照れ屋さん

改編期に入ってスペシャル続き。どうしても雑記になっちゃいますね。

銭形金太郎 自給自足体験・・・大自然究極ビンボーバトル超豪華秋の3時間SP
自給自足ビンボーさんのシリーズ(?)は好きなんですよね。金銭的にはビンボーだけど、そこに縛られない価値観を持っていて、実践しているところはうらやましい。梅宮辰夫が言っていたけれども「リッチですね」ということか。
だけど、現実ということもあるのか、番組に出てあわよくば賞金をなんてのも好き。まぁ、達観しちゃってる人も多いですけど。
そのまま、ドキュメント風に演出しちゃうと、結構、感動的な番組になってしまうと思うけど、ぎりぎりのところで踏みとどまっている演出も好きです。
そういう意味では、VTR明けのホリケンのコメントは貴重だよな。

爆笑問題の大バク天! リターンズ!!
あいかわらず馬鹿な実験とドミノで。
志村君は志村動物園からかなぁ。加藤茶も出演してヒゲダンスやってたし。
ふかわりょうもあいかわらずのポジション。最後のドミノはふかわの車が解体というオチかと思ったけど、ドカベンへの枕でした。そこの裏切り方もあいかわらず。

ヘルメスの悪戯
番組はなかなか面白かったです。劇団ひとりの提案が伊集院光の発言でまともになっていく様は笑えたし。
でも、冒頭の「携帯ゲーム機ヒット」→「脳トレブーム」→「塗り絵ブーム」→「色鉛筆売り上げ向上」というVTR明け、大橋アナが「三菱鉛筆がウホウホ」って。「ウハウハ」だろ、そこ。三菱鉛筆の社員が「ウホウホ」言っている図を想像してしまった。インタビューに答えてたのは女性だったのにね。

さんざんベッキーの夢を見ているわりには、ちっちゃい頃から見ている(もちろんテレビでね)ためか、あまり女性を意識することもないんですが、このCM は、女性らしいですね。バラエティが主な活躍の場なので、CMやドラマでは違った面をたくさん見せて欲しいものです。

さて、あまり好評とも思われない引用シリーズ。

 私は―駄目な人間です。
 何故? 何故と尋かれてもねえ。
 そうですねぇ―そう。何をやっても目が出ないんです。目が出ないどころじゃない。やること為すこと裏目に出る。落ち目と云うのはこのことです。
 可笑(おか)しいですか。
 巫山戯(ふざけ)てるわけじゃあない。え? 希望?
 そんなものはありませんよ。希望。希望ねえ。耳触(みみざわ)りの好い言葉ですよ。私には関係のない言葉だ。
 私は人間の屑(くず)ですよ。塵芥(ごみ)だ。屑に夢を見る資格はないでしょう。そうですよ。十分に承知してますよ。強(し)いて云うなら―そう、人並みに生きられればそれで好いですよ。別に大望はない。
 なかったですよ、最初から。
 ああ。それでもね、勘違いしていた時期もあったんです。自分は人並みだ―否、人並み以上になれるんだと、そう思ってた頃もあったことはあった。柄になくね。勘違いですよ。勘違い。いい面の皮ですよ。その挙げ句にこの為体(ていたらく)ですから。大笑いでしょう。可笑しいですよ。笑ってくださいよ。

(略)

 何です? ああ、こんな態(なり)してますが―一応学校も―最高学府? まあ、そうですよ。出てますよ。役になんか立たないですよ学歴なんか。要は人間でしょう。人が駄目ならナニ学んだって糞の役にも立たないんですよ。良い見本でしょう。

(略)

 怖いですよ。死ぬのはね。
 まあ、未練がある訳じゃないんですけどね。こんな蛆虫みたいな人生には。愉しくもないし、辛いだけだし。怖いし。怖いんですよ。だから厭なんですよ生きているのも。怯(おび)えて生きているのは辛いですよ、そりゃあね。怯えて飯喰って怯えて糞して怯えて眠る―そんなにまでして生きて何になるんです? じゃあ死ねばいいだろうって顔してますね。ええ、死んだって生きたって一緒ですよ。
 でも死ぬのはね―怖いのは怖いですよ矢(や)っ張(ぱ)り。
 死んでしまうのはね。
 何故かって?
 何故でしょうかね。
 死んだことがないから怖いんでしょうね。

(略)

 私は地獄に落ちるでしょうからね。
 まあ―生きていたって地獄みたいなものなんですけどね。皮こそ剥がされないけれど。生き地獄ってのはこのことですよ。だから極楽に往けるんなら、今ここで死にますよ私は。
 未練? ないですよ全然。
 家族ですか? 家族ってほどの家族は居ませんね。女房―一緒に暮らしてる女は―まあ、居るには居るんですけどね。悲しむ? 悲しまないでしょう。こんなろくでなしが死のうと生きようと。
 いいんですよ。
 あんまり稼ぎが悪いものでね。叩き出されたんですよ。家をね。昼間ッからウジウジしてるものだから肚が立ったんでしょうね。この頃じゃ、まるでヒモみたいなもンだったですからね。嫌にもなるでしょうよ。だから今頃は、愛想も何も尽かしている筈だ。居なくなって清清しているでしょうね。こんな、頭の腐った男とくっ付いてたって良いことはないんだ。その方があいつのためです。
 私の方にも未練はないですよ。
 まあ私に未練があるとすれば―それは今の連れ合いじゃないですよ。前の女? そんな上等なものじゃないですね、向こうは洟(はな)も引っ掛けてくれなかったんだから。惨(みじ)めなものですよ。
 え? まあ惚れていた。惚れていたんでしょうね。
 その女ですか? 死にましたよ。去年。
 はい。死にました。死んでしまった。
 夏のね、酷い雨の日でしたよ。
 天の蓋(ふた)が裂けちまったみたいな雨だった。

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 京極夏彦 講談社文庫

ああ、ダメ男、とくにヒモ関係にはなぜか引っかかってしまうわ。

それにしても、今日のボクシング はジャブを撃つと減点になったりするのかね。
スポンサーサイト

忘れてました

また今度っ! と書いておきながら放置プレイ。秋ドラマのつづきでも。

10/14(土)21:00~ 日本テレビ系「たったひとつの恋」
綾瀬はるかと亀梨和也の身分違いの恋と、仲間たちとの友情を描く北川悦吏子脚本作品。
この枠だし、あんまりシリアスなものより明るい友情物語を期待したい。
子供向けの 白夜行 なんて感じだとツライかなぁ。
昔からある題材だし、どう現代的に描けるかが鍵ですか。

10/15(日)21:00~ TBS系「鉄板少女アカネ!!」
行方不明の父を探す旅に出る少女に堀北真希。
日曜劇場なので、父を探すというところが重要なファクターなんでしょうけど、メインは料理対決になるんでしょうかね。
日曜劇場にはホームドラマの温かさを望みたいところなんですけど、どう料理するかが見物かな。
でも、鉄板料理だしな。

10/16(月)21:00~ フジテレビ系「のだめカンタービレ」
大人気コミックのドラマ化。上野樹里主演。ってことで個人的に盛り上がる月9なんですけど。
月9はこんな感じで、コメディ-とラブロマンスを交互にやっていくつもりなんでしょうか。
笑えるといいなぁ。上野樹里も最近コメディー女優って感じじゃないし。

10/17(火)21:00~ フジテレビ系「役者魂!」
偏屈な役者のマネージャーに松たか子。CMは面白そうなので、期待大。
松たか子のコメディエンヌぶりはシリアスな作品でもさりげなく発揮されているし、シェークスピアにこだわる偏屈な役者に藤田まこととくれば不安感はまったくないです。
脚本も君塚良一。安さがなければ。

10/19(木)20:00~ テレビ朝日系「おみやさん」
ロッキングチェアじゃないところが気にかかるこのシリーズ。渡瀬恒彦、櫻井淳子のコンビも長いですね。
渡瀬恒彦が「おぼっちゃま」と呼ばれるのは笑えますが、櫻井淳子とのラブコメ(?)はさすがにもうツライものが。

10/20(金)20:00~ テレビ東京系「逃亡者(のがれもの)おりん」
テレビ東京の時代劇。ちょっと期待しちゃうあたりが歳なのかもしれません。「死して屍拾うものなし」
榎木孝明、宅麻伸と脇もしぶいのぉ。お正月の時代劇スペシャルに出演するのかしら。
時間的に色っぽい演出は期待できないなぁ。

10/20(金)21:00~ テレビ朝日系「家族~妻の不在・夫の存在~」
「熟年離婚」のシリーズ的な作品なんでしょうか。「妻の不在・夫の存在」とは意味深なサブタイトルですね。
竹野内豊と渡哲也が疑似家族を作っていくようなお話らしいですが、さて。

10/21(土)21:00~ NHK総合「魂萌え!」
おお、見事に出演者がおばさんばかり、と思いつつ、桐野夏生原作と聞けば期待は高まりますね。
「夫の急死後、夫の裏切りを知り新たな人生を切り開く決意をする」ということですが、夫の裏切りをどう知っていくのかがキモなのかな。ちょっとびびりつつ。

10/31(火)19:00~ テレビ朝日系「太閤記 ~天下を獲った男・秀吉」
ああ、真っ向勝負な感じの時代劇ですね。時間、早くね?
中村「毛利元就」橋之助、星野「大奥」真理、内藤「色々」剛志、村上「十兵衛」弘明と出演者は物凄く豪華ですね。

10/未定(木)21:00~ テレビ朝日系「相棒」
人気シリーズ第5弾。鈴木砂羽、帰ってくるの?
間違いなく見ると思いますけど、生瀬勝久も死んじゃったし、閣下も出てきそうにないしな。
強烈なキャラクター(悪役)希望。

いや、凄かったですね、電車男。北村一輝の演技を見ていて、最後にシャア専用になるかと思ったよ。アメ舐めて欲しかったなぁ。

分かる、分かる

マスクマンの年齢が42歳ということが発覚。しかもギターも弾いちゃったりしてたり。

とは、竹山先生。 のお話し。
番組内のコーナー「みんなのぶた」のヴォーカルに初参加した HALCALI のレコーディングに竹山先生と一緒にお邪魔したマスクマン。
レコーディング終了後に竹山先生から「マスクマンさあ、42歳なんだからHALCALIのサインとか貰うなよ。しかも、サイン貰ってる間、収録がお前待ちになったじゃねーか」と言われてました。
マスクマン、気持ちは分かるぞ。

HALCALIも、オープニング&エンディングの POLYSICS も結構好みなんですよね。「かっこいいradio体操」のストロングマシン2号はホントにかっこいい。
「デコチャリ卒業の旅」は夏の終わりとともに感動的なエンディング。
さて、来週は竹山先生から重大な発表があるようですが・・・。

今日は小学校からの付き合いの友人に数年ぶりに電話。メールでのやりとりはしてたんだけれども、話すのはホントに久しぶり。
「上の子が来年、中学入学でさぁ」と聞き、冷や汗やら脂汗が噴出す。
POLY6はないけれど、中古で手に入れたわけではないMONO/POLYはまだ動いているのよ。
ベッキー が夢に登場している場合じゃないよなぁ。
HALCALIに会ったら、サインは貰いたいけどさ。

そういえば、電車男 の毒男のスレってエルメスタンも見てるんじゃないのか?

匂わせて

夕方、テレビを点けたまま仕事をしていたら、NHKのアニメで「匂わせて、匂わせて~」というセリフが。
どうも育ちが悪いせいか、そういう場合には「嗅がせて」と言ってくれないと一瞬意味が分からないんですよね。
例えば「嗅いでみれば?」と言うときは「匂ってみれば?」となるんでしょうね。「匂ってみれば」と言われたら、なんか臭気を発さなければいけないような気になるんです。
NHKで使っているのなら普通に使われる言葉なんでしょうけど。

ちいさこべ ~若棟梁と九人の子~
昨今、変な事件も多く、難しくなってしまった親子関係を真っ向から描いているドラマです。
大火で両親を失った若棟梁が、同じく焼け出された子供たちを引き取り、親代わりとなって育て、育てられていく物語。
語り口はあくまで淡々としていながら、胸に響くお話しですね。
若棟梁の許婚奥菜恵と、「大留」の下働き上原多香子の関係も微妙に揺れて面白い。
火野正平も髪の毛あると渋いなぁ。

そこまで

世界バリバリバリュー に元F1レーサーのミカ・サロ夫妻が出演してました。ゴー・カートのサーキットを持ってるのは知ってたけど遊園地まであるとはなぁ。鈴鹿みたいだと思ったのは日本人だけかな。

ダンドリ。
榮倉奈々が足首のじん帯を損傷。隠して大会に出場しようとするも加藤ローサにばれる。加藤ローサは栄倉奈々をメンバーから外し、リーダーとしてチームを引っ張るが、他のメンバーから反発を買う。加藤の実家(神社)へ抗議に向かったメンバーはお百度参りをする加藤の姿だった。結束を固めるメンバー。
栄倉奈々の快復もなんとか間に合い大会に全員揃って出場。
最後は当然ダンスシーンをフルサイズで。踊りきって感動のエンディング。

あいだに国分太一と菅野美穂のエピソード、カルロスの帰国なども挟まり、全体的にかなり駆け足。
確かに、実際にフルサイズを通して踊るという緊張感や懸命さ、踊った後の出演者たちの感動は、見ているものの胸を打つものがあるけれども、「夢に向かって・・・」とナレーションだけで終わってしまったのは、食い足りない感じ。
「君に会えて良かった」はあったものの。余韻を楽しまなきゃいけないんでしょうけど。

栄倉奈々の松葉杖のつきかたがかなり気になったですけど、大丈夫なんでしょうか。怪我、悪化しませんか。

結婚できない男
国仲涼子にコクられるも気がつかない阿部寛。引越しが決まった国仲の部屋で、友人たちに仕掛けられたパーティー。国仲、阿部、夏川結衣3人で気まずい雰囲気の中、夏川の気持ちに気付いた国仲は「ポジティブシンキーング」と身を引く。
悩んだ挙句、「あなたとキャッチボールしたいんです」と、心情を吐露する夏川。数日後、違ったベクトルで返事をする阿部。ケンカになるが・・・。

こちらも、余韻を楽しむような終わり方でした。
ケンちゃんと阿部の関係性がすべてだったような気がしないでもなかったけど。
一人きりになってしまった阿部の描き方は丹念で良かった。さびしい・・・。
「自分や自分の大切な人が住む家の設計ができない」と言っていた阿部が夏川を自分の部屋に誘ったあとに、完成した家のモデルが。
「あなたがどーしてもって言うならいいですよ」と切り替えしてくれるような女性は果たしてこの世にいるんでしょうかね。

謎のホームページ サラリーマンNEO
最終回だと思っていたら、ラス1特別編があるようです。内容はよく分かりません。
「部長の親」やっと幸せになれたかと思ったのに、部長が隣に越してきちゃったよ。「だ、大統領!?」
「Re:」あぁ、やっちゃった。バリカン・・・。

特別編も楽しみ。

なんて公正な

WBC世界S.フライ級タイトルマッチ 暫定王者決定戦 川嶋勝重 VS クリスチャン・ミハレス

川嶋は第2ラウンドにダウンを奪うものの、その後は手数に勝るミハレスに押しきられた形での惜しい敗戦。
川嶋も力強いパンチが入っていてミハレスの身体の左側は真っ赤に変色。ミハレスの細かく回転の早いパンチもじわじわと川嶋のスタミナを奪っていく。一進一退の好勝負で、思わず力が入る。
判定も2人はミハレス、1人は川嶋と割れた。すべて1ポイント差。
判定も惜しかったんですが、なにより「負ければ引退」と表明していた川嶋の全力を尽くした戦いがもう見られないというのがとても惜しい。
そして、言葉を翻すことなく現役引退を正式に表明。

柔道ワールドカップでも思ったことだが、スポーツのルール(ジャッジ)は流動的に変化しているように思う。
日本はどうにも対応が遅れているように思えてならない。
とはいうものの、選手の戦いそのものの評価が下がるものではないが。

見方によっては、物議を醸した亀田興毅戦の逆のパターンにも見えるけど、別に異論を唱える必要も感じないのはなんででしょうね。

ひねくれてる

TOKIOの「宙船(そらふね)」、珍しくひねくれた歌詞だと思ったら、中島みゆきが作詞作曲してたのね。どうりで大地にどっしり足をつけた詞だと思った。ま、独自な視点から書かれている歌詞は、ひねくれてるとも取れるけど。

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー 最終回
90分スペシャルとはずいぶん奢ったものだ。視聴率も良かったようだし、下手な2時間ドラマを作るよりはいいんでしょうけど、フジテレビで映画『電車男』が・・・。

簡単に言うと、長瀬智也演じる暴力団若頭(27歳)が組を継ぐために組長である父親から出された条件は、高校生活をやり直し、卒業することだった。
韓国映画が原案ということですが、正体がばれてはいけない&青春学園ドラマという構図は古くからあるパターンなので、日本でもなじみやすかったのかも知れませんね。おくさまは18才とかさ。
最終回は、大団円というか青春ドラマの王道、涙あり、笑いありで締めくくられたわけですが、このお話しで他のパターンは考えられないし、良かったんじゃないでしょうか。
さっきまで晴天だったのに、いきなり稲妻が光って雨が降ってきて、半笑いになっても、まぁ、この枠だし。その後の妄想での、蒙古斑とかね。楽しいよね。

それにしても、香椎由宇まだ10代なのか。違った面が見られて面白かったけど。

違った面と言えば、今日の あっぱれさんま大教授 は、田端智子がゲスト。
猫の肉球のにおいを嗅ぐのが好き、というのは以前どこかで聞いたけど、鼻の穴に押し付けて嗅ぐとは思わなかった。
酒は、朝まで、しかも記憶がなくなるまで飲む、激辛(一味唐辛子)好きという思ってもみなかった一面が明らかに。
猫の脚を持って鼻に押し付けている姿はなかなかかわいかったけど。いや、実物はホントに可憐で・・・。

気がついたらイッちゃってたんです

ホームセンターに行かなくてはいけない用事があったので、みなとみらいのセキチューを目指して自転車で出かけました。
行く手に雨雲がどっさり見えたので、買い物を済ませたらすぐ帰るつもりだったんですが、みなとみらいに着くとすっかり良いお天気。ちょっと遠出しちゃおうかなぁって気にもなるもの。

で、1時間ちょっと後・・・。
鎌倉

鎌倉に来ちゃった。詳しくないんで良く分かんないけど、鶴岡八幡宮の横に出る道です。
先日の失敗があったので、鎌倉街道を走れば結構早く着くんじゃないかという読みもあったので行ってみました。
なんだか人が多いなぁと思っていたら、流鏑馬があったらしい。しまった、もう少し早く出れば見物できたかも・・・。

で、せっかくなんで、海を見て帰ろうと。
滑川

由比ガ浜から逗子方面を見たところ。つーわけで、R134で江ノ島へ向かう。
途中、サーフボードに立ってオールで漕いでる人を見たんだけど、アレはなんていうスポーツなんだろうなぁ。
江ノ島の全景も撮影したけど、セーブ忘れちゃった・・・。

不思議の島、江ノ島。ねこだらけ。人懐こいね。しゃがむとすぐにかこまれちゃう。
ねこ1
 
ねこ2

江ノ島は高校入学後すぐにクラスの親睦会で来たとき以来かな?
自転車で2時間かからないのに、新宿で待ち合わせだったよなぁ。まぁ、高校生が集団で自転車で走っている図も気持ち悪いか。

なんとか食堂。
食堂

テレビで紹介されてたのを最近見たぞ。そのおかげか、すごく繁盛してました。
海鮮丼だかシラス丼だかサザエ丼だかが名物と紹介されてたので、ちょっと食べてみようかと思って財布の中をみるとガーン。昨日、米と酒を買っちゃったんでした。小銭ばかり。これは無理。肩を落として歩く。

ま、せっかくなんで参道を。
江ノ島1

坂道を見て逡巡。自転車は漕ぐだけならいいんだけど、途中で歩いたりすると疲れが倍増するような気がする。

結局上っちゃったんだけどね・・・。
江ノ島2

左側にエスカーとやらがあるんだけど、トリミングすると結構風情があります。山門も立派。

と、山門をくぐると迎えてくれる弁財天様。
弁財天

写真では分かりづらいけど妙にピカピカしてます。数百年後には歴史ある文化財になったりするんでしょうか。

洗ってきましたよ、お金。
竜

お財布に浅草の仲見世で買った金の蛙が入っているんですけど、お寺さんと神社じゃ食い合わせが悪そうなので、洗ったお金はウエストバッグのポケットへ。
この龍もみょうにピカピカ。
あ、そうだ、みんな、鳥居をくぐる前は手水を使おうね。

スカイラブ・・・。
スカイラブ

不思議の島、江ノ島。なにゆえスカイラブ・・・。
「死ぬということは観光地化すること」と、わけの分からない言葉が頭の中でぐるぐるする。

その後は自転車まで戻り、ジュースを飲んでR134を逗子方面へ。鎌倉街道が楽なのは分かってたけど、まだ時間も早いし遠回りして帰ろうと思ったんです。R134を行ったり来たり。

葉山の地層。
地層

「鐙摺の不整合を示す露頭」という県指定の天然記念物らしいです。
もうちょっと左側を写さなきゃいけなかったんですけどね。

逗子駅前。
逗子駅

ここまで出てくるのにけっこうアップダウンを繰り返して脚にきてます。まだ、余裕あるけど・・・。
24号から16号に出て帰るつもりだけど、16号の坂道を思い出して、うんざりしつつ。

数10年前に友達が交通事故を起こした後に脳波検査した病院。
病院

もう完全に脚にきちゃって、理由をつけて休んでいる感じ。
途中、富岡あたりのローソンでも休憩したんだけどなぁ。
スクーターのおにいちゃんが発泡酒片手にローソンから出てきてそのままプシュって。世間がこれだけ飲酒運転で騒いでるのに、なくならないねぇ。
って、そんなことも他人事。脚がパンパンでした。

というわけで、初期の目標。
セキチュー

お買い物して帰る。ずいぶんと時間がかかったものだ。もうすっかり夜です。まだ、ここから20分くらいかかるんだよなぁ。泣きそうでした。考えたら全然座ってないんだよなぁ。

今日は、お風呂入って酒飲んで寝るのだ。
明日は、1日寝続けることになるのだろうか・・・。お疲れー、オレ。

なめんなよ(ほろ酔中)

いや、若手俳優のがんばりもベテランの余裕の演技も楽しめたんですけどね、カクレカラクリ

120年は長いわ。120年間そういう状況にならなかったという好意的な見方もできるけどね。
暗号なんて、作る人がいるということは解く人がいるんですよ。誰かが解いてくれるかもなんて淡い期待で暗号を作る人なんていないわけですよ。
誰が誰に何を秘密にしたくて謎を作ってるのよ。
ぬえのなくよは・・・って、暗号を作った人と読み解く人の間でおかしくなっちゃった人が恐ろしいんだよ。暗号自体は恐ろしくもなんともないんだよ。この世に不思議なことなどないのだよ、関口君なわけですよ。
両家の家紋に矢が刺さってるのに120年間誰も地図と照らし合わせたことがなかったんかーい。
しかも、それほど秘密にしたかった文書を、そのまま水車小屋に置いておく神経が分からん。見るからに上げ底の箱にしまわれてたし。暗号を解く前に箱の底がおかしいことに気づけよ。
テレビを見てる側が、箱が割れる前に気がついちゃったら、突っ込みたくもなるじゃないですか?
もう、なんていうか、栗山千明と星井七瀬と平岡祐太と山田孝之と鈴木杏と松本まりかと村田雄浩と平田祐香の競演でなんかドラマ作ってくれ、頼む。なんなら佐藤江梨子が探偵でもいい。

まぁ、そのあと西田尚美のウェディングドレス姿を見られたからいいか。

そういえば、本日はローソン限定でテレビシリーズ「スケバン刑事」「スケバン刑事・少女鉄仮面伝説」「スケバン刑事・少女忍法帖伝奇」の各・第一話を収録したDVDが発売されるのだった。
10月、11月には「桜の代紋」入りヨーヨーもバンダイさんから発売される模様。80'sヨーヨー、蓋の質感が。でも、超合金製なんですって。こりゃバンダイさんからしか発売できないや。
第一話ではなかったものの斉藤由貴が皮ツナギ姿でバイクから飛び降りたシーンを、"数年後"「イモムシのようにゴロゴロと転がる姿」と評されたのは内緒の話しだ。
まぁ、でも蟹江敬三の渋かったことよ。仮面ライダーのおやっさんのごとく、バイオニック・ジェミーのゴールドマン局長のごとく。

♪ああ、私の身体をー、駆け巡るー、バイオー・ニックのーパワーがー、わたしをー、ふふ、ふふふふぅーん♪うろ覚え

寒いよ

ホットウイスキーのおかげで、早く寝付けたのはいいけど、あまりに寒くて咳き込みながら目が覚めてしまった。というかいつもは起きてる時間なんですけどね。おかげでケータイ刑事銭形泪の再放送が見られたけどさ。
ところで、寝ているときに気温が下がると咳き込むのってワタシだけですか? 体質なのかしら。しばらく眠れなくなっちゃうんだよなぁ。

TVBorsに新ドラマ速報が出ていたので、感想なんかを。

10/10(火)22:00~ フジテレビ系「僕の歩く道」
僕の生きる道僕と彼女と彼女の生きる道 につづく"僕"シリーズ最終章、ということですが・・・。
この手の話しは苦手なんですよ。特にドラマは。
ぎりぎり ピュア あたりで。
アルジャーノンに花束を もドラマはダメでした。数十年前に読んだ原作でさえ涙しながら読んだものです。今だったら号泣ですよ。年寄りの涙腺をなめんな。
ということで、初回を見てから。火曜日10時枠だしね。

10/11(水)22:00~ 日本テレビ系「14才の母」
志田未来が主演だ、と喜びつつ、うわぁな題材。
さまざまな人間愛を描くにはとても良い題材なんですけどね。
描き方によってどんなお話しにもなりそうなので期待半分不安半分。女王の教室のようにストーリーのほとんどでツライ目に遭うヒロインは勘弁して欲しいけど・・・。

10/12(木)20:00~ NHK総合「慶次郎縁側日記3」
慶次郎シリーズ第3弾、でいいのかな。ゲストで見たり見なかったりなので把握してないんです。
でも、高橋英樹は 殿様 以降、断然庶民派の役がいいですね。そういえば、殿様は最後まで正体不明だったんでしたっけ?
新・桃太郎侍は打ち切りだったのかのぅ。あたり屋の女の子の衣装はやりすぎだと思うけど、じゃどうすりゃいいのよと作り手側の立場で物をいうのもどうかと思う。でも、善戦したと思うけどなぁ。池波先生も無限に作品があるわけじゃないのよ。
あ、そうそう、安達祐実も出演。出産後、出産前? NHKはその辺の判断が難しい。


10/12(木)21:00~ テレビ朝日系「だめんず・うぉ~か~」
藤原紀香、山田優というキャストは面白いかも。
といいつつ、キャストが面白そうという期待を裏切られることも多いこの枠。今クールはいかがか。

10/12(木)22:00~ TBS系「嫌われ松子の一生」
演技派、内山理名主演。映画のプロモで散々聞かされてしまったお話を映画とは違ったアプローチでどう描くのか。
まぁ、風俗嬢になったりするらしいので、吹き替えで蒼井そらとか。蒼井そらファンのみなさんすみません。

10/12(木)22:00~ フジテレビ系「Dr.コトー診療所2006」
あ~、キャストが変わってないのは安心できますね。
タイトルの「2006」とか安易な感じが萎え萎えな気分にされますが。
前作に変わらぬハートウォーミングな物語を期待したい。
柴咲コウ のinvitationのCMは凄かったなぁ。
しゃがんだ後姿で紙飛行機を飛ばすシーンから始まるわけですが、その後姿、髪型、肩の筋肉のつき方でハートを鷲掴みされちゃうんですね。「お、誰だ?」と。
で、歌声と顔で「おいおい」ってなるんですけど。うまいね、どうも。

10/13(金)22:00~ TBS系「セーラー服と機関銃」
赤川次郎のネームバリュ-って今どうなんでしょう。作品としては、確かにインパクトがあると思うんですけど、長澤まさみに相米演出を演じさせてみたいとかなんとか、関係ないところのエゴを感じてしまうのはトシのせいか。ちょー!!
高校も卒業しちゃったことだし、どちらかというと「二代目はクリスチャン」が見たかったと思うのもトシのせいか、ちょー!!

10/13(金)23:15~ テレビ朝日系「アンナさんのおまめ」
白鳥麗子でございます! などで知られる鈴木由美子の人気漫画をドラマ化、らしいです。
ああ、彦麻呂もこの頃は役者をやってたんだよな~。宝石箱や~。
ま、ベッキーが主演なら何やっても許すし。この枠だしね。

そういえば、このあいだ夢を見てね。
横浜ベイクオーターで、ベッキーと竜雷太と3人でテラス風のところで飯を食ってんですよ。そしたらさぁ、20代に在籍していた会社の先輩が「向こうで皆集まってるのにお前一人で何楽しんでだよ」って呼びに来るんですよ。
ベッキーと二人きりならともかく、竜雷太も一緒なんですよ。しかも、ケイゾクあたりの竜雷太、いや、QUIZ くらい怖い感じの竜雷太。
そんな竜雷太も同席なのに、なんで責められるのか分からないまま、竜雷太とベッキーから「行くなら行けよ」的な視線を浴びつつ、その会社の元同僚、諸先輩がたと合流するんですけど、「何しに来たの?」という視線を浴びるを受けるワタシ。
うなされながら、目が覚めました。
どなたか夢診断してくれませんか?

ああ、トシを取るというのは何かを失うことなの? ちょー!!(しつこい)
何かをリスペクトして作られた作品を模倣して作られた作品はこれほどまでに白けさせる物なのか。いや、演出の問題か。
キャストはワタシ好みなのになぁ・・・。
いや、カクレカラクリね。

続きはまた今度っ!