タイムスケジュール

色々あってテレビ番組も自分のタイムスケジュールも読めません。
HDレコーダーも録画予約転げまくり。自宅警備もグルグルしっぱなし。

ということで、恒例の最終回シリーズと思ったのですが、色々ありすぎるので簡単に総評。

プロファイリングものが多かった今期のドラマ。
堅実な作りだったのは、「ホンボシ」だったですかね。

「LADY」は、あの犯人が黒い影で再現される表現が名探偵コナンみたいだったし、主人公が犯人の行動をたどって「ファンタジー」行き着くところはガラスの仮面かと思った。あの捜査法、別に犯人が憑依するわけではないでしょう。
演出家がマンガ好きだったか。

「CONTROL」は、はじめに犯人が大体推測できてしまうのはいいんだけど、その後、教授の分析に驚きが少なくて残念でした。
割り切ってコメディ路線に振ってしまったほうが良かったかも。
だから横山君は頭悪そうな役のほうが似合うだって。

「デカワンコ」最終回はどうしてしまったのか。好評につき急遽追加されたのか。
まぁ、多部ちゃんのヘン顔を楽しむ番組だったですかね。

「水戸黄門」は、良い方向転換をしました。見やすくなったなぁ。林家の結婚はテメー・・・な感じでしたが。

「隠密八百八町」大河ではない時代劇枠の廃止ということで、ベテラン勢で有終の美を飾りたいのは分かるケド、館ひろしが40代の役ではちょっと・・・。内容は面白かったけど。
土曜ドラマかドラマ10枠で、たまに時代劇やってくれねーかのお、NHK。歴史上の人物以外が主人公の時代劇が見たいのよ。

「相棒」映画とのカラミが多かったなぁ。ドラマ本編に関係ないところが多かったけど。見てない人を置いてきぼりにしない配慮はあったとは思うけど、官房長がらみの話はね。

「最上の命医」どうかなぁ・・・、と思いながら見てましたが、これがどうしてなかなか。手術シーンはうーむなところもありましたが、総じて楽しめた。
患者さんの名前が結構いい加減で笑った。
映画版桐生先生が帰ってきたー、わけではなく。
泉谷しげると陣内孝則は「CONTROL」でも一緒に出てましたね。

「四十九日のレシピ」良く出来たお話で。IMOTOとTOMOMI、そこに気がつかなかったとは。
野波麻帆のDQN母の演技と水谷八重子の姑っぷりに泣く。
ハルミがもう少し立つともっと良かったかも。


そういや、月9は見なくなったなぁ。三浦春馬も戸田恵梨香も嫌いじゃないんだけど。
トシなのかもねー。
スポンサーサイト