ofxPd と openFrameworks

先日から取り掛かっている Pure Data で作ったパッチの MacOSX アプリ化。

元々、 簡単な iOS アプリを Pure Data を組み込んで作ったものの、そういや、iOS 端末を持ってなかったんだった、このまま、MacOSX で動かないものだろうか、という素人の発想で始まっているのでした。

素人なりに検索してみたところ・・・、

iOS と MacOSX では、audio class が違うよ、MacOSX ではopenFrameworks と Cinder が使えるよ、さらに、 openFrameworks なら ofxPd が使えるよ。
ってことで、openFrameworks + ofxPd の組み合わせを試してみることにする。

まずは、openFrameworks のインストール。
http://openframeworks.jp
おお、ちゃんと日本語のサイトだ。ありがたや。

このサイトの「download」ページの IDE setup guide xcode にインストールの仕方が書いてあります。

■■ インストール概略 ■■

1.Xcode にコマンド・ライン・ツールをインストール。
※すでにインストールしてある場合は省略

・ターミナルで、xcode-select --install
もしくは、
・Xcode の「Xcode」メニュー→「Preferences...」→「Downloads」→Command Line Tools のインストールボタンをクリック

2.サイトの「Download」ページに戻って、OSX download openFrameworks for xcode をクリックして、zip ファイルをダウンロード、任意の場所に展開。
※展開した場所が OF_ROOT として参照されるので、分かりやすい場所にしておいたほうが無難かも。

3.Xcode から、openFrameworks のフォルダ(展開したフォルダ名はバージョンによって異なるので省略)内の、example フォルダの中からテキトーに選んで、.xcodeproj ファイルを開いて、Run して確認。
※14/9/30現在、MacOSX 10.8 でのビルド・セッティングになっているので、必要に応じて、「TARGET プロジェクト名」→「Build Settings」→「Architectures」→「Base SDK」を変更する。

ウチの環境が MacOSX 10.7 だったので、「10.8でビルドしたって動くわけないじゃんか、バーカバーカ」とか言われて、顔真っ赤でセッティングを変えたらなんとか動いたので、openFrameworks のインストールは終了。


次に ofxPd のインストール、なんだけど、こちらは英語サイトしかないみたいなので・・・。

github.com/:danomatika/ofxPd

README  の内容をテキトー翻訳。なんか重要そうなことが書いてある気がする。

■ofxPd は、クロスプラットフォーム向けに作られたオープンソースなツールキット、OpenFrameworks のアドオンで、Pure Data のオーディオ環境を走らせるよ。

■ ofxPd を使うには、OpenFrameworks が必要なので、GitHub からダウンロードしてインストールしなさいよ。
Xcode にインストールするには、Mac Developer Tools を使いなさいよ。

■ofxPd のインストールは、OpenFrameworks の addonsフォルダに配置しなさいよ。
openframeworks/addons/ofxPd

■バージョンの古いもの(最新のものでなくステーブルバージョンとか)をインストールしたい場合は以下のような感じで。
git clone git://github.com/danomatika/ofxPd.git
cd ofxPd
git checkout 0062
※0062はバージョンナンバー(= openFrameworks のバージョンナンバーを入れればいいのかな?)

■サンプルは、example フォルダに入っているので、Xcode プロジェクトを開いて、example-Debug スキームを選んで、「Run」しないさいよ。

■新しい ofxPd プロジェクトを作る場合は、Xcode から、「Project」メニュー→「Rename」するのが簡単。
マニュアルでやる方法もあるけどね。

■既存のプロジェクトに ofxPd を追加する方法は、
・Xcode の左ペイン(プロジェクトのファイル構成)を左クリックして「New group」で「ofxPd」グループを作る。
・作った「ofxPd」に ofxPd/src フォルダをドラッグ。
・TARGETS → アプリ名 → Build Settings → Search Paths → Header Search Paths に、
../../../addons/ofxPd/libs/libpd/pure-data/src
を追加。
・TARGETS → アプリ名 → Build Settings → Apple LLVM compiler 4.2- Language → Other C Flags に、
-DHAVE_UNISTD_H -DUSEAPI_DUMMY -DPD
を追加。


てな感じ。

というわけで、git clone した ofxPd を openFrameworks/addonsフォルダにコピーして、openFrameworks/addons/ofxPd/example/example.xcodeproj を Xcode 開いて、example Debug スキームを選択して Run 。
Build Failed・・・。
icon-debug.icns がないと仰る。

うーむ、openFrameworks を安定版、ofxPd を最新版にしたのが敗因か。
あとで入れ替えて、試してみる。

【追記】
試してみました。

まず、ofxPd のバージョンですが、下記 URL でバージョンナンバーを確認できます。

https://github.com/danomatika/ofxPd/releases

今回は、0.7.4 を使ったので、

git checkout 0.7.4

で、上書きしました。

最初、openframeworks/addons 内の ofxPd を直接いじろうとしたんですが、これはNGでした。
git clone した元の ofxPd フォルダで行わないとエラーが出るようです。

で、Xcode から ofxPdExample.xcodeproj を開いて、Run したところ、無事サイン波がウニョウニョしてるもよう。

さて、お次はPure Data のパッチをどう組み込むかですな。



スポンサーサイト

美少女対決

昨日のアジア大会、卓球女子団体戦。

石川佳純×ソ・ヒョウォン は、とんだ美少女対決。

我らが石川選手は惜しくも敗れたけれども、良いものを見せてもらった。
もし、メガネを掛けてたら、カスミンに軍配。
ん? 何の対決だ。

それにしても、福原×ソ・ヒョウォン 戦の中継をぶった切る、相も変らぬTBSの雑な扱いに、いささかご立腹なワタクシ。
日本の卓球界も、海外で活躍する人材が出てきて、メジャーになったかと思っていたけれど・・・。



さて、気分も新たに。

Android アプリの野良アップも完了したので、一旦、こちらは休憩。
おーい、誰か無料体験版くらいダウンロードしてくれよー。

で、気分も新たに、MacOSX アプリ化(ofxpd)と、iOS 向けに Pure Data + Cocos2d を試してみようかと思ってます。
アプリの内容は今のところ未定。

Pure Data のマニュアル(英語)も半分くらいしか読んでないし、そちらも進めていかなくちゃ。

と、先送りしていた面倒なことに着手するため、宣言してみるテスト。

え? Java と Objective-C をちゃんと勉強しろ?
分かってるよ、かーちゃん。あとでやろうと思ってたところなんだよ。
Swift って何? おいしいの?

海外ドラマ

桃子っ! 邪鬼王は回転斬りで一撃だっ!
つーか、憑依合体が進化すればするほど着衣の面積が減っていくのはどういうことだっ!


今週水曜日で NCIS が終わって、木曜日から WHITE COLLAR が始まるよ。
TBS の深夜放送は、放送開始に気がつかず、終盤ちょっとしか見られなかったので楽しみ。

それにしても、あいかわらず、切りの悪い曜日から始まることよ。
連ドラ予約が面倒なのです。
NCIS の最終回のあと、忘れずに変更しなくちゃ。


そして、パーソン・オブ・インタレスト が日テレで始まっていたのだった。
くそ、見損ねた。

知りたくもない情報は山ほど届くが、ホントに必要な情報はめったに知らされるとはないのであった。
こう考えるとネットってクソね。って、大げさだなぁ。


先週の Life 真実へのパズル 2話連続放送しやがって、連ドラ予約が追従しなくて1話飛んでしまったよ。
ガッカリだよ。


最終回その10

えっ? 太田区で噴火!?
あ、長野か、って、えーっ!! 結構、大規模じゃないですか!
犠牲者出とる・・・。


孤独のグルメ Season4

うーむ、ゲストが豪華になってしまった。

最終回の石橋蓮司みたいな役どころだと良いんだけど、料理人や店主が有名なベテラン俳優だとちょっとなぁ。
イメージが付きすぎちゃって、そのあとの「ぶらっとQusumi」で出てくるご本人のほうに違和感を持っちゃったりして。

あと、もう少し庶民的なお店に行ってほしいのです。
何を頼んでもおいしそうなお店ではなく、どこにでもありそうなお店で、その日の気分に合わせてベストなメニューを探っていくところが真骨頂でしょう。
まぁ、まずそうなお店はないだろうけど。

松重豊も、HERO との掛け持ちは大変だったんじゃないですかね。

さて、Season5 はあるんでしょうかね。



買い物に出かけた帰り、汁なし坦々麺のお店に行列が出来ているのを見かけた。
そぐそばに、数年前、TV番組で紹介されたお店があって、そちらも紹介されたあと数週間は行列できていたけれど・・・。

ま、テレビの功罪とか大げさな話をするつもりはないですけどね。
ワタシャ、グルメでもなんでもないんで、行列してまでモノを食う感覚は分かりませんわ。
そういう意味でも、どこにでもありそうなお店で、その日の気分でベストのメニューを選択するっていうワクワク感は大事にして欲しいですね。

最終回その9

「そろそろ結婚したらどうか」平場なら言う。
マスコミが仕掛けようとしたけど、不発でしたね。

平場(プライベート)がどんな場面にもよるけど、最初に思い浮かんだのが、親戚の集まりで、ああいう都議のお偉いさんが、親戚一同の中でもお偉いさんで、いわゆる適齢期の甥っ子や姪っ子たちに、やっぱり偉そうに「そろそろ結婚したらどうなんだ」という図だったしなぁ。

それくらいなら言うよなとは思ったもの。
まぁ、後輩都議員との食事会などでそれを言ったらアウトって話しに持って行きたかったんだろうけど、なかなか老獪な対応、物言いでしたな。

まー、古い話だこと。

ST 赤と白の捜査ファイル

うむ、夏休み中らしく若者向けの内容だったけど、面白かったぞ。
映画と同時の撮影だったらしいけど、チームワークがどんどん良くなっていくのが分かって、そこも面白かった。

おかげで岡田将生の演技が後半弾けてましたね。

最終回、悪人狩りと渡部篤郎参事の関わりとかをうやむやにして、「解決編は映画で」のパターンになるのかという懸念を持っていたけど、そんなこともなく。

藤原竜也の変人ぷりも面白かった。
終盤「バカか」と言われて腹を立てる刑事も少なくなってきたり。

志田未来回も、実は・・・、な展開でサービスバッチリ。



金田一少年の事件簿N(neo)

うーん、面白くないわけではなかったけれど、ちょっとマンネリ気味でしたかね。

新味として導入した、かどうかは分からないけど、ヒント出しちゃたりするのはどうかと。
まぁ、メタ表現といえばそうなので、一回、視線が離れるよなぁ。
CM前とかならいざ知らず。

同時進行でアニメも放送していて、ドラマで放送したエピソードをアニメでやったりされると・・・。

とはいえ、ゲストも豪華だったし、成宮寛貴は悪人やったり、相棒で刑事やったりで見比べると面白かったしで、見どころは多かったけど。

ところで、藤井美菜ってあんなに声ガラガラだったっけ?



HERO

前シリーズと大きく変わったところはなかったけど、変わらぬ味で面白かった。

今シリーズのテーマとしては、「冤罪」があったかな。

最終回は、元検事を引っ張り出すところに時間を割いたので、いつものチームワークで新証拠発見→起訴のパターンではなかったので、爽快感は薄め。
そういや、前シリーズでも最終回は爽快感は少なめだったような記憶。

元検事が冤罪を認めて、真犯人はコイツだったかも? と言えば裁判員裁判では有利、というお話だったけど、まぁ、陪審員制とは違うしなぁ・・・は言わない約束。
過去の事件についての新証拠は欲しいところ。

最終回、カメオで良いので松たか子は顔を出せなかったんでしょうか。
そして、やはり、最後に木村拓哉が決めゼリフを言ったあとには宇多田ヒカルの曲が流れないと締まらないなぁと思ったわけです。

そういや、新月9は 信長協奏曲 だって?
深夜アニメでもやってたようだけど、面白かったのかしら?

深夜枠では許せてた 信長のシェフ 、時間帯が早まって、さすがにコレは・・・で見なくなってしまったんだけど、うーん、そこはかとなく漂う香りが・・・。
ま、時代劇っちゃー時代劇なので、期待しておきましょうか。
小栗旬だし。柴咲コウも出るみたいだし。




最終回その8

吉原裏同心

うーむ。
原田大二郎と近藤正臣が対峙するシーン、見ごたえあったワイ。
原田大二郎の中ボス感はバツグンよね。

さる藩の剣術指南役に請われ、悩む小出恵介裏同心。
周囲の暖かい支えから、一度は吉原を離れる決心をしたものの・・・。

最後は大立ち回りもあったし、一度は続編を諦める展開だったけど吉原に戻ってきたしで大団円。
祝宴も豪華な演出。
満足しました。

田中幸太朗、おいしい役だな。

平田薫、気がつかなかったよ。
猫侍の印象が強かったからか、同じ時代劇、すぐ分かると思っていたけど、髪形のせいかな。

貫地谷しほりは安定感出てきましたなぁ。
ナレーションもバッチリですね。


な、なんだとー

大江アナ結婚ー?

だけでもアレなのに、

仲間由紀江も結婚だとー!?


連日なんなの・・・。
・・・、もうね、生きる気力とかなんとかね。

言ってる場合じゃなくなってきてるんですけど・・・。

最終回その7

東京スカーレット~警視庁NS係

えっ!? 前回が最終回だったの?
うーん、アジア大会が悪いんじゃ。

というわけで、うっかり最終回とは思わず、ペテロの葬列のように時間帯がずれるのか、もしくは1週飛ぶのかと思って、放送時間を公式サイトに見に行ったら、最終話がどうしたとか書いてありましたよ。

そういえば、水川あさみ刑事のお父さんとか出てきて、ハイヒールからお父さん手作りの「刑事の靴」に履き替えて、決意を新たに、なシーンがあったっけ。

まぁ、徹頭徹尾女性をターゲットにしたドラマでしたね。
でも、女性と刑事ドラマはなかなか食い合わせがね・・・。
意欲作だと思うんだけど。

やっぱり、勘なのかなんなのか、ピンと来ちゃう水川あさみ刑事。
それを悪用(?)する生瀬刑事は面白かったけど。

言われてみれば最終回、って感じだったけど、ちょっと面白そうな設定だっただけに惜しい。
アジア大会が。


AppleUSBEthernetHost.kext の件

事あるごとに警告が出る ので、気になって検索してみたら、結構出てきた。
けど、英語。

で、ワタシの翻訳力で対応できそうなものを試してみた。

/システム/ライブラリ/Extensions
に移動して
AppleUSBEthernetHost.kext
を削除
※一応、バックアップはとっておいたほうが良いかも。

で、Apple のサイトから最新の iTunes をダウンロードしてインストールし直す。

昨日、やってみたんだけど、今のところ、警告は出てないです。

iPhone のテザリング(っていうの?)は、端末がないのでどうなってるか分かりません。

今日、Mac を起動したら、いきなり Bluetooth が接続できなかったのはこのせいかなぁ・・・。
再起動したら直ったけど、一瞬冷や汗が出ました。