ポスト

役者魂 最終回
今この時代に、言いたいことは良く分かるドラマだったんですけど、ちょっと焦点がぼけてしまったのが残念。
ユーモアの部分とシリアスな部分が渾然一体となってしまったのがもったいなかったかも。もっとメリハリがあると良かったのに。
挿入歌と主題歌が時に無理やり差し込んでないかと思えるところもあり。

浅草ふくまる旅館 1/8(月)TBS系20:00~20:54
下町人情物語って感じなんでしょうが、キャストをみると地味に期待してしまいますね。
こちら本池上署 の旅館版的な話しでなければいいなと。大塚ちひろもでるでよ。

というわけで、昨日に引き続きぼんやり考えていたこと。
ポストさとう珠緒は誰か?
ほしのあきが本命だったんですけど、気がついたら夏川純がすぐ後ろに追いついてきたという感じ。
ええ、でもまぁ、相武紗季と夏川純目当てに Happy!2 を見たけどね。内容については言及しない。
スポンサーサイト

新キャスト

風林火山 1/7(日) NHK総合 20:00~20:45
云わずと知れた井上靖の名作のドラマ化。とはいえ、キャストが渋すぎ。山本勘介が主人公だしな。渋めでも良いんじゃないでしょうか。
池脇千鶴が出るね。また三条夫人とは不遇な役どころですね。脇役陣は芸達者ぞろい。とはいえ、渋い。

そういえば、今年の初めにこんなのもあったね。

テレビ朝日の午前中の時代劇で「三匹が斬る」の再放送が便利に使われてます。一回だけ「新・三匹が斬る」を放送したかと思えば「また又」だったり。
そろそろ、新シリーズでも考えてみてはどうか。近藤マッチ先生主演のヤツはなかったことにして、新キャストを考えてみました。

殿様(高橋英樹)→高島政宏(桃太郎侍の実績を買って。そういえば2002verで弟が…)
千石(役所広司)→沢村一樹、または佐々木蔵之介って感じはどうか。
たこ(春風亭小朝)→春風亭昇太(春風亭つながりで)、または動けるデブでパパイヤ鈴木、田口浩正なんかいいかも。ここが一番難しいね。

ぼんやり考えてみました。

クリスマス

それは、愛の名の下に嘘をつき放題の日・・・。
と、ひねくれた物言いをするワタシはおでんと焼酎のお湯割りで夕飯を済ませましたとも。

これからしばらくは新ドラマと今年書き漏らしたことなどをちょっとづつ。

花より男子2(リターンズ) 1/5(金)TBS系22:00~22:54
昨年秋に放送された人気ドラマの続編。このところ再放送もされていて期待の高さが伺えます。
井上真央もこのドラマでブレイクしたと言っても良いかと思うし、ワタシも期待してます。
新キャストとして、加藤夏希が道明寺の許婚として登場。さて、ヒールとしてブリブリいわすのか。

新垣里沙がいい感じですね。ポッキー やら タウンワーク やら。
ポッキーは楽しげに踊っておりますが、見ているこちらも楽しくなります。タウンワークは、まぁ、喫茶店篇とでもいいのでしょうか、あの不発ギャグ(?)連発に何の意味があるのかは分かりませんが、あまり上手とは言えないお歌がかえって救いに。

花嫁は厄年ッ! を再放送でじっくり見てみたらおもしろかった。食わず嫌いは損ですね。
矢部浩之の関西弁も不自然だけど、小沢真珠しか福島弁を話さない(しかも後半、わざと訛っていたことが判明)こともかなり違和感があったんですけどね。
岩下志麻は年齢に関係なくカワイらしい。

海外ドラマ

NHK ERX
ロマノ先生死んじゃった。最も悲惨な死に方ではないか。
イヤなヤツだったけど、あの毒舌が聞けなくなるのは寂しいです。
天才的な外科医として登場、その後出世を続けるものの不慮のヘリコプター事故で左手を失い、失望の日々を送る。
つないだ左手のリハビリ中に「なんでもできる」と意地を張り、自宅でお茶を入れようとして、コンロで神経の通わない左手を燃やしてしまうのは衝撃的だったなぁ。
それを機にリハビリを断念して、切除手術を受けたのですが、もっと頑張って欲しい気もしてました、個人的に・・・。
屋上から落ちてきたヘリコプターの下敷きに。人生は喜劇か。
ロケット・ロマノのかわりにカーター先生は帰ってくるのか。

CSI:4 が今週から放送開始。
第3シーズンの最後に手術を受けたグリッソム主任。どうなったことやらと気を揉んでいたら、「あら、バイブが聞こえるの?」あっさり回復。てっきりキャサリンを後継者にするために厳しく指導しているのかと思ったのに。さすがに海外ドラマ一筋縄ではいきません。
NY篇のDVDも気になるところです。

でんでんででんでん

風邪気味の上に腰痛が重なり、先週は何に対してもやる気がでなかった。今週になって上向いてきたし、今日は知人がイベント(?)を開催するというので見学へ。港が見えちゃう丘を自転車でゲロゲロ上り、会場でまったりすごして、さて帰るかと外を見ると本降りの雨。おお、丁度良かった、太り気味だったから無駄な体力使えるぜ。
帰宅と同時に上がる雨。ちょっと時間は遅いけど、雨に濡れた衣服を洗濯しようと思ってたわけだし、ほんとオレってツイてるー。

太閤記 天下を獲った男・秀吉
なかなか好評だったようで最終回は2時間スペシャル。時代劇は嫌いじゃないんだけど、ここまで王道で攻められるとちょっとツライものがありました。
テレビ朝日の午前中に忠臣蔵の再放送をやっておりますが、こちらも同じく王道のパターンで、主人公に抗うものはことごとく「悪」という描き方がどうも、ね。
時代劇というよりは偉人伝みたいなんだよね。
そういえば、橋之助は毛利元就でも霊的な感じで終わってたなぁ。

というわけで、雨に濡れて寒かったのでお酒を頂きましたが、飲みすぎで頭痛が・・・。
今日の懺悔。


体調悪し

風邪かと思いつつ、一人暮らしのわびしさよ、風呂掃除でブラシがけで腰を捻っているときにくしゃみをしたら腰でイヤな音がした。間の悪いことに、法事などあって寒いお寺さんで長い時間読経を聞くことに。いや、もう、ダメです。

いつもは法事には車で出かけていたのですが、今回は初めて電車で実家に。そのせいもあって、お酒を頂くことになったのですが、なんかどす黒い自分が露呈。なんだろ、体調が悪かったせいだろうか。単なる悪酔いってヤツ?
本来、恨み言は親に言うことではないと思っているわけですが、なんだか陽気に語ってしまったわぁ、やーねー。

というわけで、自戒の念を込めて引用。

 ひとつだけはっきりしているのは、年をとるごとに、人生はどんどん複雑になっていくということだ。いままでは世の中そんなに捨てもんだじゃないとおもっていた。ラスベガスに住み、保険会社の調査の仕事をたまにひきうけ、チコといっしょに気楽に暮らしてこられた。
 結構毛だらけだった、ほんと。パーフェクトとはいわないが、元女房とその子供たちとの日々を考えたら、十点満点で八点はつけられるだろう。
 だが、おれは世界のからくりを知っている。幸福度が八点になると、神様はかならず天罰をお下しになる。七点までなら、おとがめなし。ところが八点になると、赤ランプが点灯し、サイレンが鳴り、人々は窓ごしに石を投げはじめる。

愚か者のララバイ ハヤカワ・ミステリ文庫<HM111-7> ウォーレン・マーフィー 田村義進訳

元来、ペシミストに生まれついてしまったので、八点から七点に落ちるときに零点に落ちたのだと感じてしまうのが問題なのではないかと思うわけです。

だめだ

お気楽なCMの話しでもと思っていたが、ニュースを見ていたらなんだかもう。どうなっちゃうの?

防衛庁が防衛省に
これは必要かと思ってったんだけど。でもなぁ。
自衛隊法も同時に改変。そんなに議論されたとも思えないんだけど。
イラク派遣と同等の装備で海外に出て行くのね。もう、国会を通さなくても良くなっちゃったってこと?

高市沖縄担当相、領土問題で世論の後押し必要
無関心な人も多いので、関心を持ってもらうための活動は必要だと思うけど。
だけど、学校で教育するってのはどうなんだろうか。
学校関係者から「時間がとれない」と意見が出ると「教育基本法が変わるので」と答えたそうだけど。
えーっと、世論を教育で操るために教育基本法は改正されるってことなんでしょうかね?

環境税見送り
ほぼクラシックカーと言って良いような車に乗っている身としては、解せないことばかり。
環境税ってガソリン代に上乗せするつもりらしい。見送りであって廃案じゃないのよ。
古い車にのっているので毎年自動車税にグリーン税とか言って数千円上乗せして払っているわけよ。
で、今度は環境税。加えて、道路特定財源の余剰金は地方にばら撒こうってどういう考えだよ。頭の悪い。
地方は地方でトップが談合汚職。なんなんだ。

非核三原則について
議論したいヤツは核実験を自分の裏庭でやると宣言してからにしよう。

ああ、今日は風が強くて漕いでも漕いでも自転車が前に進まなかったから、捨て鉢になってるんだな。
HMVのインストアライブを見に行くのだけで大汗かいちゃった。