アイドル雑感

あいかわらずAKB関連は話題作りに余念がないな。

恋愛禁止に関しては、親御さんから大事な娘さんを預かっている事務所から預かっているわけだから、厳しく管理されてもしょうがないよね。
まぁ、事務所によって考え方が違うらしいけど、同じグループ内でアイツは良くてコイツは悪いじゃ統制とれないものね。

とか思ってたら、プロデューサーがサジ投げそうになってたり。
ホントに余念がない。


サンミュージックが満を持してお送りするアイドルユニット さんみゅ~
老舗事務所だけあって、しっかりした顔立ちのメンバーが多いことよ。

で、なんで岡田有希子のカバー? 禊は済んだのか? 逆か?
しかも、元気いっぱい踊るとか。なぞ。

老舗事務所の深謀遠慮、素人には計りかねる。



E-girls が歌う、月9 ビブリア古書堂の事件手帖 のED曲、なんで羽賀研二のカバーなの?


スポンサーサイト

ドラマとかなんとか

そんな事裏のまた裏話って、タイトルに掛かってるのか・・・、やっと気がついた。


最高の離婚 、 今のところ、男性陣がめった打ちなんですけど、一々身に覚えがあってどうもイケナイ。
特に瑛太センシュに向けられた言葉が泣けてくるほどイタイ。
反面、ぼっちで良かったとか思ったりもしますが。

まぁ、現実、瑛太や綾野剛ほどイケメンなら我慢できんじゃねーの? ほじほじ的なことも考えたり。
我が身を顧みて、鏡を覗くとコリャぼっちだわと思う今日このごろ。

そのイタさは笑いの中にあるので、面白いんですけどね。


まほろ駅前番外地

映画ほどシニカルじゃないけど、面白いですね。

便利屋の名を借りた探偵物ですかね、バディ物で。
傷だらけの天使 に似てるかも知れませんね。
うーん、でも、深夜だし、もう少しエロスというか、お色気成分を足しても欲しかった・・・。

主人公二人の独特のキャラクターとテンポ感が良いです。

にしても、瑛太センシュは良く主演で2作も・・・。


塚原卜伝

塚原卜伝伝。
鍋のふたを取ってエイヤッ、武蔵参りましたのおじいちゃんの印象しかないんですけど、堺雅人が演じる若き日の塚原卜伝、さわやかだわぁ。

毎回、立ち合いもあってサービス満点です。
あの独特の太刀筋は、ホントの鹿島の太刀なのかしら。