ドラマ中盤

ドラマも中盤に差し掛かったということで。


福家警部補の挨拶

会話劇中心に、一気に最後まで見せきっていて面白いです。
オチも切れ味鋭い。

こうなると、稲垣吾郎上司は必要なのかという疑問も浮かぶ。



チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

謎を引っ張るなぁ。
あんまり引っ張るので、警察から「身元不明遺体が」と連絡があるたびに、宅間孝行医師発見か? と思って、ドキリとする。

今のところ「警察もいっちょ噛みで」な展開ですが、これも裏切られるんだろうなぁ。
とはいえ、なんだか裏切られ方にキレがないような気はしてるんですよ。

構造的には面白いんだけど。



鼠、江戸を疾る

時代劇ファンは見ないといけません。

EDのラテン曲は、近藤真彦ではなく相方が歌うべきだったのではないだろうかと・・・。



緊急取調室

福家警部補よりこちらのほうが、取調室内での会話劇で押し切るタイプなのかと思ってたら、結構、普通に捜査に出るのね。
天海祐希が万能すぎて、ベテランを活かしきれてないのが気になるところ。
もう少し、チームワークで犯人を落とすような展開のほうが、カタルシスが大きいような気もしますが。



医龍4

ぎゃー、平、岸辺の2世対決だー。
いや、共演しただけだけど。

内容的には、佐々木蔵之介医師のようにやむをえない事情があったのは別として、ホイホイL&Pに転職(?)しすぎな気が。
後半の巻き返しが相当面白くないと。



慰謝料弁護士

うん、まぁ、面白いです。
離婚をテーマにしているわりに、暗くないところはいいですね。
時間帯的にも見やすい。



三匹のおっさん

新聞などの番組評を読むと、結構、好評みたいですね。
娯楽的な痛快時代劇が皆無の今、この手のドラマは必要とされているんでしょうね。
題材は現代的だけど、殺伐としてないし、娯楽に徹した作りは○。

でも、やっぱり、吹き出しの演出は気になる。



夜のせんせい

うーん、難しいな。
校舎へのスプレーでの落書き、退学者を出したらクビ、、笹野高史何者? 、大政絢が怪しすぎと色々な仕掛けはあるんですが。
最後まで、飽きずに見られる作りにはなってると思うんだけど。

問題の解決法が、学園物のテンプレ過ぎるのかも知れない。



私の嫌いな探偵

コメディに振ってるわりに、謎解きがぞんざいじゃないところは良いですね。
かと言って、難しすぎることも無く。

良い塩梅です。



戦力外捜査官

こちらは、完全にコメディだけに力が注がれる。
謎解きよりは、武井咲警部とTAKAHIRO巡査の魅力が描ければOKな演出。
まぁ、事件は起きるけど、謎らしい謎も出てこないし。

まぁ、和めますけどね。



隠蔽捜査

まぁ、そこまで、半沢直樹に寄せなくてもと思いますけど。
今回の立てこもりなど、実は人質ではなく共犯者、しかも奥さんが主犯格だったっていう内容は面白いと思うんだけど、重心が警察組織の権力抗争に乗っかりすぎたおかげで、真相解明のほうが薄まっちゃった感じ。

時間帯的にも、もう少しシンプルで分かりやすいほうが良いんじゃないかなぁ。
続編があるとしたら、この設定が足を引っ張りそうだし。
あれか、ハンチョウみたいに異動させて、初期化しちゃえば大丈夫か。



失恋ショコラティエ

公式サイトを検索するときに、本気で「妄想ショコラティエ」って入力しそうになったわ。
映像演出は好きなんだけど、うーん、どうにも本筋が・・・。

導入部とはいえ、水川あさみに無駄に語らせたりするしなぁ。
妄想ショコラティエの引きつり笑顔はなかなか良かったけど。

スポンサーサイト

ヴァンアレン帯じゃなくて

ビンの中 に何が見えますか?

と、先日、TBSの 人間とは何だ・・・! で、紹介されていた画像。

大人に見せると抱き合う男女の姿、子供に見せるとイルカの群れという回答が多いらしいです。

人間の脳は、それまでの経験を元に視覚情報を処理するからとか何とか。
まぁ、小難しいことは良く分かんないんだけど。


さてさて、今日はヴァレンタイン・デイ。
雪も降って、週末で、とくれば、ナニやら盛り上がる男女も多いであろうよ、などと想像して、即、「リア充、爆発しろ」なワタシとしましては、これまでの人生、バレンタインにそんな経験もないくせに、なぜそんな結論を出してしまうのか不思議な思い。

バレンタインに「何もない」という経験が、澱のように積み重なって、歪んだ情報処理を行うようになってしまったのか。

経験を元に情報処理を行うならしょうがない。
もう引き返せないの。
健全って大事ね。


カラバレ って何だよ、なんか気持ち悪いよと、思うのも歪んだ情報処理のせい。
茶色一色で済むところを、4色分買わせれば売上げ4倍になるんじゃね? とか思ってるんだろうなと想像してしまうのも、きっとそう。


2014 F1 カレンダー iCalとかで使えるかも

自分のiCal用に、F1の2014年レース・スケジュール表を作ったので公開。

http://blog-imgs-65.fc2.com/r/2/2/r2274/2014_F1-Calender.txt

上記のリンクからダウンロードして、拡張子を txt から ics に変更して、iCalに読み込めば使えると思います。

急いで作ったので、間違いとかあるかも。
気がついた方はご報告いただけると助かります。


雑記

CSI:マイアミが終わってしまった・・・。
テレ東、NYの続きを早く。

明日、ママがいない 問題について何か書こうと思ったのだけれど、どうにも考えがまとまらない。

スポンサーも番組への非難の内容より、視聴者以外の人を含めた一般の方々の反応に戦々恐々としている印象。

声を上げた団体も、即、放送中止とかを望んでいるわけでもなさそう。

まぁ、前もって、意見を交換できるようなシステムがあれば良かったんじゃないかと。
多分、人権問題については、日本はまだまだ過渡期なんだろうとは思う。

雪のなか

昨日2月8日、首都圏でも大雪。
ネットを見ても、大雪の話題が多いですが、そんな中、ワタクシが何をやっていたかというと洗面台の水漏れ修理。

家人から洗面台の蛇口から水漏れしているから何とかしろと言われ、ネットを検索してみるとコマパッキンとか言うヤツの傷みが原因とのこと。

水栓ハンドルを外して、ナットを外して、中身を引っ張り出すとコマパッキンが出てくるので、それを新しいものと交換すればOKということなので、これなら簡単そうだとチャレンジしてみることに。

このブログの過去の備忘録をお読みの方は、すでにお察しと思いますが、まさかこの先あんな苦難が待ち受けているとは、このとき思いもしなかったのであった。

まず、水銓ハンドルを取り外します。
これは、以前、水銓ハンドルをレバー型のものに交換したことがあったので、簡単作業。

マイナス・ドライバーで中央の蓋(混合銓なので、お湯側がピンク、水側が青のヤツ)を開けて、中のネジをプラス・ドライバーで外して上に引っ張り上げれば外れます。
そのあと、根元にあるナットを外せば、中身が見えるはず・・・、なのだが。
ナットがない・・・。

うーん、上部(ハンドルに隠れている部分)が、円筒形ではなくスパナで挟みやすそうな扁平な形をしてるので、ここを回せば外れそう。
チャレンジしてみるも、ビクともしない。
台座が一緒に回りそう・・・。

ネット検索。
カルキで固着してることがままあるので、軽く衝撃を与えると外れやすくなる、らしい。

で、自転車の部品交換でいつもお世話になっている ラスペネ を根元に吹き付けて、しばらく置いてから、スパナで挟んで、柄の部分をプラハンで叩いてみる。
ビクともしない。
おかしい・・・、固着したBBでさえラスペネなら外れるのに・・・。

ネット検索。
1.立水栓の場合、洗面台の下からのアプローチで分解するものもあるらしい。
2.固着がヒドイ場合は、一回洗面台から取り外すと、スパナを自由な角度でかけられたり、お湯で温めたりできるので外れやすくなるらしい。

ウチの場合、洗面台の下が収納になっているので、仰向けにもぐりこんで腕を伸ばしての作業になるので、結構、面倒。
でも、まぁ、しかたなく、もぐりこんでチャレンジしてみる。

ナットを2箇所(お湯側と水側で計4箇所)外せば、取り外せそう。
で、試みるも、収納の中が狭すぎて、スパナがまともに回らない。
スパナを立てて、少しづつ緩めて片側を外すも、時間が掛かりすぎてもう片方は断念。
外したナットを元に戻す。

ネット検索。
立カラン締め という専用の道具があるようです。

買う? どうする?

ここで業者に電話。あっさり。

ざっくり見積もりを聞いてみると、コマパッキンの交換だけなら出張料込みで5,000~7,000円とのこと。
ただ、「それだけ古いと、本体交換もありえますね」で、そうなると、25,000円~とのこと。
うーむ、ナットを外して貰いたいだけなんだが。
本体交換なら、ホームセンターに行って、実物を見てから決めたいし・・・。

ということで、業者さんには検討してみますと返事して、ナット外しを続行。


ネット検索。
色々調べてみると、我が家の混合栓は、KVKのKF204Fという物らしいことが分かったので、メーカーのホームページを見てみることに。
おっと、分解図と部品名が載っているではないかー。
ハンドル下の部品は、止水ボンネットと言うらしい。
よく読むと、「止水ボンネットは左ねじ仕様となっております。取り外す際は、時計回りに回して取り外してください。」とか書いてあるー。

再チャレンジ。
固かったけど、ラスペネ+スパナ+ハンマーであっさり緩む。
うぐぐぐ。

近所のホームセンターに出かけ、コマパッキンを買ってきて交換。
終了かと思いきや。
数時間後、洗面台の下の収納から水がダダ漏れ。
ホントにバシャバシャ漏れ出した。

バラそうとして、下のナットを外したのが大失敗。
うーん、下のナットを外すときにシールテープを剥がしてしまったんじゃろかー。
で、シールテープを買ってきて貼ってみるも、ダダ漏れではないけれど、ポタポタ垂れてくる。

ナットを外したときに、アングル接続パッキンとやらが逝ってしまったか。
交換するには、結局、本体を取り外さなくてはイケナイのであった。

収納にもぐりこんで、スパナで作業。
ナットを挟んでは、スパナを立てて数度回転、また挟み直して数度回転。
まぁ、手で回せるところまで緩めるだけですが、仰向けになって腕を上に伸ばしたままなので、結構、大変。
時間は掛かったけど、なんとか本体の取り外しに成功。

パッキンを買いに出かける。
このとき、吹雪ってこういうこと? 状態。
横から吹き付ける雪とかないわー。
雪かきに備え、バカ売れしてるスコップ売り場を横目に水道部品コーナーへ向かう。

パイプサイズ13ということで、呼び13というパッキンを見てみるも、元々のパッキンは袋ナットに、ワッシャー(?)とゴム製のパッキンが入っているのだが、手に取ったものにはワッシャーがない。
で、スコップバカ売れで忙しいところ申し訳なかったですが、係員を呼び出して話を聞いたら、トイレの補修部品コーナーにありました。

で、交換して取り付け作業。
終了かと思いきや、まだ、ポタポタ滴る。何回繰り返す・・・。

うーん、なんかナットを締めるときの感触が違うんだよなぁ。
素直にスルスルと入っていかない感じ・・・。

ということで、ネジ締めの基本に戻って、一箇所づつ締めこまないで、全体的に少しづつ締めこんでみました。
直ったよー。
収納内部が狭く作業がしづらいので、片側を締めこんでから、もう片方を締めていたのが原因だった模様。
片側に寄っちゃって、垂直じゃなくなっちゃったのね。

ということで、やっと終了。


立カラン締め、本体を外すことになったとき買うかどうか迷ったけど、なんとかスパナで対応できました。
後半はコツがつかめてきて、作業時間も短縮できたし。
スペースがまったくないと買わないとダメかも知れませんね。
スパナを相当立てて回していたので、ナットを舐めそうになったり。
幸い、ナットの素材が頑丈だったので助かりました。


まー、最初に分解図を手に入れて良く読めってことですな。


雑記

STAP細胞の小保方研究員、どういうキッカケでその発想に至ったかとか知りたいんだけど、どうにも生い立ちとかそんなんばっかでウンザリ。
学生を指して言うならまだしも、立派な博士に対してリケジョってなぁ。

ここぞとばかり、「女性の社会進出が」とか言っちゃう政治家も、ITを「イット」と言った元首相なみに分かってねーなーとは思う。
まぁ、女性の社会進出に関する問題は、それはそれで色々あると思うけど、ごっちゃにすんなよと。

ネイチャー誌にリベンジ話は、え、ネイチャーってそんな罵倒みたいなことすんの? という面白さはあったけど。



有名作曲家のゴーストライター問題、どうだろ? 曲自体が叩かれちゃうのは残念。
まぁ、障害者、被爆者の方たちの希望を背負ってたという意味では裏切り行為ではあるけれど、単純に曲だけ聴いて感動した人もいるような気がするんだけど。
人間にガッカリするのは良いけれど、曲にガッカリすることはないと思うよ。
返金騒動とか起きないことを願う。

せめて、共作とかで名前を入れておけばねぇ。

あと、オリンピック本番直前のこの時期、フィギュアの高橋選手に直撃取材、とかやりそうでマスコミがコワイ。