遠いところへ

小阪由佳が遠いところへ

「アキハバラ@DEEP」以降、期待してたんですが。
事務所とマネージャーがしっかりいれば。



スポンサーサイト

まんまやないかーい!

先生「そんな乱れた服装での全体集会への参加は認めんぞ。」
生徒「じゃー、出ませーん。たりーし。クスクス」

という先生と生徒の心温まる会話を想像させる國母選手の今回の騒動。

1)着崩し方が、男子中高校生の校則違反並みだった。
2)記者会見での態度が、これまた校則違反を注意されてふて腐れた男子中高校生並みだった。

人は見た目で判断しちゃいけないとはいうけれど、見たまんまだったという。

エクストリーム系は若い競技なので仕方ないかなとも思う反面、オリンピック日本選手団の一員という自覚が一切ないというのも困りもの。
とくにマスコミ対応の悪さはプロ選手としてもどうかと思うけど。

その競技では日本でトップの選手なんだろうから、その自覚だけは持っていて欲しいところ。
さもないと、選手育成やら強化費用が、蓮舫議員に「金メダルじゃなきゃダメなんですか」って、仕分けられちゃうぞ。

入村式自粛のニュースと関連映像を見て、冒頭の先生と生徒の会話を想像してしまったんですが、監督も競技のこと以外に、修学旅行の引率の先生みたいな役目まで背負わされて大変ですね。


ところで、ワイドショーなどを見ていると、非難側と擁護側にコメントが割れることが多いのは、やっぱりメダルを取ったときのための伏線なんですかね?


おろかな男は、やすむのにさえ、へまをする。(太宰治 道化の華より)

内容は太宰治とは無関係だけど、たまにはリンクくらい貼らないとアマさんに怒られちゃうわ。
道化の華

途中で詰んで投げ出してあったゲームのプレイ動画をネットで発見して「なるほどー」となって以来、プレイ動画とゲームを行き来する数ヶ月。
ふと気がつくと、今度はその間に届いたPCソフトのバージョンアップ版を投げ出していた。
こりゃイカンと、さっそくバージョンアップ版をインストール・・・。

Mac用ソフトのバージョンアップ版なのですが、DVDが6~7枚あり、インストールに数時間かかる。
「ま、いいや、ゲームでもやりながら」と思っていたところ、意外なトラブルが。

単なる憶測なんですが、システムバックアップにTime Machineを使っていて、これがインストールの最中に起動してしまって、おかしなことになった模様。
→ファイルのコピーを完了できません。
悪いことに、同じHDD上にパーティションを切って、データバックアップも取っていてこっちもおかしく。
→こっちは自分の操作ミス。

修復に丸2日かかりました。

それで、「おろかな男は、やすむのにさえ、へまをする」なんですが、そもそも土日がつぶれたってだけで、休みとか休みじゃないとか・・・、ぢっと手を見る。

おお、太宰ではじまり啄木で終わる。
文学的。