ステマ

なんだか、ネット掲示板でよく見るようになった「ステマ」。

このあいだ「オワコン」の意味が分かったのに。
流行り廃りが早すぎるよ。

「食べログ」の件とかテレビニュースで取り上げてたりしたので一般にも広まっているのかも。
アレ系はたまに外に飲みに行くときに見たりしますが、基本、ビールの値段しか見ない。大酒飲みの貧乏人なので。
味オンチなので、つまみは定番のものしか頼まないし、ビールの安いところへ行けば、お財布にやさしい。

それはさておき、「ステマ」のことですが、真面目に考えると、流行っているのは分かるんだけど、何でもかんでも「ステマ」で片付けるのは感心しない。
商品や事象に対しての肯定的な意見を「ステマ」で片付けちゃったり攻撃しちゃうと、すぐそこに不自由が待っているような気がするのね。

寛容さが肝要。
なんつて。




スポンサーサイト

春ドラマ その4

白戸修の事件簿

2話完結なのか、残念。30分ではしょうがないですかね。

解決篇がまだなので、なんとも言いがたいところもありますが、初回はそこそこ楽しめた。
まぁ、次の展開を固唾を呑んで見入るような内容でもないのでお気楽に。

今クール、ダメ探偵が多いですね。どっちがオフビートなのか。

本郷奏多は、悪相になってきて今後楽しみ。
最初テレビで見たときは、首据わってないのかと思ったけど。

中村静香は、今のところ、この時間帯の必要条件か、味付け程度。

QTXェ・・・

QuickTime のソフトウェアアップデートのお知らせが来たので、気軽にポチッたら、おい、Pro機能が根こそぎ無くなってるじゃねーかっ!
インストールの前に知らせてくんねーかな、もう。


MacOSX Snow Leopard、Lion の場合、QuickTime10(QTX)とは別にQuickTime7(QT7)がインストールできるようです。
詳細はアップルのサポートページで。

インストールしたら、もう一回Proのコードを入力すればok、って、いきなり使えなくなるとは思わないから、メモどこだぁ、ゴルァ で半日つぶれる、アホか。

QT7のインストール先は、アプリケーション>ユーティリティ です。
粗忽者は、アプリケーションフォルダだけを見て、インストールされてねーじゃねーか! とイラっとしたりします。


WindowsのQTも7.7.1のアップデートが来ていたので、まんまとポチる。
くっ、ムービーをエクスポートしようとするとエラーがっ!

以前のバージョンをインストールしようとすると、新しいバージョンが入っているからヤダとか言われる。
ハハハ、こやつめ。
しょうがないので、アンインストーラーで、7.7.1をアンインストール。
で、7.6を再インストール。
ProのコードのメモはMac版のときに探しておいたので、「編集」メニュー>設定>登録で入力。

あれ、おかしいエクスポートできないぞ・・・。WEB用のエクスポートはできるけど。
エラー43=マルチバイト文字の関係かと思ってファイル名を変えてみたけど、ダメ。


エクスポートはMac版で対応できるので、再アップデートして様子をみることにする。
うぅぅ、なんじゃこりゃ。







春ドラマ その3

運命の人

南極大陸 に続き、またしても大作。
個人的には日曜劇場枠でやらなくても良いんじゃないかとは思います。
テーマが重いし、沖縄の基地問題の先が見えていない現状、相当気をつかわなくてはいけない内容な気もするし。
原作に従っている限り問題なし、とか考えていそうで怖いんですけど、TBS。ベイスターズ売却の恨みは忘れない。

で、主題が重い上に、男女のドロドロが絡んでくるとなると、日曜の夜には、どうも食指が動きづらい。

政府要人の名前がちょっと改変されていて、豪華俳優陣がその人物をどう演じるのかは興味深いんですけど。
なによりカワイコちゃん分が少なすぎるんだった。

市川亀治郎と香川照之は、今年一年、同枠で交互に出演とかなのか。


聖なる怪物たち

こちらは完全にドロドロ系。
医療関係者や教育関係者、いわゆる聖職者たちが代理出産をめぐってドロドロし始めちゃってます。
サスペンス的要素が強くなるんでしょうか。

初回、冒頭で死んじゃった妊婦は鈴木杏なんでしょうか。予告篇で金を積まれてたけど。
テレビドラマでは久しぶりーって感じでしたが、即死状態。

冒頭にショッキングなシーンを持ってきて、「○年前」「○ヶ月前」とか時間が戻る演出はあまり好きじゃないんだよなぁ。
結局、そこに向かってどう展開するかって話になってしまうので、よほど波乱万丈な内容じゃないと数話飛ばしても、飛ばした箇所を脳内補完できたりするし。大作感はでるんだけど。
「運命の人」もコレでしたね。

中谷美紀の大物感がすごい。もう「大女優」って言われても違和感ないですね。
渡辺いっけい、出まくりだなぁ。「ステップファザー・ステップ」でもいい味出してるし、こちらでもいわくありげな役どころ。
あっと、「ストロベリー・ナイト」でも、陰険な管理官役やってます。

勝村政信の「はやくしないとしんじゃうよ~」は、流行っても良い。


妄想探偵~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活~

初回ということもあって、登場人物のバックボーンが分からず困惑。
桜庭ななみは、なぜ段ボールハウスに住んでいて、いつも仏頂面なのか。
倉科カナは、なぜいつも含み笑いなのか。
佐藤隆太がダメ男だということだけは分かった。

升毅のシーンや段ボールハウスの縮尺とか、小ネタ系なのかと思うところもあるけど、表がドタバタ系のコメディなので、とっちらかってしまった印象。

ダメ探偵が最後の推理までダメっていうのは スタンリー・ヘイスティングズ 好きのワタシとしては、好みなんですけど。

人物設定が分かってくると面白くなってくるかしら。まぁ、今後に期待。

深夜の割りに、サービスは少なめ。ラクロス部の着替えシーンはあったけれども。


春ドラマ その2

最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~

サブタイトルの「エンディングプランナー」、言葉遊びなんだろうけど、リアルな葬儀屋さんはどう思ってるんでしょ?

内容的には、家族の問題を抱えながらも、新米の葬儀屋さんが故人の生前の謎を解いていくという感じでしょうか。
遺留捜査 の葬儀屋さん版、もしくは ゴースト~天国からのささやき~ の幽霊出てこない版。おっぱい分も足りないけど。

ホームドラマの側面があるためか、テンポはゆっくり目。その分、謎があっさり解けてしまう印象。
ホームドラマ部分は伏線がありすぎて、今のところゴチャゴチャしてます。後半、各回で回収という感じになりそうですね。

榮倉奈々は、CMのバカボンみたいな自然な演技でいい感じ。


ラッキーセブン

フリーターというかヒモか? の男が、探偵事務所にスカウトされて・・・。

初回のファイトクラブのアクションシーンは力が入ってました。
ドラマ内ドラマの「私立探偵★真壁リュウ」もCSで配信するとか。
金があるところにはあるんだなぁ。それとも、金がないから合同で番組作ってるのか?
でも、あいかわらずキャストも豪華ですね。

瑛太選手、飄々としてて面白い役。
中身は全然違うけど、俺たちは天使だ! を思い出しました。リメイク版じゃないほう。
松嶋奈々子はブーメランを投げたりしないけど。

舞台が、また、北品川だ。
あったかくなったら見に行こう、と思う。あったかくなったら。


恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~

うーむ、ワタシの好みではないかも知れぬ。

仕事に家庭に頑張りすぎる主人公が、恋愛によって人間的に成長するお話。
って、室井滋が劇中で説明してた。

番宣で「恋愛コメディー」といっていたんですが、仲間由紀恵の演技にそれらしきところは垣間見れるものの、ストーリーとしては真面目な路線。
当然、男女7人 あたりを思い出すわけですが、今更といった感じもあり。
最初は室井滋に頼まれて仲間由紀恵にアタックしていた男性陣も、終盤なんとなくその気になってしまうあたりもファンタジー。
結局、登場人物にこれといった欠点がないところが・・・。

初回、時間延長はなかったほうが良かったかも。詰め込んでいたわりに、ちょっと間延びした感じ。




春ドラマ その1

デカ黒川鈴木

あっと驚くトリックではないものの、時間帯と尺を考えると、なかなか侮れない。

主人公が奥さんに貧乏生活を罵られて気絶、「靴紐解けてますよ」でゴロリはお約束になるんだろうか。

田辺誠一はコメディづいてますが、この路線で行くんでしょうか。
小池里奈とのコンビで、明智君の続編も見たいものだが。


ステップファザー・ステップ

あら、面白いわ。

上川隆也は義賊っぽいぞ。
幼少期の回想シーンはいらなかったなぁ。その後の子供との会話で想像できたし。
水戸黄門の後番組なので、親切設計。
とはいえ、ウチの老人たちはビエラのHDDレコーダーの操作ができないぞ、パナソよ。

伊東四郎は悪徳(?)弁護士役。平清盛の白河法皇とはずいぶん違いますよ。
伊東四郎がドラマに出ていると「ニンッ」を期待しちゃうんだけど、コメディでもやってくれないなぁ。

平山あやがまともな役で。おバカキャラも卒業。

渡辺いっけいと須藤理彩が良いコンビ味。


ストロベリーナイト

1話完結だと嬉しいんですけどね。

小出恵介がいわくありげ。
目の前で襲われた女性を救うことができずトラウマ、いまだ刃物に恐怖心がってところでしょうか。

宇梶剛士が姫川班まとめ役の刑事役。
うーん、悪党をやっててください。


ハングリー!

前半の天才現るは説明的でちょっと・・・でしたが、後半テンポが上がって面白くなってきた。
稲垣吾郎とのライバル対決といった漫画的方向でいくんでしょうかね。

向井・ゲゲゲ・理と瀧本・てっぱん・美織、国仲・ちゅらさん・涼子、宮地・まんてん・真緒のキャスティングって悪ノリか。

実はオーディションに受かってましたは早々にありそうだ。

川端要がおバカ役でおいしい。


ティ-ンコート

剛力彩芽のめがね成分が・・・。

肝心の法廷シーンは今週ですが、前編は楽しめました。
さくっと謎を残して来週につづくのテンポも良かった。

前田美波里を掃除のおばちゃん役とは贅沢な、と思ったらちゃんと裏の顔(?)があるんでした。
やけにヒントめいたこと言う。


ダーティー・ママ!

永作博美が、子連れで捜査しつつ検挙率No.1という敏腕刑事役。
香里奈が、永作博美の相棒というか、ベビーシッターとして呼ばれた新人刑事。

永作博美が、はぐれデカをやっているかは謎。
たぶん、解き明かされない謎。

永作博美の衣装がどうもやりすぎな感じがして・・・。
服装に構わない、という風に見られるように頑張っている人の服装、にしか見えない。高そうだし。
あれかなぁ、スポンサー様とかそういう?

永作博美には、警部補 の続編もお願いしたいんですけどね。


13歳のハローワーク

大作ではないけど、面白いかも。

古田新太の割れた時計に、チンピラ→刑事の秘密がありそうですね。

桐谷美玲の塾講師、いくらなんでもあそこまでアクセサリーじゃらじゃらで教壇に登る講師はいなかったんじゃ・・・。
まぁ、バブル時代も引きこもっていたワタシは、現実を良く知らないんですけどね。

古書店の息子→東京03角田は違和感なくて笑った。


Mac mini MID 2007(A1176・MB139J/A) のHDDをSSDへ交換する(写真なし)

PCを新調したので、これまで活躍してもらっていた Mac mini MID 2007 をテレビにつないでDVDプレイヤー兼、インターネットでの簡単な調べ物用に使用していたのですが、テレビを見ながら、「あれ? これってなんだっけ?」とネット検索しようと電源を入れても、よる年波、起動している間に、番組の内容に思考が流されてナニを調べようとしていたか忘れてしまうということがしばしば。

というわけで、HDDをSSDにすれば起動時間が短縮できるじゃんと、なんでも金で解決しようという結論に。
歳を取るということは、自身の機能低下に対して投資しなければならないことと見つけたり。
見えない(老眼)、食えない(歯周病)、聞こえない(老聴)・・・、どんどん金がかかるようになるんだなぁ。

で、まぁ、ネット検索すると、たくさんMac mini 改造を紹介しているページが見つかりましたので、参考させていただいたページと、困ったことや失敗などを備忘録としてまとめておきます。
ちなみに、OSはMacOSX 10.5 Leopard です。


作業手順としては、

1)HDDのクローンコピーをSSDに作る。

なんか、これとか使えば簡単そうじゃね?
http://www.lacie.com/silverkeeper/

2)Mac miniを分解してHDDとSSDを交換する。

ドライバー(ねじ回し)はあるし、ヘラがあればできるんじゃね?
http://homepage.mac.com/milehigh/milehigh/mini/01_macmini/macminiopen.html

ほら簡単、と考えていたんでした。


準備したもの。
SSD: Crucial M4 CT256M4SSD2
ヘラ: 100円ショップで購入


で、現実。

1)SSDをフォーマット
参考にさせていただいたページ
http://tokyo.secret.jp/macs/format.html

SSDをSATA-USBケーブルでつないで「ディスクユーティリティー」でフォーマットして、GUIDパーティションを作成。


2)SilverKeeper でHDDをクローンコピー       をあきらめる。
参考にさせていただいたページ
http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-240.html

試してみたところ、コピーの最後のほうでパーミッションエラーが出て、コピー出来ないファイルがあるよ、終~了~。とか言われる。
rootアカウントを作って試してみるも、やっぱり同じ。
最後のほうでエラーが出るので、数時間費やす。
うーん、設定が悪いんだろうけど、試行錯誤を繰り返す気力がなくなり、SilverKeeperをあきらめる。
年寄りは気が短い。

※もしかしたらUSBでつないでいるのがダメだったのかも。FWなら?
 アプリケーションフォルダにコピーしないで、ディスクイメージの中からSilverKeeperを動かせば良かったか?
 などと考えましたが、試してません。


3)ターミナル.appを使って、コマンドラインでクローンコピー
参考にさせていただいたページ
http://www.maruko2.com/mw/MacOSX起動ディスクの完全バックアップとリストア
 こちらのページ後半、「コマンドラインを使う方法」を参考にさせていただきました。
 ※↓下記理由から、ディスク起動したので、コマンド「sudo」は省略。

HDD起動で、ターミナル.appを試すものの、何だかSilverKeeperと同じようなエラーが出ている模様。
なので、MacOSXのインストールディスクから起動して、「ユーティリー」>「ターミナル...」でターミナルを起動する。

コマンドラインなので、アプリを使うように途中経過の詳細は確認できないです。ある程度コピーが進むと . が順次表示されますが、USB接続なこともあって、もしかしたらハングしてるんじゃね? と思うほど遅い。
FW接続の外付けHDDから中身を抜いてHDDケース化しているものがあることを思い出して、コピーを途中終了して、SSDをFWケースに突っ込んで、同じ手順でコピー開始。
年寄りは気が短い。

なんとかコピーが完了したので、参考ページの内容に従い、BootXを作成、SSDを起動ディスクに設定して再起動。

できたよ、できたよ、起動できたよ。

途中、MacOSXのインストールディスクを探し出したり、えーい、クリーンインストールしてから環境移行してしまえ! とOSをインストールしたら Tiger 入れちゃったよ、などなど、ブレブレの行動を含めて、ここまで12時間。
年寄りは気が短いのに。

以上、不器用というより粗忽者のやらかすこと篇。
以降、不器用者がやらかすこと篇に続く。


4)Mac miniのケースを外す
参考にさせていただいたページ
http://homepage.mac.com/milehigh/milehigh/mini/01_macmini/macminiopen.html

ヘラを使って爪を外す。ヘラの厚みが足りなかったか、爪が外れる前にヘラが曲がった。
ゴリゴリやってるとベキベキ言いつつ、底面が浮いてくる。一安心。
三辺を同じように浮かせて無事取り外し完了。

※無事取り外し完了とか言ってますが、取り付け時に爪が2箇所折れていることに気がつく。
 ベキベキ言わしちゃダメなのか? 力加減は最後まで分からず。
 G4/400グラファイトを使っていたとき、本体のフタの1本しかない爪を折ってしまった不器用モノは、16本ある爪の2本くらい気にしない。うぐぐぐ。


5)中身を取り出す。
参考にさせていただいたページ
http://homepage.mac.com/milehigh/milehigh/mini/02_intelmini/intelminiunit.html

こちらのページで紹介されている手順で問題ないはず、だったのに・・・。
AirMacの基板を取り外しておいたのですが、ケースから中身を引き抜く際に基板から出ているケーブルが排気口(?)の角に引っかかり、基板+ケーブルがボロっと。おっと、どこにつながっていたかワカラネー。ほら、あぶら汗が出てくる展開。
たまたま、BGMがワーグナーだったので、あぶら汗倍増。

ケーブルの接続先をネット検索してみるものの、今ひとつ確証を得られず、AirMac問題は置いておいてHDD交換を進める。
この国の年寄りらしく、難しい問題は先送りするのであった。


6)HDDとSSDを交換
参考にさせていただいたページ
http://homepage.mac.com/milehigh/milehigh/mini/09_intelhdd/intelhdd.html

こちらはネジを外して、HDDをSSDに交換、ネジで取り付けただけなので特に問題なし。
SSDを取り付ける際に、光学ドライブとの隙間から定規を差し込んでSSDの水平を取ると取り付けやすかったです。
ネジ穴がちょっとずれているようでしたが、ネジ止めしていると正常位置に収まりました。

光学ドライブを取り外したほうがHDDの交換そのものは作業し易いかも・・・。
取り外し&再取り付けの手間は分からないけど。


7)うっかり外してしまったAirMacのケーブルを元に戻す
参考にさせていただいたページ
http://blog-tbl-old.blogspot.com/2008/02/intel-core-2-duo-mac-mini-memory.html

色々と検索してみて上記ページにたどりつきました。このページのがばぁと本体を開いている画像にAirMacのケーブルと接続先(AirMac Extremeカード? の上側の端子)が写ってました。
カードを止めているネジを外すと、カードの片側がビョンと跳ね上がって抜けるようになります。
カードを引き抜いて、はめ込んでみるものの上手く入らず。
テレビのアンテナ端子の微細版みたいな構造になっていて、中央の凹凸がかみ合っていないようでした。
ラジオペンチでケーブルの端子の外側を整形しつつ、数回挑戦したところ、パチっと音がしてはまったもよう。


8)起動確認
取り外したケーブル類を元に戻すわけですが、これが細かくて難儀しました。往きは良い良いってやつでして。
爪切りしなきゃ良かった。
結局、ピンセットを使って元に戻しました。うーむ、できるだけケーブルは外さないほうが良いかもしれない。

その後、念のため、ネジ止めとケースにはめ込む前に起動を確認しました。
いや、起動しなかったんですけどね。
ディスク起動して、「ユーティリティー」>「起動ディスク...」で、”内蔵”SSDを起動ディスクに設定して再起動。

できたよ、できたよ、起動できたよ。

ついでにAirMacの動作も確認。問題なさそげ。やっと、あぶら汗が引く。


9)ネジ止めとケースはめ込み
1本だけ長いネジがあるので、そこから止めようとして失敗。ネジを斜めに落としてしまい、ガワにはまってしまいました。
内部ユニットを再度はずして、ネジ穴の反対側から押上げて取り出す。
4本のネジをネジ穴に入れてから内部ユニットを取り付けたほうがやりやすかったです。
黒のガワに黒のネジなので、視認性が悪くてしようがないというオマケ付き。

で、あとはケースをメキョメキョっとはめ込んで完了。
ここで、爪が折れていることに気がついたわけです。


10)結果
電源ボタンを押してから、16秒弱で起動するようになりました。よかったよかった。
16秒記憶が持たなくなったらどうしよう。


大勢の方々がMac mini改造についてWEBにレポートを上げていて下さり、大変助かりました。
ネッ広。

長々書いてきましたが、すべて「個人の感想です」ってことで。
保証は受けられなくなりますので、「Mac miniの改造は自己責任でねっ!」


うっかりついで

うっかりついでに昨年に引き続き今年の富士山写真。

富士山2012

雲に隠れて良く分からないす。
地震もあったようだし。


しまった!

あけちゃいました。あけちゃった早々、色々やらかす。

1)毎年、大晦日にサイコンをリセットして新年に備えていたのですが、うっかり忘れる。
 そして、そのまま初詣に出かけてしまう。うぐぐ、新年早々オドメーターが・・・。

2)ドラマ「11人もいる!」のカフェ「陽だまり」は、北品川あたりがロケ現場? と思い、初詣ついでにうろついてみるも発見できず。
神木隆之介が自転車に乗っているシーンで 月の輝く夜だから に出てきた橋が背景にあったので、近所だと思うんだけど・・・。追跡調査が必要か。
ワタシの頭の中では、「月が~」のラーメン屋と、「陽だまり」は割と近所にあるイメージだったりするのです。
岸谷五朗とか田辺誠一がうろうろしてる旧東海道。

3)初詣帰りには旧東海道をだらだら流します。
 で、鮫洲あたりでバーバー桑原の店先を見ていくのが習慣なのですが、今日はお店を見逃してしまったよ。


うっかりミスが多いな。今年のテーマか。