FC2ブログ

新ドラマその4


新ドラマって、もう中盤に差し掛かってますが。

イノセンス 冤罪弁護士

うーん、主役の坂口健太郎弁護士のキャラクター物って感じでもありますね。
面白くないわけではないんだけど、真犯人を暴いて冤罪を晴らすわけではないので、爽快感は薄め。
まぁ、弁護士の仕事って本来そういう物だろうけど。

藤木直人准教授の大掛かりな実験によって、事件時の状況を再現して真相を解明するってのが、ガリレオ的に思えて、こちらも驚きが少ないんですよね。

杉本哲太弁護士事務所長の不採算部門である刑事部門を切り捨てるために、坂口弁護士を敵視している態度とか、どうも、この、
またかよ的な。

まぁ、そのうちデレるとは思うけど、川口春奈新人弁護士も、坂口弁護士の変わり者っぷりに呆れているわけだし、この味方が少ない状況って、連ドラを作るほうは、色々盛り込めて良いんだろうけど、見てるほうには、中には「なんでそこまで敵視しなくちゃいけないの?」って不可解な役どころの人もいて困る。

そして、2年で数件の冤罪事件を明らかにしたという実績は、1クール毎週解決するにはちょっと足りないよなーって。


ハケン占い師アタル

うーん、お仕事のお悩みを、主人公の杉咲花が占いでビシっと解決する痛快娯楽ドラマ…、的な物なのかな?

まず、杉咲花が派遣でやってきたイベント会社の制作Dチームの面々がどいつもこいつもクズっぽくて、感情移入しづらい。
キャラクターを振りすぎてるような気がする。

で、肝心の杉咲花の「ビシッと」の部分なんだけど、元々地声が高いから、声を張るともっと高くなって、聞きづらくなっちゃうんだよな。
制作Dチームを何とかしたら、若村麻由美との対決になるんだろうけど、これまでが伏線になってひっくり返るかなぁ。

いまのところ、ちょっと驚きは少ない展開。

あぁ、そうだ、志田未来、結婚したんだっけ、のほうが驚くわけです。


初めて恋をした日に読む話

東大受験失敗で燃え尽きてしまい、今はやる気もやりがいも感じられないアラサーの塾講師深田恭子が、教え子の劣等生が東大を目指すと言い出したことから、それまでの自分の人生を見つめ直しつつ、教え子を育てていく…、的なところが主題で、あとは色々恋バナ的な?

今のところ、恋バナ的な部分はサイドストーリー的な展開なんだけど、これから主題になっていきそうだな。
そっちに振られすぎると、ちょっとついていけなくなるかも知れない。

まぁ、深田恭子、劣等生、受験、なんてキーワードが並ぶと、同じTBSで「下剋上受験」なんてのもあって、阿部サダヲが出てきそうな感じに思えてしまうんだけど。

安達祐実がいい味。


記憶捜査~新宿東署事件ファイル~

この枠では圧倒的に強い三匹のおっさんで、とぼけた味を出してる北大路欣也のシリアス刑事物。

っていうか、警察退官直前の事件で車椅子生活になって、退官後再任用されて内勤職にありながら、記憶を頼りに事件を解決に導くって、おみやさん原作のドラマ化でも実現できなかったアームチェア物じゃないか。

で、署内での対立構造なんかもギスギスしてなくて見やすい。まぁ、この枠だからってのもあるかも知れないけど、事件に疑問を抱いた北大路欣也に代わって、捜査に出向こうとする上白石萌音を、刑事官の風間俊介が「それは(内勤の)君の仕事じゃない!」くらいの対立であれば納得できる。

なんだかんだ言って、車椅子で立ち回り演じちゃったりするんじゃないかと思ってたけど、今のところ、それはなし。
欲を言えばもう少し地味でも良かったくらいなんだけど、言い出したらキリがないので…。


みかづき

いや、NHKらしいどっしりした作りだし、面白いと思うんだけど…。
展開が早いのと、今、このドラマを作る意味、っていうか、制作側が言いたいことがはっきり分からないんだな。
やっぱり教育問題とかそっちになるのかな。

まぁ、過去と現代が結びついたときに分かるような作りになっているのではないかとは思うんだけど。



スポンサーサイト