あぁ、そうだ問題

Macで一番良く使うソフトのアップデータが、Lion以降にしか対応しないと言い出し始めた。

あぁ、そうだ、Lionへのアップデータは入手済みだった、そろそろ切り替えるかと、Rosettaで立ち上げてるソフトを確認すると、これがまた、使用頻度は高くないけど、なきゃないで困るシロモノ。

あぁ、そうだ、このソフトはハイブリットだったんだ、windowsで使えばいいや、と思ったら、windowsはまもなくサポートが終了するXP。

あぁ、そうだ、以前、HDDと一緒に買ったwindows7があったわと、互換性を確認したら、windowsで一番使用頻度の高い、別のソフトの互換性に問題ありとか言われる。

以降、
HDDを買ってwindows8の32bit版を入手すれば→windowsを動かしているVWをバージョンアップしなきゃいけないだった。
現在使っているSnow LeopardをVM化して実機をLionに→Snow Leopardはライセンスの問題でVW化できないんだっけ?


・・・なんだか、考えることに疲れてきた。


よろず占い処 陰陽屋へようこそ

ほう、ほう、ほう、面白いじゃないか。

探偵が難事件を名推理でズバッと解決というパターンも好きですが、この手の謎解き要素もありつつ、事件ではないことを解決するものも好きです。

次回から、物語の核心(?)、キツネ君と主人公の関わりについての新展開みたいですが、あまり変わらないで欲しいもの。

倉科カナは、教師の仕事中の服装はキチンとしてて良いですが、自宅にいるときはもっとだらけた服装でお願いしたい。


ごちそうさん

キムラ緑子のいじめはいつまで続くんだろうか。
杏がいじめをバネに、明るく食に向かっていく姿は気持ち良いけれども。

高畑充希の演技に、往年の沢尻エリカ的なものを感じる。
表情が似てるだけか、はたまた気のせいか。


ただいま、海外のフリーウェアをダウンロード中。

ダウンロード・ボタンをポチると、とあるストレージ・サービスに飛ばされ、登録するとダウンロードの速度が上がりますよとか書いてある。
これきり使うことはないであろうサービスに個人情報を残す気は微塵もないので、ブッチでダウンロード開始。
おい、なんだよ、残り時間20時間30分って。

なるほど、うまい手を考えるねとか思ったオレのバカ。
数時間経っても一向に落ちてこない怒りが、ストレージ・サービスを通り越して、メーカーに向かいそう。

ダイヤル・アップでエロ画像をダウンロードしてた時代をなつかし・・・まねーよっ。

スポンサーサイト

ぼちぼち最終回

夫のカノジョ が8回で打ち切りというのはニュースになるけど、予定通り(?)の6回で最終回を迎えた 都市伝説の女 はあまり話題にならないなぁ。
時間帯の違いかしら。

で、その都市伝説の女、今シリーズはコメディ寄りに思い切って振ったように思えるけど、空振りかなぁ。
新キャストで、大久保佳代子が鑑識課に配属されていたけれど、溝端淳平に言い寄るとか、お色気振りまいてみるとか、まぁ、分かりやすいっちゃー分かりやすいけど、ありがちだしなぁ。

あいかわらず、都市伝説らしい題材も少なかったし。
三億円事件、アンドロイド・ロボットあたりは、ちょっと都市伝説らしい題材だったけど、他局のドラマを食い散らかしただけに思えて・・・。

せめて謎解きの部分だけでもしっかりしていてくれたらなぁ。
主人公が方向違いのことを散々やらかして、見てるほうを本筋から外しておいた上での、「あぁ、やっぱり都市伝説じゃなかった。・・・あなたが犯人ですね。」はちとヒドイ。



ハニー・トラップ

主人公が回りに助けられすぎていて、見ていてツライ。

他社から裏金を受け取ってプロジェクトをつぶそうとする上司を追い詰める主人公、巧みに言い逃れる上司、ギリギリのところでチームの仲間が決定的な証拠を持ってきて、プロジェクト再開を約束させる・・・、まぁ、半沢直樹ならアリな展開かも。
その後、上司が死んじゃったりするのは、このドラマのグロいところですが。

でも、いくら役員でも、会社名義の通帳はホイホイ作れるもんじゃないよなぁ。

大学に残されたデータも、裏で手を回していた仲間由紀恵のおかげで入手してたし。

疎遠だった父の遺志を継ぐという思いだけではなく、もう少し活躍してほしいもの。


ミス・パイロット

ロボット、というかモビルスーツの搭乗員養成物語りと思えば楽しめるんじゃないかと思ってたけど、どちらかというと宇宙兄弟だった。

堀北真希の楽天的な性格のおかげで、殺伐とした雰囲気がなく、すっきり見られる。
梅ちゃん先生的。

主題歌はちょっと重いなぁ。
空飛ぶ広報室の安室奈美恵は良かったケド。



ちょっと古いけど、ネトゲで口論したあげく、包丁で刺すとか、リアルにバーチャルを持ち込むなよう。
かくいうワタシも、たまにリアルでネットスラングを無意識に使っていたりする。
ほころびは小さいうち繕うが吉。気をつけよう。

雑感

エロ動画の検索に忙しくしてるとテレビの録画がどんどん溜まるよ。
録画の消化に時間が掛かって、ブログがおろそかになる=ただ見てるだけになってしまう。
エロ動画を見るのをやめればいいんだよ・・・。


遺留捜査スペシャル

病院立てこもり事件ということで、派手な立ち回りを演じる糸村刑事を見せられるのかと思ったら、糸村は糸村で安心しました。

とはいえ、目の前の立てこもり犯より、別件の殺人事件の遺留品のことばかり気にしているのは刑事としていかがなものか。

最終的に、別件の殺人事件、病院の医療ミス隠蔽などが、立てこもり事件と絡みあっていたのはお見事でした。



夫のカノジョ

川口春奈が険しい顔ばかりしていて、良さが見えないのは厳しいなぁ。

妻には、やっと、夫のカノジョじゃないことが判明しましたが、今度は周囲が勘違いしてって流れの模様。
まぁ、タイトルが夫のカノジョだし、そりゃそうかも知れないけど、そこがドラマの面白みになってないのは痛い。


東京バンドワゴン~下町大家族物語

多部美華子が可愛すぎて、亀梨和也とイチャついてるのをみるのがツライ。

平日の昼間っからごろごろー、ごろごろー、あ~ぁ、多部美華子が押しかけてこないかなぁ~。

面白くないわけではないけれど、玉置浩二が美声を聞かせると解決ってパターンが多いのが気になる。

井ノ原快彦は良いキャラクター。

加賀まりこのナレーションは、悪くはないけど、ちょっと目立ちすぎな気もしますね。


安堂ロイド~A.I knows LOVE?~

本田翼が、木村拓哉アンドロイドに感情システムをインストールして、めでたく還元処理。

木村拓哉が王様のブランチで言ってたけど、本田翼ってずっと動いてるらしい。
この人の演技の違和感ってそこなのかも知れない。タメがない。

半沢直樹で、堺雅人にやられたときのガックリうなだれる片岡愛之助を見習って欲しい。
あの見た目がなければ、挙動不審に近いんだなぁ。
ショムニ2013のときもアレだったよね。


実験刑事トトリ2

最終回。
短かったですね。

今回は、実験らしい実験が少なかったような気がします。

そのぶん、栗山千明が三上博史刑事の妹だったという事実が判明したり、高橋光臣先輩刑事が適正に悩んだりと、人間らしさがあまり描かれなかったトトリ刑事の人間性が見えるシリーズだったですかね。

続編をお願いしたいところだけど。




そういや、久しぶりにイオンに行ったら、レジ袋辞退で2円引きサービスが終わってた。
まぁ、それはいいんだけど、買い物を済ませて会計したら、レジのお姉さんに「レジ袋はお持ちですか?」と聞かれた。
2円引きサービス終了に伴い、会計済みの商品でも専用のレジ袋に入れておかないと、万引きと疑われる新システム導入されてんのかと思った。
「レジ袋はご入用ですか」か「お買い物袋はお持ちですか」だよなぁ。
お姉さん、研修中だったんだけど、マニュアルなのか、単なる言い間違いか。

新ドラマその6

秋の叙勲、またしても連絡がなかった。おかすぃ。
毎日欠かさずエロ動画検索してるの努力はなかなか報われない。


夫のカノジョ

夫の不倫相手と勘違いした主婦が、そのOLと公園で言い争いをしていたら、魔女の怒りを買って、体を入れ替えられてしまった。
他人にばれたら元に戻れないと言われた2人は、なりすまして生活することになるが・・・。

まぁ、ファンタジーなんだろうけれども、いきなり魔女かー。
ベテランを使ってたし、終盤に何かあるのかも。

山村紅葉が、PTA会長で偉そうな役。
中身はOLの鈴木砂羽と敵対する役どころだけど、そこそこ愛嬌があって、ギリギリ見ていられる。

その鈴木砂羽、入れ替わったあとの性格が通常運転、いつもの鈴木砂羽。
その分、川口春奈がおとなしくて物足りないかな。

鈴木砂羽、川口春奈の活躍回が交互に、って構成でしょうか。

それにしても、主婦・鈴木砂羽がOL・川口春奈を「夫のカノジョ」と勘違いしてるって設定は、いつまで続けるんだろう。
お話のポイントになってるようには思えないんだけど。
かえって、いちいち引っかかりになって逆効果のような気もする。
まぁ、原作物みたいなので、そちらとのカラミかも。


東京バンドワゴン~下町大家族物語

裏の「トトリ」は深夜の再放送で見ることにして、2話目から視聴開始。

ホームドラマということもあって、オープニングを見ると、大体の人物関係が分かってついていけたよ。
親切設計。

お話もホームドラマなので、殺人とかありません。
でも、演出でダレることなく見せてくれます。

元バンドマンの父役で玉置浩二が出演していて、安全地帯が演奏したり、ちょっとズルイと思うところもありますが、そこも含めて面白いかも。