大晦日スペシャルその6

【 来年の目標 】

GM音源(AUプラグイン版)の入手

シングルスピード(ピストにあらず)の自転車の入手

豊川稲荷へ一度はお参りする

毎日靴下を履く

寝るときは、おやすみタイマーじゃなくキチンとTVを消す

一所懸命やる

がんばらない

欲求に正直になる

理性を保つ

犬をなでる

猫もなでる

自分でそう思えるくらいはちゃんとする

スポンサーサイト

大晦日スペシャルその5

ショートネタお笑い番組とクイズ番組
まぁ、もういいんじゃないんですかねぇ。
漫才からコントという流れも見えてきたし。コントをダイジェストでお送りされてもねぇ。
アーティスト気取りの芸人はどうも信用できない。しなくても問題ないけど。

クイズ番組もどんどんおばあちゃんの知恵袋的なものが増えていきますね。

モデル系番組
なんだろう、あの胡散臭さ。
この番組 でいうところのウェッサイブームくらい胡散臭い。わかりづらいたとえ。音楽とファンションは切り離せないとは言え。
メーカーの製品をオススメするという、モデルの仕事としては正しいのかもしれない。

AC(公共広告機構)
リーマンショック以降、ACの広告が増えているような気がするのは気のせいか。特に深夜。

紅白歌合戦の番宣
ちょっと度が過ぎていて、Perfume のポリリズムは食傷気味。Dream Fighter に曲目変更してくれないかなぁ。
もしくはリニアモーターガールで。
生放送の上、NHKのことなので、おかしなカット割りされて、ダンスの面白さが伝わらないという結果に終わるのではと危惧してみる。

大晦日スペシャルその4

今年気になったものを列挙

仲里依紗
ハチワンダイバー でメジャーになりましましたね。映画 にも主演。

堀田理紗
記憶力の衰えを隠せないこのごろ、昨日の深夜番組でバニーガール姿でアシスタントをやっていて気になったのでした。
なんとなく仲里依紗を連想させたのですが、事務所が同じなんですな。

加藤ローサ
夏あたりにワタシの夢にご出演以来、気になってしょうがない。一過性かもしれないケド。

田代さやか
バラエティ番組で、下ブルマ、上ビキニになっているのを見て、ビックリ。
公式サイトの投げやりな作りに、またビックリ。

磯山さやか
水戸黄門のレギュラー出演は茨城出身だからなのか?

鮎河ナオミ
激走GTでレポーターをやっていた頃から気になっていたのですが、シンボルずでへろへろ踊っていて面白かった。セレブと貧乏太郎にも出演していたようなのだが・・・。

谷村美月
月9にも出演してましたが、キャットストリート が良かったですね。
年賀状のCM を見ていたら、アイコ十六歳 の富田靖子を思い出した。自転車つながりか、イメージ貧困。

女子の話ばかりですな。
まだまだあるけど、一年間ブログ更新を怠っていたツケを大晦日に払おうとしてもそうはいかない。
とりあえず女子編ということで。


大晦日スペシャルその3

最終回

ドラマの最終回を見逃し続けた。
陽炎の辻、オー!マイ・ガール!、流星の絆、などなど。
陽炎の辻は平日午後3時台に再放送してください。NHKの人。1月3日にスペシャルがあるけど。
大体、NHK総合の平日午後3時は、ポワロかホームズかマープルか腕におぼえありか天晴れ夜十郎をやっとりゃいいんですよ。(暴言)
あ、たまに第一容疑者とかもお願いします。

流星の絆はきっと深夜に再放送してくれることでしょう。

オー!マイ・ガール! は、まぁ、しょうがあるまい・・・。

それにしても、相棒の亀山刑事さようならの回を見逃したのはかえすがえすも。
寝台特急カシオペア殺人事件は、映画公開前にも再放送していたので、27日には「レベル4前後編」でお願いしたかった。
レベル4前編も、総集編のインサート版(?)とは各所違っていたので、細かくチェックしたかったし。

明日の元日スペシャルが楽しみだわ。


大晦日スペシャルその2

その2はスポーツについて。

K-1 WORLD GP

ひどかったですね。
決勝の「こんなところに2度とTVで見せてはいけないものがいたとは」もひどかったんですが、キレイどころの配置が、もう良く分からない。

藤原紀香(人妻)、東原亜希(人妻&妊婦)、西山茉希(唯一独身なれど、特定の選手に肩入れして、結果に大泣)。
いやはや。
ある種のゴージャス感を出したいのは分かるけど、もうそろそろ人選を考え直しても良いのでは。


WBCフライ級タイトルマッチ 内藤大助×山口真吾戦

試合は文句なしに面白かった。
バッティングでの出血やダメージもなかったし、日本人同士らしい意地のはりあいは胸に響くものがありました。
非常に分かりやすかったけど、クリンチはもう少し多くても良かったかなと思います。
殴り合いも良いのですが、そういうテクニックもみたかったというのが正直なところ。解説陣は褒めてましたが・・・。

ところで、TBSのアナウンサーはどちらかに肩入れしないと実況できないの?


KEIRINグランプリ

永井選手が早めに仕掛けたときはうそーんだったのですが、アテネ五輪銀メダリストの井上選手が追い込んで優勝&賞金王。
個人的には小嶋選手(39歳)に勝って欲しかったのですが、引いてたしなぁ。


石川遼史上最年少一億円プレイヤーへ

才能のある選手ということは分かるんだけど、賞金額を云々しても。
景気で変動しそうなので、あまり騒いでもしょうがないなぁって感じです。
まぁ、すごいことではあるけれど。勝利数とかランキングのほうが重要かなって思います。
来年は、この不景気でどうなるのかって感じでしょ?
あまり大騒ぎして、つぶすのだけは勘弁してほしいです。

あと、ハニカミ王子って呼ぶのはもうやめてあげて。


卓球

福原愛の熱愛報道・・・・。


年末・年始のスポーツバラエティでトップアスリートたちが色々なゲームをやっているのを見るとヒヤヒヤしていけません。
トークバラエティぐらいにしてくれませんかねぇ。



大晦日スペシャルその1

この時期のTV番組みたいに、大晦日スペシャルと銘打って色々在庫整理。

その1は、ケータイの中の写真を。

近所の野良猫。春先に摂った写真。陽だまりで毛づくろいしていたところを失礼して。

hana#2 ダラーン。 警戒心ゼロ。

hana#01 ちょっとナニ見てんのよ。

野良だと思って「はなくそはなちゃん」と呼んでいたのですが、その後、首輪姿を見かけるようになって、最近ではすっかり見かけなくなってしまいました。家猫になってしまったようです。

続いて、来年からレギュレーションが変わるF1。
今年は外出する機会が少なかったのですが、たまに遠出(?)するとF1マシンに出くわしました。

マクラーレン マクラーレン。品川駅に展示。ビカビカ。


トヨタ トヨタ。秋葉原のヨドバシにて。


どこのレースでの仕様なのか書いておいて欲しいと思うのはわがままなんでしょうかね。
ホンダ撤退は、いまだに信じたくないなぁ。二輪はどうするんでしょー。


魔改造一旦終了

数年かけて我が愛車のMTBをコツコツ改造していたのですが、このたびフロントフォークの交換を終えてひとまず、終了。

これで、フレーム以外のパーツは全て入れ替えたことになりました。
自分で組み立てる方針だったのですが、フロントフォークへの下玉押しの圧入だけは専門店にお願いしました。
色々とネットで調べて組み立て工具なども自作してみたのですが、先駆者のみなさんのものとはサイズが違っているためか、どうしても上手くいかず。

昨日の午後、ぽっかり時間が空いたので、行ってきました東戸塚のサイクルベースあさひ。
東戸塚は初めて行きましたが、うーん、縦方向に方向感覚が狂う町ですね。
ダイエーの2階は西武の何階になるんじゃ、うじゃうじゃ、とオーロラシティをうろつくことしばし。
ダイエーにたどり着いたものの、また店内がいびつな形で・・・。

やっと見つけましたよ、自転車屋さん。
さすがダイエーの中にあるだけあって、ファミリー向けの自転車が並んでいます。
自転車通販では有名なお店ですが、実際の店舗はこんな感じなんですかね。

受付でパーツを預けると、圧入自体はそれほど時間は掛かりませんが、ただいま立て込んでいますので、30分ほどお時間頂きますとのこと。
年末だからか、パンク修理で忙しそうです。

というわけで、店内を再びうろうろ。
ワゴンセールでCDを売っていたので、物色。

30分後、お店に戻ると丁度、圧入の作業が始まるところでした。
やっぱり専用ツールでガンガン叩き込むだけなんだよなぁ。
税込み525円を支払って、終了~。
片道210円の電車賃をかけてやってきたのに、なんだか悔しい気分。

しょうがないので、先ほどのCDワゴンセールで目をつけていたEcho&The Bunnymenのベスト盤とやらを380円で買ってみる。自分へのクリスマスプレゼント・・・、なのか。

まぁ、なんだか良く分からんが、世間のクリスマスな雰囲気も実感できたし、3時間足らずでしたが、良い1日だったかな。

帰宅してフォークを取り付け終わって、ふと、最近は自転車に乗る時間も少なくなってしまったので、サドルをコンフォータブルタイプのものに替えるくらいにしておこうかと思ったり。
や、まだ弄るんかい。

ホンダF1撤退

ホンダF1撤退 を発表。

各TV局もニュースで取り上げていたけど、撤退理由に「経済環境の悪化」を挙げていたり、米ビッグ3の公的支援のこともあり、経済ニュースとして扱っていたので、ガッカリ。
もう少し、スポーツ的な側面から見ても良いニュースだったんじゃないかと思いますが・・・。

思えば、佐藤琢磨がトロ・ロッソのテストを受けたあたりから規定路線だったんじゃないですかね。
セカンドチームや、エンジン提供先の必要がなくなる来年のレギュレーション、さてワークスはどうするかという中での選択ではないかと。

確かに最近のホンダのブランドイメージとF1が結びつかなくなっているのも事実だけど、ホンダのエンジニアは「高出力エンジンを作るには、どう燃料を効率的に燃焼させるかが課題になる。効率的な燃焼は量産車に応用すれば高燃費につながる」と言っていたので、F1=高次元の技術の応用という形で継続させて欲しかった。

ウィリアムズが2009年の 暫定マシン をシェイクダウンしたものの、うーん、これは見慣れるのだろうか。
タイヤ幅や車両全幅規定のときも「いやいや」と思ったものだが、これはちょっと・・・。

ちなみに エンジン供給権はコスワースが落札 した模様。
エンジンサプライヤーでいいから残ってくれないと思っていたけど。

FIAが以前から、自動車メーカーのワークスチームばかりになると、経済状態の変化でF1の存続自体が危うくなると危惧していたのは、さすが。
まぁ、それを受けての来年からのレギュレーション変更だったわけですが。

なんかもう、ロータスとか帰ってきてくんねーかなと思ったりもします。