秋ドラマ その1

HUNTER‐その女たち、賞金稼ぎ‐

CA辞めるまで、ながっ!
退職勧告→妹の失踪&借金取り立て→バウンティ・ハンターまで、ながっ!

あげく、犯人とすれ違うという偶然で見つけ出すあたり、ちょっと・・・。

一度、顔を見たら忘れないという設定が、面白いだけに惜しいね。

堀内敬子の家庭事情と山口紗弥加の失踪の原因あたりがこれからの肝か。

コメディパートは戸田恵子らに任せておいたほうが良さそげだけど・・・、米倉涼子。

なんでもかんでも子役を出すのは、そろそろ考え直したほうが良いかと。
これから活躍するんじゃろか。

柄本明の正体も気になるけど、ラストマネー の最終回とどちらを見るかと聞かれれば、やはり後者かな。

スポンサーサイト

夏ドラマ 最終回8

ドン★キホーテ

わ、忘れてた・・・。

ロケ地が近所ということもあり贔屓目ですが、面白かったのよ。

人格が入れ替わるというのは、ありがちな設定ですが、コメディの設定としては成功してたかと。
これがないと味気ない話になってかもね。

成海璃子、市川実和子、紺野まひるは屋上握手なキャスティング。

ヤクザ、児童相談所、子供という設定なのに泣きに走らなくて良かった。

とはいえ、暴対で再放送が難しくなったりしないか心配な昨今の状況。
何事も塩梅が大切。



夏ドラマ 最終回7

荒川アンダーザブリッジ

サブカルか・・・。

映画の宣伝にしては、内容が違うようだし、難しいところ。

主に女子成分に惹かれて見ていたわけだけど、桐谷美玲は、アレか、リズム感悪いのか?
有坂来瞳、阿倍なつみあたりはお久しぶりだったけど・・・。

文学的表現とギャグの狭間で・・・、サブカルか・・・。

夏ドラマ 最終回6

ブルドクター

死者の声を聞く人多くね? と思ったけど、チーム・バチスタだけだったか。
ここのところ監察医、鑑識モノが増えていたからか。
まぁ、監察医不足が社会的に認識されてきたってことですかね。

江角マキコらしいキャラクターの法医学者でした。
ブルドクターの名前の由来って、結局ブルドーザーだったの?
なんかひねりないの?

石原さとみは色っぽくなったなぁ。コッコアポ。
セリフ回しも独特な感じになりそうで、面白い。

稲垣吾郎が最後にいいヤツになるのは予定調和の安心展開。
引っ張りすぎかと思うけどね。

家庭と仕事の両立ってヤツは、やはり必要な要素だとは思うけど、子供がワガママ言う→事件解決→子供が8割方折れて抱きしめ合うって展開はいるかのかなぁ。
事件解決後に折れるなら最初から言うなよ、子供。
両立って感じしないし。

最後に市川亀冶郎が「いい旦那をやってるのツライっす」でキレて、すったもんだ。
市川亀冶郎の舞踊が見られたので、サービスの一環か。
趣味の歌舞伎でストレス発散って。日本舞踊くらいにしといたほうが現実味があったんじゃ。

この辺の家庭の事情は、事件に絡めたほうがスッキリしたかもしれない。

そういえば、志田未来は前歯矯正しないなぁ。そろそろマジメに考えたほうが良いぞよ。

夏ドラマ 最終回5

新・警視庁捜査一課9係

うむ、今回も遠藤久美子回があって良かった。

井ノ原・中越の恋人関係以外にも、渡瀬・中越の親子関係も修復の兆し。
畑野ひろ子も復帰して、人間関係のドタバタも賑やかに。

津田寛治の出戻りは、「本当にそんなこと可能なの?」と違和感があったものの、吹越満とのやりあいがないと寂しいから、不問に付す。


夏ドラマ 最終回4

絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~

急に「組織改編」とか言われても・・・。で、慣れるまで4話くらい掛かりました。

本家(?)コールドケースでは鬱展開になりがちなところを上手く回避していたので、前シリーズは嫌いじゃなかっただけにちょっと惜しい。

潜入捜査の「ばれるか、ばれないか」のハラハラ感は希薄。
描写はあったけど、なんだろう、あの揺るぎない安心感。

前田亜季ゲスト回の事件解決後の切なさが丁寧に描かれていたので、そちらが主眼だったか。
後味は悪くなっちゃうけど。

上戸彩が潜入するなら、キャバクラとかさー、サービスがあっても良かったんじゃない。

夏ドラマ 最終回3

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

第2シリーズからバチスタは関係なくなっちゃったけど、伊藤淳史+仲村トオル=チーム・バチスタという認識でよろしいか。

「栄光」の手術室という特殊な空間での犯罪を暴くという内容から、病院内、病院と警察と範囲が広がっていくのはダイ・ハード的。
まぁ、面白いんだけど、密室で現在進行形で犯罪が行われているかも知れないというハラハラ感はなくなって残念。

BOSSの吉瀬美智子の「ハガネの女で~」と言って、初回去っていくような演出は流行りなのか。
こちらでも名取裕子が劇中ドラマ「法医学教室のアリアドネ」を見て、自身の主演作「法医学教室の事件ファイル」の設定を言って長期出張。鶴丸検事になってしまった。最終回に帰ってきたけどね。

伊藤淳史が撃たれて救急に運び込まれ、加藤あい、TKO木下が前シリーズから引き続き出演は、嬉しいサービス。