先達の道、イヤな道

松下電気産業の石油ファンヒーターに回収、点検・改修、危険性の周知など必要な措置をとるように緊急命令
亡くなっている方もいるので、ここで取り上げるのは不適切かも知れませんが、テレビ朝日、相棒 の先々週の放送が「殺人ヒーター」だったんですよね。こちらはバッテリー式のヒーターが発火というものでしたが・・・。松下のファンヒーターは、以前からリコールされていたらしいのですが、「危険性の周知」が十分でないので、緊急命令が発動されたそうです。元ネタだったりするのかな。

大沢あかね が、TBSの 全員正解あたりまえ!クイズ に出演してました。
27日には、日本テレビの ロンQ!ハイランド に出演、フジテレビの クイズ!ヘキサゴンII は、ほぼレギュラー?
おバカさんキャラが根付いたのか、クイズ番組へのボケ役での出演が多くなってきました。レギュラー出演中のテレビ東京 バクスタ もクイズ番組ですが、あまりバカキャラのイメージはなかったんですけどね。挙手で答えるクイズ形式なので、答えなくてもすむからかな。
ともあれ、露出が増えたということは良いことですね。どの番組でも一所懸命なことは伝わってくるし、番組進行のことを考えるおバカさんなので、あまり憎めません。大沢"親分"啓二の孫娘ということもあって使いやすいのかも知れませんね。おじいさんとのギャップがまた微笑ましい。

考えてみれば、大沢あかねも元カリスマ・モデルなんですよね。元祖「元カリスマ・モデル」(なんだ、それ) 梨花 もバラエティで大活躍していますが、カリスマ・モデルの行く道なんでしょうか。なんかイヤな道を切り開いてしまいましたね。梨花さま。
スポンサーサイト

イーオン

犯罪者になるくらいなら政治家になろう。犯罪者になってしまったら芸能界に入ろう。どちらもイヤならホームレスになろう。
昨日、ウトウトしていたときに思い浮かんだ言葉。疲れてるのか、追い込まれているのか。

美山加恋が出演していた イオンCM は公開終了してしまったようですね。
T-REXの名曲 Get It on をカバーしてましたが、ゲット・イット・オーン、ゲット・イット・オーン、ゲット・イッオーン、ってシャレだったのね。今日、気がつきました。完全な日本人耳のアタシが原曲を聞くと「ゲリローン」としか聞こえないけどね。

で、X-box 360 がThe Rolling StonesのJumpin' Jack Flashですね。ハイデフってなあに? と物を知らないアタシは同僚に解説してもらいました。「それがハイデフ」ではなくて、「JUMP IN」がメインコピーみたいです。対応ソフトの画像もテレビで見かけるようになりましたが、いやはや凄い時代になったものです。

イオンのCMもそうですけど、この手の曲が流れると左手の指がもぞもぞします。まあ、楽器なんか弾けませんけどね。

もんでほしい

「危険なアネキ」、鶴見辰吾はとくに悪いヤツというわけでもなく、ビジネス上の交渉決裂で出番が終わってしまったよ。で、岡田浩暉 が札ビラを切ってイヤな笑い。うーむ、ゲストを楽しむドラマだったのか。

タケダから新発売された アリナミンEXプラスのCM なんですが。
空港とおぼしき場所でビジネスマン・OL風の皆様が、そうとうツラそうに「もんでほしい」と、ため息まじりにもらしております。そこに坂口憲二が、「もんでほしいほどツライその症状に」、「アリナミンEXプラス誕生です」と颯爽と登場します。
ガックリくるほどツライ症状なのに飛行機に乗らなきゃイケナイのか。大変ですね。ホントに薬で楽になるなら、という状況はこういうときなのでしょうね。
最後の「目・肩・腰に、新しい力」というのは、「目・肩・腰に~」でおなじみの先発商品を意識してのことかも知れません。
ところで、とくに15秒CMのほうなのですが、「もんでほしい」が「もんどろしい」に聞こえるんです。最初は「なんだ、方言CMか。懐かしいな」と思ったんですけど、これは聞き間違い。うーん、頭どころか耳まで・・・。寄る年波には勝てませんわ。

やっぱり、坂口憲二のナレーションはいいですね。素人臭いんだけど、誠実そうだし、どことなく味があって。

高橋尚子完全復活?

連夜のドカチン仕事も一息つけそうな段階に入り、じょじょに睡眠時間は増えているものの疲れが抜けないです。そりゃ、オッサンだから。眠気にめげず、今日も頑張ります。

先週の日曜日の11月20日、東京国際女子マラソンで高橋尚子選手が2時間24分39秒で優勝。小出監督のもとを離れ、「チームQ」を結成し挑んだレースで見事に結果を出した。
高橋尚子の底力をあなどっていました。「高橋尚子の復帰レース」との煽りに鼻白んでいたため、テレビ中継もほとんど見なかった。レース前に右ふくらはぎの故障との報告もあり、「あー、やっぱり」と思ったこともありました。
もし、あなたがサラリーマンだとして、会社から独立して初めてもらった仕事ってはりきりませんか。納期までに万全に仕上げちゃったりして。
高橋尚子にとって「チームQ」とはそういう意味があったんじゃないかと思うんです。仕事はそれでも良いのかも知れませんが、スポーツの場合、オーバートレーニングや、早めに仕上げてしまって大会当日まで調子を落としてしまう可能性が大きいと思っていたんです。
そんな風に思っていたところ、故障の報告があり「あー、やっぱり」と。勝てなかった場合の予防線か、とも思いました。
しかし、見事に優勝してしました。ブランクを考えれば、タイム的にも立派です。また、あいかわらず、すぐにインタビューに答えたり、その日の夜にはテレビ出演まで。凄いですね。あのパワーはどこから出てくるんでしょうか。見習いたい。ねむいとか言ってる場合じゃないですね。

「チームQ」は4年間で推定6億円の収益を上げる会社ってことになるんだろうけどねぇ。そこか。

天衣無縫と犬

PCを起上げるとマウスが思った通りに動かない。ここのところモニターも調子が悪いし、なんで一気に壊れるんだろうね。一緒に買ったわけでもないのに。
と、昨日の更新をサボったいいわけもすんだところで、かねてよりの懸念だった あいのうた について。いや、ホントは睡魔にごにょごにょ。

日本テレビ(水)22:00~、あいのうた。余命幾ばくもない警察官とその家族、誰からも愛されたことがなく自殺未遂、記憶喪失をのふりをしたことから、その警察官家族と同居することになった「性格ブス」な女の物語。
「性格ブスには愛は効くのか。」と番組サイトにあるように、菅野美穂演じる性格ブスな女が、玉置浩二演じる、微笑みを絶やさない警察官とその家族の中で生活していくうちに「愛」を知って、成長していくドラマ、なのかな。岡田惠和なので、まだ安心はできない。
ドラマも終盤にさしかかって、今のところ性格ブスに愛は抜群に効いているようですが、今後の展開から目が離せなくなってきました。
盤石な布陣といってもいいキャストが織りなす、まったりとした雰囲気の中で、びしっとツボを心得たセリフが飛び出します。面白いなあ。
性格ブス・菅野美穂の毒舌も面白かったのですが、愛が効いているので、最近、メロメロ路線気味。で、ベクトルは違いますが、和久井映見の天衣無縫なキャラが面白いです。和久井映見の天衣無縫というと「ピュア」を思い出しますが、そっち系ではなく、なんというか勘だけで生きているような女性。さっきまでボケていたかと思うと、意外に鋭かったり。いいキャラです。ウエイトレス姿もカワイイです。なんでしょう、この人。どんどん若くなりますね。「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」の頃のほうが歳をとって見えるんですけど。
あと、玉置浩二一家で飼われている犬。この演技が凄いんです。いいなあ、あんな犬。
この二つが物凄いスパイスになっていて、ドラマをしめてますね。動物と子供、動物と子供と頭の中でグルグル回ったりするんですけどね。

実は、友人からもらったメールに「あいのうた」についての記述があったんです。影響を受けないように気をつけて書いたんだけど、どうかな。

思い出したけど

そうそう、昨日、あいのうた を見て書きたいことを思い出したんだけど、女刑事みずき美山加恋< がゲスト出演していたので、こっちを優先。

ここのところ、あまり熱心に見ていたわけではないんですが、予告を見たら、佐野史郎演じる沖田弁護士が大活躍しそうだったので、今日はじっくり見てみました。
想像してた内容とは違って、沖田弁護士大活躍とはいきませんでしたが、なかなか良いスパイスの利き具合でした。
あらすじとしては、息子を亡くした原因を医療ミスと疑っている父が、病院の院長に恐喝まがいの電話をかけたところ、その院長が襲われ・・・といったところ。
犯人探しより周辺の人々を語るのが主眼の番組ですので、事件はあっけないほど簡単に解決するんですけどね。最後の最後に、愛人が嫉妬で、って。現実の警察があんな捜査していたらヤダなぁとか思ってはいけない。
特筆すべきは、息子を失って虚脱状態、「息子が待っているような気がするの」と自殺まで図ってしまう母親を演じた、中島ひろ子。娘の美山加恋が、弟のことしか考えない母に絶望し、姿を消した場面で、浅野ゆう子に叱咤され我に返る直前の「あぅ、あぅ、あう」は凄かった。登場シーンから化粧っ気ないし。おそるべし。
さて、姉役の美山加恋ですが、健やかに成長しているようですね。今回も子供とは思えない名演。一躍、有名子役に押し上げた 僕と彼女と彼女の生きる道 では、素直で健気なという、見た目かわいい子供なら誰でも、と言っては失礼だけど、わりと演じやすい役でした。今日の演技を見ていると、今では細部を考えて演技しているような気がします。末恐ろしい。いや、これが成長というものなのでしょう。

ところで、演技力と可憐さは反比例するんでしょうかね。これから目指すべきは個性派俳優だと思うぞ。老婆心ながらお薦めするよ、加恋ちゃん。

舌の根も渇かぬうちに

励まねば、などと一昨日言っていたにもかかわらず、お休みしてしまうあたり、怠け者っぷりが如実に表れてますな。書きたいことは一杯あったのですが、思いついたときに書かないと忘れちゃうの。オッサンだから。

フジテレビ(火)0:58~、劇団演技者。
色々な劇団の作家を起用し、ジャニーズ所属の人気タレント座長を務めるこの番組。性に合うときは物凄く面白いんですけど、外れたときはちょっと・・・。アタシの性格が問題なのか。
今月のロンリー・マイルームはちょと面白い。座長は関ジャニ∞の横山裕。この人、バラエティ向けの人で、方向性としてはSMAPの中居正広かと思ってましたが、ちょっと違うみたい。アレかな、関西だからKinki Kids方向なのかも。
物語は横山裕の引越しのドタバタから始まりまして、横山裕演じる主人公の、ちょっと変わった性格が引き起こす、あれやこれやを描いております。横山裕のひょうひょうとした雰囲気と役柄が妙にあっていて、素直に笑えました。
横山裕の母役で森下愛子が出演しているのですが、これが輪をかけておかしな性格で、この親にしてこの子ありという納得できる設定も良かったです。
横山裕が思いを寄せている女の子役に松本まりか。年齢的にはどうなんだろうと思ったりもしましたが、違和感ないなあ。松本まりかは声優としても活躍してますが、ますます声がアニメ声になったような気がします。鍛えられているんだろうか。不思議ちゃん役なのでちょうど良いのかな。昨日はちょっと涙があったりしましたが、ちょっと唐突だったかなあ。まったりハラハラって感じで進行していたのに、横山裕には切れて欲しくなかったです。なんていうか、もう少し困ったままでいて欲しかった。泣いちゃうんだもん。

さてさて、しばらく更新をサボっているあいだにココにしてはアクセス数が上がっていたのでちょっと調べたら、「雨と夢のあとに」の記事を見ている人が多いみたいですね。そういえば、DVDが発売されたようで。ということで、あからさまに貼ってみるテスト。

いやはや

貧乏が板につきかけてきたので、これはヤバイというわけで、ドカチン仕事をしていたら、ココの更新もついつい怠りがちに。睡眠時間を優先してしまいました。まだまだ修業中の身なのにいけませんね。もっと励まねば。

テレビ東京(土)10:30~、ミラクルCを見ていたら、ケイリンの金子貴志選手がゲスト出演しておりました。金子選手は、ケイリン選手にはあまり取り入れられていない高地トレーニングや、ウォーミングアップ後、いきなり高負荷をかけるウェイトトレーニングなど、新しい方法を試みをしているそうです。
山道180mを60本とか、200Kgのバーベルとか、とてもマネできないトレーニングばかりでした。イヤ、別にマネしなくても良いんだけど。自転車は心肺機能が大事だし。タバコを止めるのが先だと思うし。
キャイーンの天野が「自分の身体を使って実験してんですか~!?」と驚いておりましたが、金子選手、厳しいトレーニングの成果が上がっているようです。
この番組を見て知ったのですが、11月4~6日開催の 自転車W杯モスクワ大会のスプリントで銅メダルを獲得 したそうです。いや~、知らなかった。それどころか、W杯が開催されていたことさえ知らなかった。
もう少し盛り上がっても良いんじゃない? みなさんはご存知だったのでしょうか。スポーツニュースはあまり見てないのですが、結構、大々的に取り上げられていたりしてたら嬉しいんですけど・・・。

「危険なアネキ」がヤバイです。見なくなってしまいそうです。POP STAR のバラード版は良かった。佐藤二郎と荒川良々くらいしか見どころが・・・。伊東美咲のコスプレは、もう・・・、ねぇ?あとは鶴見辰吾が出てきて、さて、今回はどんな役? と。

というわけで

お約束通り、相武紗季 について。

見てみましたよ 光体操完全バン 。 佐藤弘道 お兄さんが大活躍でした。相武紗季はCM出演分以外は踊ってないのかしら。もう一つ残念なのは、音楽を全編通して聞くとCMと印象が全然違うこと。「おー・しー・えぬ」の「えぬ」の部分の字余り感といい、ボコーダー使いといい80年代テクノ歌謡を期待していたんですが、どちらかというとヒーロー物風の音楽でした。
主演の新ドラマ、NHK総合(月~木)23:00~、どんまい! は、初回のエンディングを1分ほどチラ見しただけなんですけど、夜の商店街の真ん中で腕組みをして、ドンと立ってました。いつものペコちゃん目(わかるかな?)がカワイかった。もったいないから金曜日(25:20~)にまとめて見ようと思う。23:00~23:15って時間が悪いんですよね。ハッと気がつくと終わっていたり。
がんばっていきまっしょい のあとに、どんまい! って、タイトルがつながりすぎですね。

先日、日本テレビ(火)19:58~、踊るさんま御殿 で、藤本・イモッチ・静 が「ドラマでボートを漕いでいたら胸が大きくなった」と言ってましたが、相武紗季はどうなんでしょうか。光体操ではピッタリした衣装をつけてますが、見た感じでは・・・。
ま、ミスタードーナツ の制服のほうが似合ってるからね。セイフクスキー。

夢に出てきた

NHK総合、日本テレビ、TBS、フジテレビが同じ画像・・・。テレビ東京だけはと思っていたのに、お前も特番か。裏切られた気分だ。NHK教育だけは通常営業。おかげで仕事がはかどりました。

昨日の朝の夢ですが、さあやが夢に出てきました。いや、コッチ ではなく、プリンセスのほう。ものものしい警護つきで、わざわざ拙宅までおいでくださり、ご挨拶いただきました。和室で三つ指ついて「こういう次第になりましたので、貴方とは結婚できません」と言われました。ふられてるー、なんでー。夢だけど。好きだったのかしら、さあやのこと。明け方のニュース番組を見ながらウトウトしたのがいけなかったんだと思うんだ。

最近は暗いニュースが多かったので、これから明るくなると良いですね。景気も良くなってくれないかなあ。さて、次は相武紗季のことを書かねば。