FC2ブログ

最終回

PC遠隔操作事件の被疑者が自白。

警察の地道な捜査が実ったということだろうけど、一方、誤認逮捕が続いたところを見ると、サイバー犯罪の証拠固めってやっぱり難しいんだなぁ。

結局、被疑者がスマホを土に埋めたところを捜査員が目撃して、スマホの内容と付着していたDNAが一致したのが決め手になったということは、やっぱり、PCに残っていたデータなどの無形物だけでは証拠としては弱いんでしょうか。

この件で、コワいなと思ったのは、サイバー犯罪に対する捜査力に地域格差がありそうなところ。
サイバー犯罪とか、やっぱり中央のほうが人員割いてそうだもんね。
ま、単なるイメージだけど。

で、一番ヤバかったのは、「素直にゲロっちまえよ。そんな少年院に入りてぇのかっ!」机バーン!(ほぼ脚色)
捜査力の地域格差はサイバー犯罪に限ったことではないのかも知れない。
ピーガルたそ。


ロング・グッドバイ

主人公のキャラに、時たまあんちゃんぽい臭いを感じたところと、女優陣がアジアン・ビューティー系ばかりだったところを除けば、おおむね面白かった。
まぁ、結末から考えるに、アジアン・ビューティーである必要はあったのではあるけれど。

原作のアジアへのローカライズもうまかったですね。
無理やりな感じはなかった。

まぁ、OPのカッコよさで大抵のことは許せるケド。

欲を言えば、大物・柄本明との対決(?)シーン、もう少し日本的にクドくやっても良かったかも。
ちょっと、探偵、手も足も出ずに見えちゃったかなぁ。
まぁ、手も足も出なかったから、冨永愛が飛び込んでくるところが生きるんだろうけど。

あと、復興に結びつけるのは、意図としては分かるけど、わざわざ映像化してナレーションをつけるのは無粋。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント