ああ、博多だから

紅白歌合戦のオープニング・アクト(っていうのかね)、HKT48 のメロンジュースを聞きながら、やっぱり、これの出だしって「レモン・ティー」だよなぁと、、おっさんらしく再確認。

前々から、なんでだろうと思ってはいたんだけど、「あ、博多だからか・・・」と思い当たる。
博多の古くからの音楽ファンも思わずニヤリ・・・、してるんだろうか。

まー、イントロのアレンジはヨルムンガンドのOP曲のほうが近いケド。

  

スポンサーサイト

Android SDK Manager で Google Play Services (lib) をアップデートしたら

エラー。

プロパティ > Java のビルド・パス > ライブラリー の Android Dependencies を開くと、

・google-play-services_lib に×印
・~/google-play-services_lib/bin(欠落)

とか言ってる。

あ、そういえば、google play service の組み込みのとき、プロジェクトとしてワークスペースに読み込んだから、ワークスペース上のパスに切り替えれば良いのか? と思ったら、これは間違いでした。

読み込んだ google-play-services_lib プロジェクトをビルドすれば良かったんでした。

ビルドの設定とかがおかしいときにプロジェクト・フォルダ・アイコンにビックリマークがつくのは良いんだけど、どこがおかしいか分からないのがツライ。

続きを読む

Android switch case R.id でエラー

ちょっとテストしてみたいことがあったので、以前、作ったアプリの GUI を流用しようとソースを見ていたら、なんだか知らんけどswitch case 文でエラー。

case 判定のところで R.id.~ を使っちゃいやん、みたいなことを言ってる。

で、いつもの通りネッツ検索。

というわけで、こちらのサイト様 が参考になったので、備忘録。

コードの switch と記載してあるところを右クリックしてクィック・フィックスを呼び出すと if else 文に変換するかどうか聞かれるので、お、おぅ、とダブルクリックするとゲロゲロ自動で直してくれました。

最終回その3

au のデータギフト ってさ、インターネット黎明期、ダイヤルアップで接続してた頃のテレホーダイみたいな雰囲気を感じるのね。時代を経ると、あぁ、そんなサービスあったね、なんて言われそうな感じが。
というか、家族でデータ通信量をやりくりしなくちゃならない状態がずっと続くようなら発展しないよなぁ。

そもそも、親子でデータ量を分け合うとか、そんなに仲良いんですか、世の中の家族は。



というわけで、すっかり書いた気でいた 信長協奏曲 の最終回。

クライマックス、本能寺は映画に取っておいたので、テレビシリーズ単体でみるとちょっと盛り上がりには欠けたかなぁ。

if物としては少し緩い設定ではあったけれど、タイムスリップ・ファンタジーとしては楽しめたかな。
キャラクターも現代的で、生き生きしてたし。

浅井長政を死に追いやることになってしまったことが、信長の全国制覇のモチベーションになるなら、もう少し、長政との交流を丁寧に時間をかけて描いても良かったような気がするけど、うーん、そうすると他のエピソードがなぁ。

お市とか、挟み撃ちのエピソードと、旦那殺されるため(そして、それでもサブロウ信長を恨まない)に、出てきたようなもんだったし、これ以上は他のエピソードを短くできなかったかな。

フジテレビ開局55周年プロジェクトと銘打っているだけあって、人気俳優を惜しみなくキャスティングしてたし、まぁ、時間配分は難しいところですかね。

にしても、水原希子の和装はあんまり・・・。
まぁ、キャラクターは新鮮だったけど。

そういや、初回、ドラマ本編が始まる前のカウントダウン、スペシャル感はあったものの、どうにもフジテレビらしいいやらしさを感じてしまって・・・。


そして、池田恒興役の向井理が国中涼子と結婚だってー!?
↓から続いてたのね。



pd-for-android receive 関係

そういえば、ADT で GUI を作って、Pd に send するものは作ってみたけど、Pd から receive するアプリは作ってなかったなー、で、試してみることにした。

お題は、[metro] をタイマー代わりにして[metro] が発生する Bang を受信して、一定の間隔で背景の画像を切り替えるって感じです。

あれ、送受信って今年テストしてみたよね? と、自分のブログを読み返してみて、テストしたのは pd-for-iOS だったことに気がついて愕然とするワタクシ。
お、おぉ、そうか、そうか・・・と、気を取り直して、うーん、じゃあ、とりあえず、チュートリアルでもある、みんな大好き「GuitarTunerActivity.java」を見てみることにする。

すると、initPd() の中にこんな記述が。


     // Create and install the dispatcher
     dispatcher = new PdUiDispatcher();
     PdBase.setReceiver(dispatcher);

     dispatcher.addListener("pitch", new PdListener.Adapter() {
          @Override
          public void receiveFloat(String source, final float x) {
               pitchView.setCurrentPitch(x);
          }
      });



良く分からんけど、Pd が ""の中(上の例では"pitch")の名前のセンダーにデータを送るたびにイベントが発生するので、@Override の下に、送られてくるデータタイプ別に受信するメソッド(receiveFloat とか receiveBang とか receiveMessage・・・)を書いてやれば、{ } の中が実行されるんだな、とフワフワと理解した単純なおつむのワタクシ、

private void receiveFloat(String source, final float x){
      pitvhView.setCurrentPitch(x);
}

を、

private void receiveBang(){
}

と書き換えて、なにやら「receiveBang()はスーパータイプメソッドをオーバーライドまたは実装する必要があります」とか言われるわけですね。
あまりにもいつものパターン過ぎて泣く。

ネッツ検索したところ、こんなものが。

pd-for-android/Pdcore/src/org/puredata/android/utils/PdUiDispatcher.java

で、receiveBang と receiveFloat を見比べてみる。

receiveBang

@Override
public synchronized void receiveBang(final String source) {



receiveFloat

@Override
public synchronized void receiveFloat(final String source, final float x) {



GuitarTuner での receiveFloat の実際の書式は、

private void receiveFloat(String source, final float x)

となっていたので、それにならって、receiveBang も書き換えてみる。

public void receiveBang(String source)



エラー取れたよー!

で、recieveBang(String source) の { } の中に、背景画像を背景ナンバーで書き換える関数名を書いて、その関数で背景を書き換えると。

private void changeBackgroundImage(int n){
     View layout = findViewById(R.id.layout);
     switch(n){
         case 1:
             layout.setBackgroundResource(R.drawable.back01);
             break;
         case 2:
             layout.setBackgroundResource(R.drawable.back02);
             break;
         case 3:
         ・
         ・
         ・
     }
}



View layout = findViewById(R.id.layout);  の R.id.layout は、xml で、一番親のところに、android:id = "@+id/layout" で id を指定しました。

というわけで、receiveBang はでけた。

あれ、ついでに BitmapFactory を試すつもりだったんだけど・・・。
まぁ、今後の課題ってことで。

横浜ァ!

すっかり、年の瀬。全然、実感ないけど。
まぁ、今年一年のご厚情に、などとご挨拶申し上げている内に感じ始めるものなのかも知れない。
いやいや、そんなご挨拶してる時期じゃないし。

大体、1年とか1ヶ月とか1日とか、誰が決めたか知れない単位で生活を縛られるのが根本的にイヤ。
大掃除も汚れが気になったらすればいいし(なんで冬のさなかにガス、電気を使ってお湯を沸かしてまで掃除する? 同じ1年周期なら春か夏にやれよ)、腹が減ったらメシ食って、眠たくなったら寝ればいいんじゃないの?
なんかエコやら経済活性化のためにサマータイムの導入をなんて毎年話題になるけど、ウィンタータイムも検討するべし。
電灯を点けなきゃならないような時間に仕事すんな。
その代わり、サマータイムでしっかり働いてもらおう。とかなっ。

と、導入部から何を言いたいの自分でも分からない迷走っぷりですが、先日、地元の法人会が主催する税金の説明会みたいなもんに参加してきました。
民主党への政権交代からアベノミクスに至ってまで、いまだにコロコロ変わる税法やそれらに関する特措法。
例年の通り申告すると、ウッカリ脱税しかねないので気が抜けない。

で、その説明会で、わが町横浜で近年(?)導入されている「横浜みどり税」の法人に対する均等割に対する特例措置が廃止されたという話があった。

「横浜みどり税」ってのは、簡単に説明すると、横浜市内の樹林地の多くが個人の所有なので、たとえば所有者が亡くなった際に、相続税が払えずに開発会社に売却されてしまうと、開発されて市内のみどりが無くなっちゃうじゃん、大変じゃん!
で、横浜市が代わりに、樹林地の買取と保守をしましょう。そのために市民の皆様と市内法人から、その財源となる税金を均等割で頂戴致します、ってな制度。

均等割ってのは、これまたザックリした説明だと、こんだけお金が必要だから、あたま数で割りましょうねって感じ。
他に所得割ってのがあって、こっちは所得に応じて金額が決まるのね。皆さんお馴染みの源泉徴収なんかがこんな感じ。

これまでは、欠損(赤字決算)法人には「横浜みどり税」の均等割の納税免除の特例措置があったんだけど、今年4月1日以降に始まる事業年度から、って、分かりづらいな、要するに、普通は今年の2月末が決算期あたる会社以外は次回の納税の際に例外なく「横浜みどり税」を支払わなきゃいけなくなったのね。

まぁ、志は立派なもんだと思うんだけどさ、この制度、当初は平成21年度からの5ヵ年計画で、今年の3月期で終了するところを、さらに5年延長したんだよね。
で、ついでに特措も止めちゃうもんねしてるんだけど、どうなの、これ。

疑問点
1:当初5年の予定だったのに、さらに5年延長って、計画を策定したヤツが無能なんじゃね?

2:特措廃止の理由その1、「緑の保全・創造による受益は、すべて市民(個人・法人)に広く及んでいることから~」、市外からの通勤者が多い法人はそんなことないんじゃないんですかねぇ。
ましてや、受益者()の市内在住の従業員は個人の住民税にも上乗せされているっつーね。

3:特措廃止の理由その2、「現行の課税免除措置は、リーマンショック後の厳しい経済状況を踏まえて、例外的な措置として導入されたが、現在では、回復傾向が見られること。」
うーん、赤字企業に向かって良く言えるなぁ・・・。
さすが、市会議員といえども政治家、面の皮が厚いことよ。

4:2、3の理由から、そもそも法人が納めるべき税金なの、これ?
就業時間中に、「さて、みどり税で保全、管理されている施設で休憩してくるか」なんてことが許される企業はないと思うけど。
まぁ、市民の均等割だけだと、個人の負担が重くなってしまうからという理由はあるだろうけどさ。


ま、あれだ、一番の問題は、以前、「なんちゃら博」とかぶち上げて赤字垂れ流したあげく、「ヤクザ怖いっす」って横浜のイメージを落としてまで任期途中で辞めちゃった市長もいた横浜市のこと、どうせ政治家と外郭団体やら土建屋が、「君の見えないところでガッチリ握手!」してんだろうなぁ、と容易に想像できてしまうところだよね。

あ、そうそう、この「横浜みどり税」が可決されたときの市長って、その辞めちゃった市長なんだよね。
「横浜みどり税」の導入が先行していたとはいえ、「なんちゃら博」の赤字額が、大体、一年分と同額なあたり・・・。

そういえば、その辞めちゃった市長、今、国政に関わってるみたいだけど、どういう神経してるんだろう。
しかも、この前の選挙でお隣の川崎から立候補したんですってよ、奥さん。
悪評が消えてると思ってたんだったら、相当めでてーなっ、HAHAHA~。


クッキー

ブラウザのクッキーの話。

インターネット広告で、ブラウザのクッキーから情報を得て、関連がある内容を表示したりするものがあるけど、アレの管理ってもっと簡単にできるようにならないかな。

アマゾンで商品を閲覧したりすると、それと似た商品がアマゾン以外のページのインターネット広告で表示されたりするアレ。
利便性は多いに感じる反面、さすがにどこまで情報を抜かれているか分からんのは気持ちが悪い。

「一切アクセスすんな」の設定はできるようだけど、それはそれで不便な感じもするし、その他可能な設定が「各ページごと」っていうのは、ちょっと細かすぎるし。

セキュリティー・レベルの設定みたいに、アクセスされても良いレベルを設定できる良いんだけど。
これは表示させたくないんだけど、あれも表示しなくなっちゃうんだ、ということはあるだろうけど、人それぞれどっちが便利か選択できるし。
どうしても細かく設定したい人は、各ページごとに設定すれば良いし。

どうしてこんなことを思いついたかというと、必要があってアニメのサイトを閲覧したり、誤ってエロゲの広告を踏んでしまったことがあったのですが、その後、他のサイトにインターネット広告が埋め込まれていると、それらの広告が出るようになってしまったから。
アニメのサイトに関しては、なにやらゲーム化されるらしく、その広告が、その、なんていうか、エロゲの広告とあんまり変わんないような内容で・・・。
いや、ホントにたまたまなんだけどさ。
クッキー全削除しようかと思うくらい、アレなの・・・。


雑談

あぁ、昨日、祝日だったか・・・、で、今日がクリスマス・イブとは。
まじめな話、全然気がつかなかった。
ドラマばかりではなく、バラエティとかも見ないとダメですなぁ。
ま、テレビからしか季節を感じられないお粗末な生活のほうが問題かも知れないケドさ。


au「スマートバリュー」のシリーズCM で、おとくちゃんが「インターネット・プロバイダー」のことを、ずっと「インターネット」といい続けてるのが気になる。
まー、家族で使うサービスみたいだから、そういった用語に触れた事がない人にも分かりやすくってことなんだろうけど、誤った用語が広まっていくきっかけを見ているようで、気持ちが悪い。


ワーズハウスへようこそ で、ことはお姉ちゃんがサンタコス。
誰得な気もしますが、遠い地へ留学中のおじいちゃんもきっと成長を喜んでいるでしょう。
そして、急に文之介君が、知らない言葉だけじゃなく、語源が気になってもくしゃみをするようにしまった。
本格的にネタ切れなんだろうか。
あの外国からきた、ことはお姉ちゃんのお友達もたまに出して、和製英語ネタも織り交ぜていいのよ。
というか、一時期頻繁に字引家に出入りしてたのに、急にいなくなっちゃったのは帰国したからだったっけ。
ことはお姉ちゃんと大喧嘩でもしたんだろうか。


あー、円安が止まらんねぇ。
今回は、無理に金融緩和しなくてもアメリカの利上げで勝手に円安になったような気がしないでもないんだけど、まさか、アメリカから事前に通達がないわけでもあるまいし、円安大歓迎なのかな、日銀&政府。

バブル景気のときと決定的に違うのは、内需が冷え切ってるところなんだと思うんだよなぁ。
あの時代は、国内でお金が回っていたもの。
根っから貧乏なワタシでも、安酒を飲みに行って終電逃したらタクシーで帰宅したりしたもんです。
そして、翌日財布の中身を見て泣くっつー。でも、そういう空気感があった時代でした。

今はねぇ、もう、リーマン・ショック以降、景気よくお金を使うことはないんじゃないかな、人も企業も。
アメリカの企業がやらかしたことが、あんなことになるなんてねぇ。
もう、誰の心の中にも「いつなんどきどうなるか分からん」って染み付いちゃってるような気がする。

そんな悲観主義者だから、いつまで経っても貧乏暮らしなのかも知れん。

ま、原油価格が落ちているのは良いこと。
でも、原発再稼動するまでは、どこかの電力会社が値上げするんだもんね。

あ、蓄電購入&開発に補助金が出るのも良いこと、良いこと。
あと、効率の良い送電開発にも補助金・・・、出てるのかな。


最終回その2

ドスパラのメールがうざいなぁ・・・。
前に、一回「送ってよこさんでいいよ」して、しばらく経ってから通販使おうとしたら、メールマガジン登録しろとか言われたんで、そのままにしてあるんだけど。
通販使うときって、大体忙しくて買い物に出かけられないような状況が多いので、一々パスワード探したりするの面倒なんだよねぇ。

普通のお買い得情報も週一くらいでいいのに、なんだよ、上海問屋って。
そんなの送って良いなんて許可してないんだけど。
個人的には中古情報もいらないしなぁ。昨今、中古買うより新品のほうがお安かったりするし。
どの情報を送ってくるか選択できるようにならんかなぁ。
うざすぎて読まずに削除することも多いので、逆効果な感じもするんだけど・・・。


ごめんね青春!

あれ、視聴率悪かったの? 意外。
主人公の性格が、錦戸亮のキャラに合わなそうなところは心配してたけど。

最終回の、錦戸亮が波留に自分が放火犯だと告白するシーンをばっさりカット(その後、全校生徒にも告白するからね)したのも潔くテンポ良かったし、クドカンらしく、毎回、意外な展開で面白かったのに、もったない。
逆に、あの枠でやるには意外な展開すぎたのかも知れない。
3択クイズも。

富士山のシーンは感動的だった。


すべがFになる

うーん、ちょっと謎解きが難しすぎたかなぁ。
動機も観念的なものが多かったし。

綾野剛、早見あかりのキャスティングもちょっと・・・。

綾野剛の謎が解けたときの演出は必要だったのかなぁ。
あの苦悩の表情もなぁ。綾野剛には合わなかったような・・・。

早見あかりも、出番が少なくなっちゃったけど、マッサンの妹役のほうが断然良かったし・・・。

いや、二人とも好きなんで、ちょっと残念な感じ。

1話完結にしなかったのはかえすがえすも。
今日び、謎解きが気になった人はネットで調べちゃうし、謎解きが難しかったらなおさら・・・。



深夜食堂 3

最終回は年越しそば。
色んな種類のそばが出てきて、見ていて腹が減ったことよ。

最後のメタ発言は、まぁ、深夜食堂なら許せるかなぁ・・・。




信長協奏曲 は、録画してあるけど未視聴。
時間の都合で、時間延長部分は見たけど、ううーんな最後。
本当の結末は映画で! は、もうやめないか、フジテレビ・・・。


話変わって、年末年始のみずほ銀行のATMの営業日を調べてみたら、24時間稼動店の1/2が祝日営業になってますわよ、奥さん。
1/2ってなんかの祝日だったっけ?

やらかしたときだけ手数料無料にするとか、そのとき用がない人には恩恵がないようなことしくさる。
アレをきっかけに以降手数料無料にすれば良かったんや。



Windows アップデート

悪評高いウィンドウズの自動アップデートですが、こまめに電源を切るたちなので、これまで実害がなかったんですが、先日ついに。

テレビを録画で使っていたハードディスクの調子が悪く(PCにつなぐと問題なく動作するんだよね)、ソフト を使って不良セクタの修復なんかをやってみた。
それ自体、丸一日とか時間がかかったんだけど、その後、ついでに完全イレース(0フィル)やろうかと思ったのが運のつき。

「こりゃ、一晩掛かっても終わらねーや」で、モニターの電源を落として就寝、翌朝起きて様子をみたら、ウィンドウズの自動アップデートで再起動してたとさ。
え? ソフトが動いていても強制的に再起動するの?

何様だ、MSーーー! 時間返せー!! とプルプルしても後の祭り、気力が失せて簡易イレースしたんでした。

パソコンて、パソコンてそんなために存在するんじゃない、決して。