一人足りない・・・

キリンビバレッジ 午後の紅茶発売20周年記念番組(?)あややゴルフ は、午後の紅茶のCMにも起用されている、ゴルフ未経験の松浦亜弥が半年間でスコア100を切れるかをテーマにお送りしているらしい番組。
企画のプレゼン風景などを想像すると、なんだかオヤジらしい展開が頭に浮かんでしょうがない。
20周年記念のキャンペーン予算がつく→若者に人気の松浦亜弥起用→番組一社提供→えらいさん松浦亜弥と一緒にゴルフ。
考えすぎでしょうかね。
番組的には、山下美穂子アナが実は慶応ゴルフ部出身で、体育会系だったという新しい側面が見られて楽しいです。

昨日の新・桃太郎侍に星井七瀬がゲスト出演、ダンドリ。には加藤ローサがレギュラー出演中。
本日の 新・科捜研の女 には 高橋真唯 がゲスト。
うーん、あとは 藤井美菜 が見られると シムソンズ コンボだったのになぁ・・・。
藤井美菜は甲子園関係で忙しかったのかもしれませんね。
高橋真唯は女優らしくなったなぁ。映画 ラフ にも出演中なんですね。舞台挨拶があったのか・・・。

新・科捜研の女も来週で最終回。最終回では、マリコの科学捜査が完全犯罪に利用される? というハラハラドキドキの展開、だといいな。
何気ない会話をきっかけに・・・、というパターンは考えるほうは難しいのだけれど、見ているほうはそれほどウマイと思う会話が少ない。

最終回シーズンも近づいてますが、楽しみは結婚できない男ですかね。どう決着がつくんでしょうか。
スポンサーサイト

いやはや、タイミングが悪い

ブログを更新しようとPCを立ち上げると、なにやらやらなきゃいけないことができたりして、なかなか更新できず。
ということで、ちょっとまとめて。

テレビCMの日SP「メッセージ」
藤木直人のことを少し見直した。やはり二枚目は二枚目を演じるべきなのかもしれない。
伝説のCMディレクター、杉山登志を描いたドラマ。
資生堂が一社提供ということで、資生堂のCMがメインでしたが、懐かしいCMが満載でした。
とはいうものの、今この時代にその「メッセージ」は伝わったのでしょうか。
最後に平泉成が株屋やIT企業を皮肉るくだりがありましたが、杉山登志が残した「メッセージ」はそんなに安いものではなかったようにも思える。
平岡祐太が良かったですね。藤竜也とのギャップは激しかったけど。
石黒賢はおいしい役だったなぁ。「いいの? いいの?」

テレビ東京で マイアミバイス の再放送が始まりました。
映画とのタイアップではありましょうが、うれしい限り。
ドン・ジョンソンが若いね。声は野沢那智じゃなかったか。フィリップ・M・トーマスが 尾藤イサオなのは憶えてます。
当時、スタイリッシュな刑事ドラマでしたが、今見ると・・・。
時の流れでしょうか。

テレビ朝日 新・桃太郎侍 、今週のゲストは星井七瀬。
シムソンズ も記憶に新しい星井七瀬ですが、今回は命を狙われて江戸屋敷を抜け出すお姫様役。
前半の世間知らずなハチャメチャぶりは命を狙われてるとは思えませんでしたが、楽しかったから良いかと思える作り。
宮下直紀が「あたり屋」のオカマ(?)役で出演中。キレるとべらんめぃな口調になる面白い役どころ。
この人も昔はアイドルだったんだけどなぁ。デビューイベントでサッカーボールを小脇に抱えてステージに飛び出してきたのは憶えてる。
それにしても、このドラマは時代劇では久々のヒットかもしれませんよ。

フジテレビ ダンドリ。~Dance☆Drill~
もはや何の期待感もなく惰性で見てしまうドラマに成り果ててしまったんですけどね。
カルロス、国分太一、かしこさんくらいしか楽しみがないの。
加藤ローサのあごをツンと突き出すしぐさはかわいいけどさ。
と思っていたら、ついに国分太一の出生の秘密(?)がさつき高校の面々にばれた! 油断ならねぇ、との思いもつかのま、なんて言うことなく流されちゃった。うーん・・・。

結婚できない男
脳内エステ IQサプリ で、出題者として阿部寛がVTR出演してましたが、「高視聴率男」なんて紹介されてました。いやはや。
人間関係をうまく構築できない男、阿部寛がここにきて少々変化しているようですね。いや、まわりが理解し始めたということでしょうか。
国仲涼子の飼い犬ケンとの関係が面白いなぁ。微笑ましい。
ワタシも、周囲に誰もいないことを確認してから、隣家の飼い犬を柵ごしになでたりすることがあるんですけど、あんなに怪しくみえるもんなんでしょうかね。

毒づいたり

家庭教師のトライのCM は、どっちかというと学ぶより教える側に回りたいような内容だよなぁ。
井上真央も大学生になって、すっきりした印象。花より男子 のパート2も冬に放送予定ということですが、ますます楽しみですね。

そういえば、NOVA のCMも分かりづらいなぁ。
ジャングルジムにからめとられた外国人が英語で助けを求めるものの、よく分からない日本人女性が泣きながらNOVAに入っていく。
考えようによっては、NOVAに通っても英語が理解できないととられかねない内容。
シュールな感じは楽しいんですけどね。

と、昨日今日と毒がちらちら見えるアタクシですが、昨晩、「チンパンニュースは面白いなぁ」とへらへら見ていたら、正直しんどい(上戸彩 at 下北沢?) を見逃し、「うわー、見逃したよー」とチャンネルをそのままに、三竹占い を見ていたら、ダンドリ娘 の最終回を見逃したのであった。で、ふてくされて HiHi PUFFY部 も見逃しちゃったのさ。

まぁ、杏さゆり は好きだからいいんだけど。最近の杏さゆりはメイクもナチュラル系で、性の悪さが見え隠れしていい感じだぞ。

あつがお

パロマの お詫びとお願い 広告がナショナルとそっくりなのは何か意図があるのか。
それとも、ナショナルの手法がスタンダードとして認められたのか。

日本では食品中の基準値は決まってないらしいです
-「WHO飲料水ガイドライン(第3版)」のベンゼンに関するガイドライン値、及び水道法での水道水のベンゼンに関する基準値である10ppbを超えて73.6ppb検出-されたらしいですけど。
○○姉妹とか××××の過剰■■で△△じゃえばいいのに。
今のところ健康被害の報告はないみたいですけど、白インゲンじゃあるまいし、そんな即効性だったら、回収騒ぎどころじゃないだろうに。

番宣スポットで「このあとすぐ」ってスーパーを入れておいて5分番組が挟まるのはどうなの?

柳本「ジャパン」のサポーターにKittyGYMって他国の人が混じってるのはどうなのさ。
タイが出場してないから大丈夫なのかしら。
KittyGYMというよりMoneyBOMBって感じ。おお、ラッパーの人がいうところのライムとやらみたい。
いや、厳密にはCMネタじゃないし。

一言がうまい

ここのところタイミングがあわずに見逃し続けていたのですが、久しぶりに見られましたよ、PS羅生門警視庁東都署

見逃していたと言いつつ、テレビをつけっぱなしで仕事をしていたので、なんとなく流れはつかんでいたつもりだったんですけどね。
今日は、奥貫薫がゲスト。銀座のクラブのママ。魔性の女と噂されるが、その実・・・、という役どころ。
松本莉緒のドレス姿などもありましたが、やはり木村佳乃と奥貫薫の和服対決は見応えありました。

クラブに潜入捜査中の松本莉緒、木村佳乃、安全君を営業終了後に残し、盗聴されていることを承知で訥々と自分の過去と胸のうちを語る奥貫薫。
回想シーンでは、わが子を心配する母の顔、その子をなくし絶望した女の顔、絶望のなかにわずかな希望を見出してすべてをささげようと決意する女の顔とわずかなあいだにさまざまな顔を見せる演出とその演出にこたえる奥貫薫に感心する。さすがですね。

最後に、奥貫薫をなぐろうとする松本莉緒を木村佳乃が止めて、奥貫薫は一言「ありがとう」。
さて、この「ありがとう」は誰にむけて発せられた言葉なのか。このあたり、うまいね、どうも。

でも、木村佳乃の平手打ちはホントに入ってて痛そうでしたね。
と、NHKを見ていたら あの歌がきこえる で佐野史郎が森本レオの物まねしてたぞ。

時代劇でももうちょっと

本当にあった怖い話 夏の特別編2006鎌倉ミステリーツアーSP に堀北真希が。
ひゅぅう、新耳袋 かと思った・・・。本当にあった怖い話でした。

さて、高校野球も早実の優勝で幕を閉じ、なにやらハンカチブームも訪れそうな気配もただよい、なんだかなぁな気分の今日この頃ですが、気になるのは亀田兄弟。

20日の亀田大毅×ウィド・パエス戦なんですけど・・・。
確かにパンチ力はあるんと思うんです。ガードが甘いとは言え、プロボクサー、しかも一国のチャンピオンをフック一発(正確にはボディへ4~5発、頭部へ3発くらい?)で沈めるということは。
けんかじゃあるまいし、同じ重さのグローブしてるわけですしね。
パエスの、コーナーに詰められたときの不細工な逃げ方には、圧倒的な力の差を感じざるを得なかったし、お歌を2曲も歌うのだったら、もう少し見せ場を作るとかソッチ方向に持っていけなかったものか。
時代劇でももうちょっと正義の味方が苦境に陥ったりしますぜ。
パエスのパンチを華麗によけてみせるとかねぇ。ガード固めるだけじゃなく。
生きるか死ぬかのプロの世界では難しいかな。

裏のフジテレビで 桑田佳祐の音楽寅さん~'06夏の思い出作りSP~ を放送中とあっては、あなたの歌をテレビで望んでいる人は少ないんじゃないかと思いますけど・・・。

さてさて、大毅の結果を云々しているうちに興毅とランタエダの再試合が決まりそうな噂が。
いや、べつにランタエダをKOして欲しいわけじゃないんだよ。ボクシングのルールで勝ったのであれば、そこにこだわるべきではない。ちゃんとルールに従って、WBAの指名した選手と戦い防衛すれば良いのではないかと思うのだが・・・。
『このまま逃げた、避けたというそしりを受けながらボクサー生命を続けるのは我慢ならん』 という言葉は本当に興毅の言葉なのか? そこまで疑いたくなるのは、コメント発表が大毅の試合直後だったりするその戦略にあるのかもね・・・。

亀田劇場における ザ・ホワイトハウス のロブ・ロウ役は誰なのさ。

熱いぜ、甲子園

いや、甲子園が熱い。さて、再試合はどうなるのか。

準決勝で、駒大苫小牧が温存したかったに違いないエース田中が登板した時点で早実の勝利を確信したのだが、そうは問屋が卸さない。
甲子園には本当に魔物がいるのか、随所に見られる好プレイ、凡プレイで拮抗崩れず。
ついに再試合までもつれることに。

さて、持ち越された再試合はどうなるのか。エース同士の緊張感の持続が鍵か。

3~4時台

夏休み中とは言え、3~4時台のテレビが大変なことに。

TBSの 3年B組金八先生 と、フジテレビの GTO が同時に始まるわけです。
3年B組金八先生は1話で終わりますが、GTOは1日2話放送なのでもう一時間連続で。
その間、3時53分に日本テレビで ごくせん が「この番組は2005年に・・・」というテロップつきで始まっているという始末。そんなに学園ドラマ見たい?

それぞれ時代やテイストが違うので、見比べてみるのも一興です。
午前中には、続編の放送が決定した 花より男子 の再放送もあるしね。

傲慢と可愛げ

そういえば、先週の 踊る!さんま御殿星井七瀬が出演してましたが、髪を切ったせいか、一瞬 夏川純 かと思ったよ。おっさん化が加速しているようです。

さてさて、今週の 三竹占い のゲストは、ショコタンこと 中川翔子

雑誌をほとんど読まないアタクシとしては、考えるヒトコマ (正式な番組名は『考えるヒト』なのか『考えるヒトコマ』なのか)あたりで楳図かずおタッチの漫画を見て、「へぇ~」と感心したのが最初か。
その後、故中川勝彦の娘とかいろいろと情報は入ってきましたが、一番の特徴はそのせっかちそうな語り口とマイペースぶりでしょうか。

三竹占いでは、泉谷先生の占いの結果で「自己チューすぎてチューできない」とか言われていましたが、確かにあのマイペースっぷりは注目すべきかもしれない。
マイペースといえば聞こえは良いけど、あそこまでいくと傲慢とさえ言って良いと思う。
番組の構成上、泉谷先生の占いを全否定するわけにもいかないので、編集などで無理やりその方向にもっていかれたりする回もありますが、今回は本人が占いの結果に納得していないようでも、かなりそっち方向へ進んで行っちゃってました。
「ギザ○○ス」から始まって、「最近はまっているものはコスプレですね」まで。
さすがにさまぁ~ずがベテランの味を発揮して、「穴にインス」「チュロス」など爆笑しましたが、深夜枠とは言え大丈夫かと心配するような内容。

中川翔子の傲慢さは、実は「空気を読まない」感じにあるのかも知れない。なげっぱなし。
特に大きな声で主張するわけでなく、分かってくれない人を否定するわけでなく。

考えてみれば、最近、傲慢な人には人気者は多い。人気者と言うのか視聴率を稼ぐ人いえばいいのか。
もちろん、傲慢と思える反面、ある種の可愛げを持ち合わせているのだが。
そういう意味では中川翔子は侮れないのかも知れない。

ということで、しょこたんぶろぐ

政治家などは傲慢な人ばかりだけれども、やっぱりテレビに良く出る人は変な可愛げがありますね。
亀井静香なんて名前だけだったけれど。

健全か不健全か

ダンドリ。 が、安くなっているような気がする。こちらの要求が高くなっているだけなんでしょうか。まぁ、夏の青春群像物もずいぶん続いているので、ネタ切れぎみなのかもしれない。どこかで見たようなエピソードが続くなぁ。これなら ウォーターボーイズ の再放送とかやらないほうが良かったんじゃと思わなくもない。
床のささくれでケガをしてしまった加藤ローサのためにヤスリがけするカルロスと榮倉奈々。って、プール掃除してたほにゃららみたいな展開だったり。成績が落ちたと親から責められる森田彩華とか。ふむー。
どうにも、カルロスと国分君が出てこないと面白くない。
ま、今週は加藤ローサ回だったので、見てしまったわけですけど。

どっちかって言われれば、深夜の ダンドリ娘。 のほうが面白い。
ちょっとHな妄想が引き起こすドタバタコメディですが、素直に笑えます。
健全か不健全かということではなく、高校生らしさでいえばダンドリ娘。のほうが高校生らしいよなぁ。

高校野球も佳境に入って面白くなってますけど、見習えよ、高野連。