日記

ひとつ年上のいとこが急死。本日、お通夜に参列させて頂いた。

人付き合いの苦手なワタクシのことゆえ、祝儀不祝儀の席でしか顔を合わせることもなかったが、10数年ぶりの再会がこんな形になるとは想像もしなかった。

聞けば、親子でツーリングに行くためバイクを発注し、その納車の日の早朝のことだったという。

無念だったことと思う。

いつか酒を酌み交わすこともあると思っていたのだが。

わが身を振り返ると、まぁ、悔いなく生きるようにしようと語尾が曖昧なる体たらくぶりで・・・。

スポンサーサイト

八つ墓村?

このところおバカタレント発掘番組になってしまっている クイズヘキサゴンII ですが、しゃばけ の番宣で、妖怪の特殊メイクと振り袖姿で出演した山田花子に向かって、司会の島田紳助が「八つ墓村!」とツッコんでました。

まぁ、ツッコミなんてものは、見ている人がパッと頭に浮かぶような言葉を使えばいいんだろうけど、「八つ墓村」→「横溝正史」→「振り袖」→「悪魔の手毬唄」ってかえって遠いよなぁ。
「たたりじゃ~」のお婆からの連想なのか?

そういえばこの番組からは、おバカユニット「pabo」なんてデビューしちゃってますが、「熱血!平成教育学院」の平山あやなどはどう思っているだろうか。



ちょっといい話

暴れん坊ママ

子役の澁谷武尊は天然パーマなんだろうか。
違うだろうなぁ、なんだか哀れだなぁと余計なことが気になってしまう。
上戸彩は元気で型破りな性格という役が増えてきましたね。しばらくこの路線で行くのかしら。

火曜の夜9時にチョットいいお話をという方にはオススメか。

しゃべらない

医龍2

坂口憲二は独特の雰囲気も持ってるし嫌いじゃないんだけど、セリフ回しがちょっとなぁ・・・。と思ってたけど、朝田医師は口数も少ないし、険しい表情だけなので気になりませんね。

設備、スタッフに乏しい病院に飛ばされ、現代版赤ひげといった趣きもあるんだけど、外資=悪役という図式はもうそろそろ飽きてきたなぁ。
内田有紀はのちのち善玉に変わっていくんだろうけど。

岸部一徳は面白いなぁ。