プレイバック

フィリップ・マーロウ物からの引用もコレで3回目ですが、今回はちょっと見解のようなものも併せて書いてみようと思います。これまで、おこがましくて引用だけにしていたのですが。

プレイバック ハヤカワ・ミステリ文庫レイモンド・チャンドラー 清水俊二訳

「あんたは強いのよ。だれにも負けないのよ」と、彼女は苦々しくいった。「このベッドでかまわないわ。いま服をぬぐの?」
 私は彼女のそばへ行って、肩をつかんで立ちあがらせ、からだをゆすぶった。「冗談をいっているときじゃないよ、ベティ。ぼくが君の美しい、白いからだを求めるときは、君がぼくの依頼人でないときだ。ぼくは君がなにを怖れているのかを知りたいんだ。事情がわからないで、どんなことができる。話してくれることができるのは君だけだ」
 彼女は私の腕のなかですすり泣きをはじめた。
 女の防禦の武器はわずかしかない。しかし、そのわずかな武器ですばらしい効果をあげるのだ。
 私は彼女をかたく抱きしめた。「いくらでも泣くがいい、ベティ。なっとくがゆくまで泣くんだ。ぼくが-ぼくがもし-」
 そこまでしかいえなかった。彼女はからだをふるわせて、私にしがみついた。顔をあげて、私の顔を唇と唇が合うところまでひきよせた。
「ほかにだれか女がいるの?」と、彼女は私の歯のあいだから低い声で訊いた。
「いたこともある」
「特別な女のひとよ」
「一度いた。わずかのあいだだった。しかし、もうずっとむかしのことだ」
「もっと抱いて。私はあんたのものよ-どこからどこまであんたのものよ」

訳者の清水俊二先生はあとがきで、フランク・マックシェインの「レイモンド・チャンドラーの生涯」という評伝を紹介している。

 マックシェインはさらに、セックスに対する態度がいままでの作品とたいそうちがっていることに注目している。たしかに、これほどセックスがえがかれているチャンドラーの作品はいままでになかった。第五章では、マーロウは彼が護衛することになっている女性とセックスを行い、第十三章では彼を雇っている人間の秘書とベッドにもぐりこむ。そして、この場面はどっちもストーリーを発展させる上で重要な役割を果たしているとは思えない。
 ラスト・シーン、パリにいるリンダ・ローリングからマーロウに電話がかかり、結婚したい、とうちあける思いがけない結末についても、マックシェインは意見をのべている。
 とにかく、『プレイバック』を”謎をひめた作品”と考えているのはぼくだけではないようだ。チャンドラーの作品の中では、とくべつの地位を占めているものといっていい。

と、あとがきを締めくくっている。
上記の引用のように、マーロウは、探偵としての職業意識として「依頼人とは寝ない」と言ってはいますが、その言葉のすぐあとに女の涙に負けて口づけします。そして、何かを言いかけますが、女に「ほかにだれか女がいるの?」と看破され、リンダ・ローリングを思い浮かべています。リンダ・ローリングは 4月10日 に引用してますが、長いお別れ で、一度だけベッドをともにした、父親が権力者の富豪の女性です。
事件が解決し、ロサンゼルスに戻ったマーロウへ電話が入ります。

「リンダよ。リンダ・ローリングよ。私をおぼえていらっしゃるでしょ」
「忘れられるはずはない」
「どう、元気?」
「つかれてる-いつものとおりだ。しんがつかれた事件からやっと解放されたところだ。君はどうしている」
「さびしいのよ。あなたに会いたいの。忘れようとつとめたんだけど、どうしても忘れられないの。あのときは楽しかったわ」
「一年半も前のことだ。それに、たった一晩だった。ぼくはなんと答えればいいんだ」
「私はずっとあなたに忠実だったわ。なぜだか、わからないのよ。世間にはいくらでも男がいるわ。でも、ずっとあなたに忠実だったのよ」
「ぼくは君に忠実ではなかったよ、リンダ。二度と君に会うことがあるとは思っていなかった。ぼくが忠実であることを君が期待しているとは知らなかった」
「そんなこと、期待していなかったわ。いまだって期待してないわ。あなたは半年続かないっていったわ。でも、なぜ試してみないの。だれにだって、わかりゃしないわ-永久に続くかもしれないわ。私、あなたにお願いしてるのよ。好きな男を自分のものにするには、女はどんなことをすればいいの?」
「ぼくにはわからない。女はどうしてある男を求めているということがわかるんだ。それさえ、ぼくにはわからない。われわれはちがう世界に住んでいる。君はぜいたくに甘やかされることになれている金持の女だ。ぼくはつかれきって、これからさきどうなるかわからない三文探偵だ。だいいち、君のお父さんがぼくの未来を抹殺してしまう」
「あなたは父を怖がってないわ。だれも怖がってなんかいないわ。ただ、結婚を怖がっているのよ。父はどんな人間でも見ればわかるのよ。ねえ、おねがい。おねがいよ。リッツにいるのよ。すぐ飛行機の切符を送るわ」
 私は笑った。「ぼくに飛行機の切符を送るって? ぼくをどんな人間だと思ってるんだ。飛行機の切符なら、ぼくが君に送る。だいいち、ぼくの方から送れば、君が考えなおす時間ができる」
「でも、あなたに飛行機の切符を送っていただく必要はないのよ。私は-」
「わかってるよ。君は飛行機の切符を五百枚買う金を持っている。だが、これはぼくが買うべき切符だ、ぼくの切符がいやなら、来ないでくれ」
「行くわよ。行くわ。あなたの腕に私を抱いて。私をしっかり抱いてちょうだい。あなたを私だけのものにするつもりじゃないのよ。だれだって、あなたを一人じめにすることはできないわ。私はただ、あなたを愛したいだけよ」
「ぼくはここにいるよ。いつもここにいる」
「あなたの腕に私を抱いて」
 受話器をかける音がかちりと鳴り、じじじという音がして、接続が切れた。
 私は飲物に手をのばした。空虚な部屋を見まわした-いや、もう空虚ではなかった。声が聞こえていた。そして、背が高く、すらりとした、愛らしい女。寝室の枕の上に黒い髪がながれていた。やわらかい唇で接吻をもとめ、眼をなかばとじて、からだをぴったり押しつけてくる女のやわらかく、こころよい匂いがあった。

ユニバーサル映画のために書いた脚本をもとにして書かれたと、あとがきにありますが、この作品はハリウッド映画らしくラブストーリーを意識されたものなのかも知れません。
ベティには「もうずっとむかしのことだ」と言っていますが、一年半前のできごとだとマーロウは言っています。
作品の最後で、マーロウは依頼人からの電話を受けますが、悪態をついて電話を切ります。

 私が電話を切ったとき、頸をしめられるような罵声が聞こえていた。一秒とたたないうちに、電話がまた鳴り始めた。
 私の耳にはほとんど聞こえなかった。部屋のなかに音楽がみちみちていた。

物語はこのように締めくくられます。リンダからの電話を受けたことにより、マーロウの生活に彩りが戻り、音楽がふたたび流れはじめるさまが表現されているように思うのですが、どうでしょうか。

気がつくとマーロウと同年代になっていたりして、少しは彼の気持ちがわかるような気になっているのですが、気のせいでしょうか。
スポンサーサイト

世界卓球選手権2006

ついに準決勝まで来ました。相手は強敵香港です。まだゲーム中ですけど白熱してます。

監督はきんちゃんと呼ばれちゃってますが、なんか策士だなぁと思います。
選手起用が、なんとも言えずよく考えられている。今日の金沢の起用などは凄いものがある。結果は分からないんですけど。

やはり準決勝までくるとゲームの内容も実力伯仲、一進一退で面白いですね。手に汗を握るとはこのことか。

今回、放送の試合を見ていると、最近のフットワークって変わってきているんでしょうか。
結構、身体が横方向に流れることが多いんですけど。前陣型が主流なのでしょうがないのかな。
フットワークで追いついて、体勢を作って前に踏み込むのが基本だったんですけど。
前陣型だとどうしてもフットワークより身体の柔らかさで対応する形になります。昔、よく部活の先輩に怒られたものです。

それにしても、違反接着剤の成分ってなんなんでしょうね。
そして、福岡選手、今日は同じラケットで出場って、最近の接着剤は即乾性なんですね。昔は2~3日しないと安定しなかったものですが。びっくり。

などと書いているうちに試合が終わりました。うーん、残念。内容的にはほぼ互角だっただけに、余計に残念。

卓球は相手より自分との戦いのほうが大きいんです。確かに相手がどういう戦略を立てているかとか、相手の裏をかくということはありますが、飛んできた球を相手のコートに返している限りは負けないんです。

負けない強さって必要ですね。なにごとにおいても。いや、もうそろそろ勝つことを考えようか。

television phone

スクリーンには 取り乱した君と 知らない男
髪を直して 無理に笑う 君が映ってる
夢なら覚めて ダイヤルミスだと言っておくれよ

とは FILMS のT.V.PHONE AGE の一節ですが、ドコモが頑張っているテレビジョンフォンは人々に恩恵を与えているんでしょうか。
デバイスから、ぬくもりを与えられる日は来るんでしょうか。

複雑な彼女と

世界卓球選手権の最中ですが、書いておかないと忘れそう。

ということで、グリコ・牧場しぼりのCM
Ns’あおい では、あまり評価を与えていなかったアタシですけど、このCMはいいですね。「Ns’あおい」のころは少女から女性への過渡期だったのかしら。それとも H2ー君といた日々 が良すぎたのかしら。いや、声がガラガラだったしな。かわいいコエスキー。なんじゃそりゃ。
このCMでは美しい自然を背景にした画面から段々と顔へクローズアップしていくわけですが、クローズアップされた顔を鼻の頭で顔を二つに分けるとガラリと印象が違います。
上半分は大人の女性らしい美しい目元。下半分は愛嬌のある可愛らしい顔。
シリアスな役の時はおでこをだしたらいいんじゃないかと思います。
引きの全身画像も女性らしいですけど。
下半分も可愛らしくて好きですけど。ロリカワイイ。なんじゃそりゃ。

お、シンガポールにも勝ちました。男子もクロアチアに勝ったようです。めでてぇな。
イボラバーのときは下から上へ。これができなかったんだよなぁ。微妙なんです。こすり上げちゃだめなの。でも、当てるだけじゃだめなの。
ツッツキとかショートってやっぱり普通分かりませんか。そうですか。

持ち味でてました

世界卓球選手権2006 日本×クロアチア

1戦目の福原愛は気迫十分で、見ているコチラも熱くなりました。強打で攻めはじめたときには、相手のペースに巻き込まれているんじゃないかと思いましたが、攻めきっちゃいました。相手選手にドライブを打たせないテクニックはさすが。あいかわらずバックがえげつなく決まってました。

2戦目の金沢咲希は粘りの勝利でした。相手選手とプレイスタイルが噛み合いすぎて一進一退。福原の気合いが乗り移ったのか、気迫を前面に押し出してました。諦めない精神力はさすがベテランです。今は少数派のペングリップ。今は両面にラバーを貼るんですね。前陣速攻って今でも言うんですか。

3戦目の福岡春菜は世界戦ははじめてと言われていました。日本の秘密兵器ということですが、サービスは素人の目から見ても一級品ですね。王子サーブはエースサーブということではないらしいですが、サービスでノータッチエースをとれるとは凄いですね。これで、経験を積んで、精神力が上がってストロークに思いきりが出たきたらと想像すると楽しくなる選手です。片面粒ラバー。面白い選手です。

ということで、クロアチアにも快勝しました。今日は21:00~難敵シンガポール戦です。応援しましょう。男子もブラジルに1勝したらしいです。
もうちょっとクロアチアのハードドライブを見たかった気もしますけどね。

卓球はプレイのテンポが早いので実況が難しいのだとは思いますが、もう少しなんとかならないものでしょうか。ときに邪魔に思えることも。「中国五千年の大和魂!」とか言ってるあいだにプレイが終わってたりするんですよね。ほかの選手の試合中でも、福原愛に触れなくてはいけない事情も分かるのですが、「応援してます」てー。
解説のかたにもう少しお話を振って欲しい。解説がどんどん分かりやすくなってるし、「どんまいどんまい」の言いかたカワイイんですよね。

なんでこんなになきたいんだろう

世界卓球選手権、アメリカに快勝! 2:00からクロアチア戦。起きてられるかしら。男子も放送してほしいなあ。

フジテレビ(火)21:00~ アテンションプリーズ
今日はタンタンメンか。入ったことないケド、おいしそうでしたね。
整備士、パイロット、CAのタマゴたちが、それぞれの夢を目指している姿は清々しいです。
ミス四月の制服をちょっとお借りしてCA気分を味わう上戸彩。本物と勘違いされて、実際のCAの苦労を少しだけ味わい、イメージだけではない、仕事としてのやりがいや喜びを見つけ出す。
先週は意地でCAを目指すと宣言したわけですが、今回のお話でちゃんとした動機づけができて良かったです。大塚ちひろのスーツも無駄にならなかったし。
伏線としては、DC10の最後のフライトをと言った錦戸亮と、思い出しますねぇといわれた伝説の訓練生(?)でしょうか。
なんだか、小泉孝太郎の雰囲気がいいですね。プレイボーイなんだけど憎めないです。
大塚ちひろもかわいい。

それにしてもDC10の最後のフライトかぁ。昭和は遠くなりにけり。
羽田空港へ行って、当時のスチュワーデスさんやパイロットと写真を撮ってもらったなぁ。
当時はフライトエンジニア(航空機関士)なんて職業もあってね。

エンディングでは毎回違う制服で登場するんでしょうか。うぅ、見逃せない。セイフクスキー。
そば屋はあの15号沿いのところがモデルかなあ。天ざるうまいんだよな。
まあ、それにしても、訓練生たちもたいがいですが、すわ制服紛失? と焦っているミス四月に対する現役CAもちょっと。分かりやすいんですけどね。

旭山動物園へ行きたいと訴える中国人女性に上戸彩が親身になるところで、泣きそうになっちゃった。つか、個人的な理由で号泣ですよ。後藤法子、お前はオレか。

今日はバックの日

横浜ベイスターズが勝てません。モグラライク です。トンネル掘ってます。昔は「太洋」だったり「大洋」だったり、ゲンをかついだモノですが・・・。

世界卓球選手権2006
テレビ東京でロシア戦を放送してましたが、うわ、忘れてた! 帰宅後テレビをつけたら福原愛の2試合目、第3ゲームでした。
今日はバックの調子が良かったようですね。バックでリズムをつかんで、フォアに回る。ゲームカウントを2対2に持っていった時点で勝負はついた感じですね。
最終ゲームでは相手選手の腕が完全に縮んでいました。
と言っても、ホントに後半しか見ていないので、全体の流れは分からない。うーん、団体戦の醍醐味が味わえなかったのは心残り。明日は早く帰ることとしよう。
今日は、実況の内容とアタシの気持ちが一体化できなくてもどかしかった。「フォアを強くうてるようになったのが成長と言ってました。」 いや、今日はバックが切れてるって。「卓球は攻めていくことが得点につながる。」 え、相手はカットマン(パーソンか?)じゃないのかよ。とか、色々。アタシがプレイしていたころとは、ずいぶんプレイスタイルも変わってきていますが、もう、アタシの常識は通用しないのかしら。

相手選手の「ロシアンカッター2号」って、どうみてもネタがないんじゃないかと。福原愛も「日本のエース」ってそっけないね。そんなに無理してつけなくても。
それにしても、福原愛、卓球上手くなったなあ。髪型変わってたし。アタシは前のほうが好き。アスリートっぽくて。関係ねーーー。

え、ツンデレ?

TBS(日)21:00~ おいしいプロポーズ
長谷川京子 がいい! ご本人のキャラのイメージとは違うような役柄ですが、こういったちょっと元気な感じの役のほうが、楚々した美人役より断然活きますね。
白夜行 でチンピラ的だった 小出恵介 も、セレブ役を好演中です。背ぇ高いのね。知らなかった。
お話は良くありがちなラブストーリーですけど、こういうお話はどう展開していくかのほうが大事ですから、今後に期待しましょう。人物設定はなかなか良く出来ているのではないかと。かえって、こういうラブストーリーのほうが新鮮なのかもしれませんよ。現代っ子には。
途中、ハートマークで場面が変わったりして、画面構成としてはうるさいなあと思いましたが、視聴者はどうせこの二人がくっつくんでしょと思いながら見てるわけで、これはこれで面白いかなと思いました。その分、「どうやって」くっつくかの演出、展開にかかってるわけで。でも、これ、自らハードル上げてませんか。
小池栄子 もなかなかいいですね。このところバラエティでも自分の出し方みたいなものをつかんだように思える彼女ですが、このドラマでも充実感が伝わります。

あいかわらず、小林麻央 の発声がなぁ。今日もずいぶん重要な役だったはずなんですけどねぇ。りいち君 にも振られてたし、今回もそうなのかな。振られたときの発声なんですよねぇ。顔立ちとか声質とかはわりと好きなんですけど。

長谷川京子は、ずいぶん男勝りな性格なんですけど、タイトル通りプロポーズされたときには「う、うれしくなんかないんだからね!」とか言ったりするんでしょうか。

惚れなおす

豪華女優陣を起用した 資生堂・TSUBAKIのCMです。

田中麗奈上原多香子竹内結子仲間由紀恵広末涼子観月ありさ が、一堂に会した記者会見は圧巻でした。さすが、資生堂のシンボルとなっている「椿」をブランド名に冠するだけのことはあります。
これだけの女優陣を揃えつつ、さらにテーマ曲が SMAPの新曲 !
ホントに力が入ってますね。
さて、肝心のCMですが、化粧品ではなくヘアケア商品なんでしょうか。返って女優たちが生きいきしているように見えます。化粧品のCMだとどうしても商品の特徴を出すために濃いメイクになってしまうため、別人に見えてしまったりしますが、ヘアケア商品だとメイクもナチュラル、表情も出しやすいのかも知れませんね。
この恋はもう終わったかと思っていた広末涼子、なんだか魅力的ですね。子育ても落ち着いてきたのか、精力的に仕事もこなしているようだし、惚れ直しそうです。
他の女優たちも、もちろん魅力的です。日本の女性は美しい、ですか・・・。むむぅ。

マキアージュ もそうですが、それぞれ年齢やキャリアが微妙に違う女優を起用するというのは面白いですね。ピンポイントでターゲットをしぼらないというのは、やっぱり、自社製品に自信があるということなんでしょうね。

ほんとにデラックス

テレビ朝日(金)21:00~ 富豪刑事デラックス
前シリーズとは時間帯も変わってホントにデラックスになりました。あれ、こんなに大富豪だったんですか。プライベートジェットも登場しました。
あいかわらず、深田恭子の白痴美的魅力満載です。
「あのぉ、ちょっとよろしいでしょうか」からはじまる、トンデモ捜査法もパワーアップしました。今回は不発に終わったようですけど。
でも、一話完結じゃないところがちょっと不満。同時多発殺人ってことで、数話にまたがっていしまうのかも知れませんが、やはり毎回すっきりさせて欲しいものです。
チームワークの良さがうかがい知れて楽しいですけど。

初回を見逃してしまった2作もついでに。

TBS(金)22:00~ クロサギ
山下智久、堀北真希の「野ブタ」コンビ出演作ですが、内容は割と真面目ですね。堀北真希が悩んだりしてます。山下智久のセリフには以前から不安がつきまとうんですが、毎回上手くなっているようですね。あとは口をキレイに開けるようになれば花丸をあげたいです。
市川由以は一時期、きっつい顔になったなあと思いましたが、映画出演があったり年齢的なものもあるのかも知れませんが、表情を出すのが上手になりました。とくに今回は男を殴ったりするシーンもあり、弾けてる感じが良かった。

テレビ朝日(金)23:00~ てるてるあした
ああ、加納朋子原作なんですか? 黒川智花、木村多江のコンビはあいかわらず良い感じですね。金子昇の役は沢村一樹でも良かった? 加納朋子は好きな作家ですけど、映像化は難しそうですよね。がんばっているとは思うんですけど、不思議なお話なので、難解なところもあり。草笛光子がなかなか面白そうな役ドコロ。
映像もキレイだし、黒川智花もこれまでと違ったキャラクターなので、やっぱり見てしまうでしょう。