阿部力 というわけで、F4は美形揃いですね。松本潤は天パだから道明寺役なのか。井上真央は 救命病棟24時 で自殺未遂したとき以来かな。楽しみ。台湾で話題になって逆輸入ということですか。局は違うけど コッチ はもう9年前ですか。ないことに?

10/未定(10/15~)(土)日本テレビ 午後9:00~9:54 「野ブタ。をプロデュース
ああ、タイトルがなあ。「。」がついているのは、ナインティナイン 人気プロデューサー・つんく♂を意識してのことか。ああ、コレ が原作か、すまん。第41回文藝賞受賞作らしいですね。面白そう。ただ、原作では男子だったらしい野ブタと呼ばれる転校生を堀北真希にしたのはどうなんでしょう。女子を野ブタと呼ぶメンタリティはちょっと理解しがたい。何か野ブタと呼ばれる理由があるのかな。

10/未定(金)テレビ朝日 午後11:15~0:10 「着信アリ
はるか17 の最終回のあと予告をやっておりましたが、微妙な雰囲気が漂っていたような気がしないでもなかったようなそうでなかったような。本格的ホラーを目指すんでしょうか。脚本が 民俗学者 八雲樹 も手がけている大石哲也らしいので、同じような雰囲気だったら見てみようかな。

というわけで、テレビブロスを参考にした秋の新ドラマシリーズはおしまい。個人的な意見ですが、ワクワク感が足りねーっす。ゼイタクくない?(=さっき読んで衝撃を受けた表現)

秋の新ドラマ2

昨日のTBSテレビ深夜1:55~、深夜ボクシング・WBA世界フライ級タイトルマッチ「ロレンソ・パーラ×坂田健史」、惜しかったなあ。チャンピオンのテクニックが上回ったということですが、坂田が入っていくときに頭を振っていったら分からなかった。いや、惜しい。亀田興毅も良いですが、こういう選手に挑戦権を与えるためにも、また放映権を買ってね、TBS。つーか、亀田興毅の試合を独占放送するためにWBAの試合を買ったの?

10/11~(火)フジテレビ 午後9:00~9:54 「1リットルの涙」(初回は午後9:00~10:04)
脚本が江頭美智留ということと、難病物ということを考え合わせると Pure Soul~君が僕を忘れても~電池が切れるまで の路線なんでしょうか。わあ、告知HPを読んでいるだけで気分が暗くなってきた。いくら 沢尻エリカ の主演作でも、錦戸亮が出ていてもダメかも。感動の涙を流したい方にはおすすめかな。明るさ分として、原作にはない陣内孝則が新規投入されたようです。

10/11~(火)フジテレビ 午後10:00~10:54 「鬼嫁日記」(初回は午後10:10~11:14)
人気ブログを書籍化した 実録鬼嫁日記 をドラマ化。って分かりづらい、人気ブログをドラマ化ってこと? 観月ありさ、ゴリ、永井大、東幹久、滝沢沙織、井上和香ってキャストなんだけど、 ブログタイプ じゃダメなのか。コメディっぽいんだけどどうかな。ゴリの演技にかかってるなあ。

10/12~(水)テレビ朝日 午後9:00~9:54 「相棒」(初回は午後8:00~9:54)
水谷豊と寺脇康文の特命係のコンビが、警察組織から疎んじられながらも事件を解決していく人気シリーズ第4弾。制作時間の掛け方が違うのだと思いますが、単発2時間ドラマのときのほうが面白かったのね。1時間で完結させないで、前・後編にしてみたらどうでしょうか。あと、今やトレードマークになってしまった感もありますが、寺脇康文のファッションももう少しアカ抜けたものにしてあげて下さい。鈴木砂羽もそりゃ逃げるよ。なんだかんだ言って見るかなあ。

10/12~(水)日本テレビ 午後10:00~10:54 「あいのうた」
日本テレビ、菅野美穂、白髪の相手役、記憶喪失ときて、幸福の王子 を思い出さないわけには行くまい、どひー。今回も菅野美穂が不幸そうな役なので、 またレイプされ
イグアナの娘君の手がささやいているアルジャーノンに花束をちゅらさんラストプレゼント などなど、数々の名作を生み出してきた、岡田惠和×菅野美穂コンビなので、今作もハートウォーミングなドラマになるでしょう。

10/13~(木)TBS 午後9:00~9:54 「ブラザー☆ビート」(初回は午後9:00~10:00)
あら、お懐かしや、田中美佐子。プロデューサー・伊藤一尋、脚本・小松江里子の「セカンド・チャンス」、「ママチャリ刑事」のチームでドラマの現場に復帰。息子が、長男・玉山鉄二、次男・速水もこみち、三男・中尾明慶ってことで、主婦向けのドラマということでしょうか。家庭内ホスト?
タイトル通り、丁々発止のやりとりもありそうなので、5年ぶりの復帰とともに期待。

10/13~(木)フジテレビ 午後10:00~10:54 「大奥~華の乱~」(初回は午後10:00~11:09)
何度目だ、大奥。木曜10:00って電車男のあとか、きっついな。
NHK大河ドラマ武蔵の内山理名はかなり色っぽかったので、時代劇という意味では期待。でも、小池栄子、藤原紀香あたりがちょっとコワイ。まあ、お昼のドラマがお好きな方は。

10/16~(日)TBS 午後9:00~9:54 「恋の時間(仮)」(初回は午後9:00~10:09)
えっと、公式サイトが見当たらないようですが、撮影は快調ですか。脚本が金子文紀なのでひそかに期待はしているんですが、42歳と35歳の姉妹のお話しですか。キャストが分からないとなあ。

というわけで、つづく。

秋の新ドラマ1

最終回シリーズも大詰めなので、この間にテレビブロスの新ドラマ速報を見ながら、勝手に期待とか予想とか。

10/3~(月~土)NHK総合 午前8:15~8:30 「風のハルカ」
村川絵梨 って知らないぞ。って BOYSTYLE の人ですか。脚本が大森美香ということなので、ハジけてる感じなら見てみたいですね。黒川芽以が妹役というのも期待。元ビックリハウサー・渡辺いっけい、真矢みきと両親役も手堅そう。

10/3~(月~金)TBS 午後1:30~2:00 「デザイナー」
一条ゆかりのコミックのドラマ化らしいんですが、コレ、一条ゆかりの古い作品ですよね。むぅ、主人公がつらい目に遭いまくるに違いない。ま、この時間帯だしね。国生さゆりVS松本莉緒はマンガ風で面白そうだけど、見られそうにないなあ、勤め人には。

10/3~(月~金)フジテレビ 午後1:30~2:00 「緋の十字架」
アンドレ・ジッドの「田園交響楽」を原案に、ということですが、田園交響楽って新潮文庫で90ページに満たない作品なので、大幅に脚色してあるんでしょうね。西村和彦は、昨年、話題をさらった「牡丹と薔薇」から、再度この枠に登場。盲目の少女を演じる つぐみ は、この人で合ってますかね。原作は宗教色の強い物語なのですが、ドラマ化ではどうなるんでしょうか。「デザイナー」と同じく見られないんですけどね。

10/7~(金)HNK総合 午後9:15~9:58 「慶次郎縁側日記2」
高橋英樹主演の金曜時代劇のシリーズ第2弾。手堅いなあ。裏の金曜ロードショーの作品によりますが、金曜時代劇はあまりハズレがないので一度は見ると思います。また、午後3:00くらいから再放送してくれないかしら。ホームズ、ポワロ、時代劇のローテーションでいいから。あ、新婚の安達祐実も出るよ。大丈夫かしら、もう安定期に入ったの?

10/7~(金)テレビ東京 深夜0:12~0:53 「嬢王」
北川弘美 ですか。プロフィールを見ると出演作は結構見てるみたいなんですけどね。小川那奈も良く分からないや。モデルとかグラビアの人みたいですけど。気が向いたら見てみよう。「両親が抱えた負債を返済しようと」という設定で、萎え萎えなんです。人気コミックが原作なようなので、違った切り口なのかも知れませんが。

10/10~(月)TBS 午後8:00~8:54 「水戸黄門」(初回は6:55~8:54)
里見浩太朗の黄門さまのもう5シリーズ目ということです。時の経つのは早いものです。石坂浩二の降板を、ついこのあいだのことだと思っていたのに。初回はどっかんどっかん燃え上がるんでしょうね。なんだかんだ言って「こちら本池上署」もわりと見ていたし、結構、チャンネルを合わせてしまうかも。メシを食いながら見るにはちょうどイイんだよね。

10/10~(月~木)NHK総合 午後11:00~11:15 「理想の生活」
パンクバンドの曲名にありそうなタイトルですが、出演者が、堺正章、風吹ジュン、竜雷太とかなり渋め。二世帯住宅を軸に「新しい家族のあり方と街との関わりを描」くようですけど、マチャアキが可哀相な目に遭うのかしら。この枠は、もっと実験的なことをやって欲しいんですけどね。大人向けの「ドラマ愛の詩」みたいな。

ということで、つづく

最終回シリーズ7

TBSテレビ いま、会いにゆきます
全編を通して映像がキレイでした。美しい映像で綴られたファンタジーというところでしょうか。
ウエットな題材をウエットに描く王道な手法でしたね。オッサンにはちょっと泣き所とか分からなかったんですけど、自然がキレイなだけでも癒されるよね。
ミムラはブスだったりブスじゃなかったりしてたなあ。そこが良いところなんだけど。白い衣装が印象的でした。それにしても耳の形が変わってるなあ、ミムラ。このドラマで気がついた。
黒川智花とミムラのつながりも無理なくて良い感じでした。黒川智花が頑張ったのかな。今日はちょっとしたなぞ解きもあり、活躍してましたね。競技場のライトを消したり、唐突に大胆な行動に出たりするのは恋する少女だからという解釈であってますか。
福本有希と成宮寛貴はちょっと違和感がありました。これは演技力がどうこうということではなく、性格が変わってるところがちょっと。ヒマワリ畑でミムラと再会して変わったのかもしれませんが。
チビッコ武井証は上手いんですけど、この年からテクニックにおぼれてどうするのかと心配になります。もう少し、棒読みでイイんですよ、子供は。ここが棒読みだと、ウエット感が薄らいだと思うんですけどネ。ま、カワイかったし。
岡本綾も エンジン のときとは違ってかわいらしい女性を演じてました。今日の最後の窓辺に頬杖をついているシーンは良かったですね。余貴美子も最後のシーン、良かった。上手いですね。

ところで、ミムラ、MEGUMIと、大石恵三の半分の名字と同じ芸名が並んでたんだなあ。ボケのほうには冷たいですね。関係ないかあ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。