何かに似てると思ったら


携帯電話の登場まで、まだまだ時を経なければならなかった遠い昔、渋谷のハチ公前で友人と待ち合わせをしたことがあった。
当然、ネットで乗換え案内や列車到着時刻を調べられるはずもなく、待ち合わせの時刻の15分以上前に到着してしまうことも良くある時代。
まぁ、この辺は慣れたもので、前もって週刊少年ジャンプを購入しており、読みながら友人を待つつもりであった。
そして、耳にはウォークマン(カセットテープ)。
これで、外界の情報は完全にシャットアウト。

と思っていたら、右翼の街宣車が目の前の道路に駐車、拡声器を使って何やら主張をがなり始めた。
「うるせーな」と思いつつも、待ち合わせ場所から移動するわけにも行かず、ウォークマンの音量を上げてやり過ごそうとするも、そのうち、迷彩服を着た兄さんたちが街宣車から下りてきて、通行人に声を掛け始めた。

待ち合わせで突っ立っているワタシなどは、絶好の標的。
お兄さんの一人が目の前にお立ちになられて、何やら小難しいことを言っているご様子。
まぁ、ウォークマンの音量を上げているので、何を言ってるかは聞こえないんだけれども。
加えて、少年ジャンプで視界を遮って、情報遮断。
まぁ、その内、他の標的を探すことだろうと思っていたんだけど、お兄さん、何を思ったか、少年ジャンプを押し下げて、「マンガもいいけど、国是をもっと考えないと~」と、主張をお続けになる。
いや、友人が来るまで、無視しつづけたんだけどさ。相手するのも疲れるし。

SNSでの、政治的な意見のように見えて人格否定に近いことまでしちゃう書き込みって、コレに似てるんだなぁと、この年末、ふと気がついた。

まったく興味がない、もしくはそんな気分じゃないときに、読まされる、己こそ絶対正義という胡散臭い書き込み。
年末・年始くらい穏やかに過ごせないものかね。
もう少し、空気を読んでもらいたいものだわー。

スポンサーサイト

慰安婦問題


穏やかな年末・年始を迎えたいと思っていたのに、慰安婦問題合意 のニュースで、ネット界隈が騒がしいなぁ。

とらえ方は個人の自由だけど、賛成にしろ反対にしろ、感情むき出しでSNSに書きなぐるようなマネは慎んでもらいたいところ。
まぁ、日本のまとめサイトでもそうだけど、韓国のまとめサイトの釣りの餌になるような書き込みはしないほうがよかろう。

どうせ大統領が変わると、あれは前の大統領が言ったことだもんとか言い出しそうだし、まぁ、冷静に見守るのが吉。

政権末期になると、急に反日を声高に言い出してきた歴代韓国大統領とは、ちょっと違うところに期待はしてるけど。
まぁ、あとは任期満了のあとに、就任時の悪事がばれて逮捕されないことを祈るよ。
これがあると、悪いことした大統領の決めたことなど・・・と、なりかねない。

休みを利用して


プライベートな仕事(ってなんだよ)を片付けようと思ってたんだけど、どうにもインターネッツに入り浸ってしまって捗らない。

うーん、今はインプットの時期ってこと?
(あとで、後悔するなと思いつつ・・・、年末)

同人系は


なにやら、世間は大規模イベントで盛り上がっておりますが、まぁ、同人はなぁ・・・。
と、一括りにしてはいけないハナシだとは思いますが。

数年がかりでブラッシュアップして、やっと完パケたブツを今年2月にお渡しして、以降、音沙汰無し。
で、今月10日に「夏のイベントには準備が整わず」という謝罪とともに、クレジット表記の確認メールが届く。

紆余曲折あったにせよ、日の目を見るのは嬉しいこと、クレジット表記に間違いがあったので訂正して、こちらでも告知したいから、リリース情報を教えて欲しいと返信。
そして、また音沙汰無し・・・。

まぁ、所詮はワタシの作るもの、大したものではないことは周知の事実なので、好きに扱ってもらってイイし、「夏のイベントには~」と言ってるだけで、冬のイベントに出すとも言ってないし。

とは言え、わー、やっと出るんだー! ヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ♪ → なんだ、やっぱり出ないのか・・・(´・ω・`) の落差がねぇ。
ちょっと同人にはコリゴリな気分にはなるのだった。

今度から、作って出すまで、自分でやることにするよ。

ご褒美


時節柄、頑張った自分へのご褒美で、プチ贅沢くらいなことをしている方も多かろうと思うんだけど、まぁ、頑張った自覚もない自宅警備員は、どうしたら良いだろうかねぇ。

相変わらず、くだらないことで悩むものよと自嘲気味に思うのだが、何かの理由をつけて、地元のもつ焼き屋で一杯やりたいだけなんだよね。

倍音問題とかについての愚考


というわけで、ヘッドホン問題 で揺れるワタクシ、色々な機種のスペック表を眺めては、「うーん、これからハイレゾとか言ってるし、20KHz以上対応してるほうが良いのではないのだろうか?」などと考えて、ハイ・スペック、ハイ・プライスな機種を見てため息をついたりしてるわけです。

ため息をつきすぎて酸欠気味になると、「そもそも、20KH以上zって可聴範囲外だし聞こえないんじゃないの?」と、ハイレゾ全否定なことも頭に浮かんだりするわけですよ。
ハッ!? と息を呑んだ瞬間、酸欠気味の脳に酸素が送られ、コペ転、「いや、俺の耳がそもそもどの周波数まで聞き取れるんだ?」ってことで、自分でモスキート音を作って(Youtubeとかにも載ってるらしいけど、圧縮が掛かってるだろうし、信用できねぇ)、試してみた。
うーん、Youtubeの耳年齢判断に出てる周波数/耳年齢から判断するに、実年齢よりは若いんだけど、そこそこハイ落ちしてるらしい我が耳。

まぁ、ガッカリしつつも、安めの機種でもいいような気がしてきた。

聞き取れなかったのは再生環境のせいかも知れないケドさー。タブン、ソウダヨネー。オレノミミハワルクナイヨネー。

ハイレゾの可聴範囲外の音について、ついでに愚考するに、まぁ、そもそも生楽器の倍音に可聴範囲外の音が含まれる場合があるわけで、原音忠実派には、やっぱり高サンプリングレートってのは必要だろうとは思うのよね。

でもさぁ、生楽器収録する際のマイクって20KHz以上の音を忠実に拾えるのかなぁって疑問もあるのよねぇ。
プラグインを含むシンセ類も、結局、DAC部分の性能で、再生周波数帯域が決まっちゃうわけだし。
サンプラーなんか音程で変わっちゃうしねぇ。(全音マルチサンプリングしてる音ネタは除く)

実は、ビット数を増やす(解像度を上げる)方向に振ったほうが、音楽的には正解な気がしてきた今日この頃。
まぁ、どうせならってことでサンプリング周波数も上げちゃうんだけどさ。
精神衛生上、そちらのほうがよろしいって感じなんだけども。つっても、24bit、48KHzくらいだけどねぇ。
次回作は24bit、48KHzでミックスしてみる。次回作って?

さてさて、ウロウロとその辺のことを愚考していたわけだけれど、もう1つついでにシンセについて。
個人的な来年の課題に Audio Units で Instruments プラグインの制作なんてこともあるわけです。

ちょうど、アナログ・シンセで、ちょっと変わったことが出来ないかなぁなんてね、考えていたわけです。

アナログ・シンセは、ざっくり言うと、単純波形をレゾナンス&フィルターで倍音調整してるんですけど、この倍音をオシレータで直接制御したらどうか? などと考えたわけです。

倍音制御用にオシレータを4つくらいもって、ミキサーでまとめて、最後にレゾナンス&フィルターをかましたらどうだろうか? なんて考え付くわけですよ。
基音の他に倍音用のオシレータが3つくらいあって、上下2オクターブくらいの周波数の倍音調整ができるってどうかなって。

あぁ、文字では伝わらない。伝わらなくて良い。

なぜなら、あれ、それって、ワタクシが実機とプラグイン含めて数十年間使ってる KORG の MONO/POLY じゃね? という結論がでてしまったから。
今まで、そんな考え方で使ってなかったから、気づくのに時間が掛かってしまったわ。
まぁ、ちょっと信号の流れは違うんだけれども。

うーん、結局さぁ


東芝とか、タカタとか、旭建材とか、東洋ゴムとか、アベノミクスが大企業を狙い撃ちして景気浮揚させようといてるのに、見事なまでの裏切りというか、何やってんの? って感想なんだよねぇ。

まぁ、それまでの切り詰め政策で、大企業も追い詰められちゃった結果なのかも知れないケド。
とはいえなぁ。

もはや、日本は経済大国なんかではないのだということを胆に銘じないといけない時代なんだねぇ。

CD900STのイヤーパッドを交換する


我が愛機であるヘッドホン、MDR-CD900STのイヤーパッドとウレタンリングを交換した。
イヤーパッドの表皮(?)が剥がれてきたので、ついでにウレタンリングも交換しちゃえと。

まぁ、特に画像を掲載する作業でもないので、写真も撮らなかったけど、注意点としては、ウレタンリングを剥がすときに、接着テープを爪で引っ掛けてやると、キレイに剥がれますよってくらいかな。

で、肝心の音だけど、やっぱり鳴り方は変わりますね。
ウレタンリングのせいか、イヤーパッドのせいかは分かりませんが。
1年ちょっと前に、ドライバーとヘッドバンドを交換したので、一応、ハウジング部とグラスウール以外は全て交換済みになっちゃってるんですが、どうも新品のときとも鳴りが違うような気がするのよね。
まぁ、ドライバーとヘッドバンドを先に交換してるからかも知れないケド。

そろそろニューカマーが欲しいところで、どれが良いか悩んでいるんだけど、海外製品はAKGで懲りたので、国産かなぁ。
いや、音は別に良いんだけど、左右の幅が狭くて、メガネをかけたまま長時間装着してると耳が痛くなっちゃうんだよね。
控えおろう! 頭が、頭がデカーイ! ってわけです。
2万円以内、できれば1万円台前半で、ミックスにも使えるヘッドホンはないものか。
ヤマハかなぁ。デザインは好みなんだけど。

ま、来年の課題ってことで。

最終回その7


下町ロケット

ひー、すっかり書いたつもりでいたあたり、なんか自分が怖い。

というわけで、最終回が始まる前の2時間は、追加撮影部分を加えた最終章というダイジェストだったわけですが、最終回にスムースに繋がりすぎて、ワクワク感が薄れてしまったのはちと残念。

土屋太凰の彼氏か? と思われたマサヒコ君が猫だったで、ふーんと、ながら見になってしまったのがイケなかったかも。

さて、肝心の本編ですが、ガウディの結末がちょっと流れすぎだったのが気になりつつも、面白かったですね。
サヤマVS佃がメインだったので、しょうがないかってところですかね。
個人的には、あれだけ個人的事情を抱えた石倉三郎の心情なども細かく描いて欲しかったところですが。

まぁ、やっぱり、高視聴率男と言われる阿部寛の演技が良かったってことでしょうか。
シリアスとコメディが絶妙でした。
立川談春も良かったし。

しかし、高橋光臣が悪役づいてるような気がするのよね。
もう少し、コメディとか3枚目っぽい感じの役もやって欲しいところ。

キンコメ今野は、役者づいてますが、相方が・・・。
どうなるんすかね。



ところで、月曜ゴールデン 警視庁機動捜査隊216V まだ見ぬ夜明け で、やたらとテーヘンの人の犯罪を取り扱ってましたが、なんだか身につまされて気分が落ちまくる。
年末くらい、、もう少し救いのある話にならんか?
岡本玲が、子持ちのキャバクラ嬢で、えっ、あの優等生がー!? という変な感慨を抱いたりするのは良いとして。
格差社会への警鐘って感じでもなかったし。

ヒドイ気分


さて、昨日の朝から、一人で飲みに行くとして、昨日24日(クリスマス・イブ)と、本日25日(クリスマス&サラリーマンの給料日の週末)のどちらがヒドイ気分を味あわなくて済むだろうかと、思案しつづけていたんだけど、まぁ、夜が明けた時点で選択肢の一つは消滅し、残る1つもどうやらそれほど良い考えとは思えなくなってきたので、きっといつものようにゴロゴロしながらテレビを見ていることでしょう。

ところで、先日22日に放送された 黒蜥蜴 、キャストも豪華だし、ちょっと期待して見たんだけど、うーむ。

まぁ、舞台を現代に移すのは良いとしても、なんで、ああいう演出にしてしまうんだろう。
青少年向けとしても、ちょっと・・・。

「何度目だ、ドラマ化」という感じはするので、斬新なことをやりたいのは分かるんだけどなぁ。


個人的に、最近の気温差のように、良い気分と悪い気分の差がヒドイことになっている昨今。
テレビ番組の内容くらいは安定していて欲しいもの。