FC2ブログ

最終回その7

最近、歩道橋にエレベーターが設置されているところも多くなってきたけど、扉が開いた瞬間に勢い良く飛び出してくる自転車はなんとかならんものか。
とくに上りで、「自転車は押してください」をブッチして走り去って行く自転車はなぁ。

とはいえ、ただでさえクソ重い電動アシスト車に、お子さんを二人乗せてるお母さんに押して歩けよというのも酷なので、ボタンを押している間だけ時速2km以下で自走するような機能を付けてみてはどうか。ボタンを離したら止まるようにして。
え? 自走すると道交法が? 
集団自衛権は解釈でなんとかなると言ってるんでしょ? これくらい楽勝、楽勝。


ビター・ブラッド

最近、珍しいコメディ・タッチの刑事物だったんだけど、もう1つ話題にならなかったなぁ。
個人的には、こういうノリも好きなんだけど。

最終回は、モリアーティ・及川光博との最終対決だったけど、ミッチーやりすぎて逆に小物感が・・・。

時限爆弾のコードを切ると銃弾が発射される仕掛けは良かった。
なんか元ネタがあったような気もするけど、記憶力が悪くて思い出せないので単純に楽しむことにする。

しかし、大逆転の2発目発射で、おい、どうやってロードしてるんだよが気になってしまったので減点。
その前の観覧車の爆弾の停止スイッチが、渡部篤郎刑事の時限爆弾の起動スイッチになっているとか、分かっちゃいるけど、面白かったのに。

忽那汐里は、ちょっとコチャコチャした発声が気なった。
1回舞台やったほうが良いかも。基本、早口なのかな。

鍵山班のメンバーは、個性的で面白い配役でした。
え、EXILEって今こんな地味な顔立ちの人いますのん? という新たな認識も含めて。

全体的にはお色気担当がいなかったのは残念。

皆川猿時のアドリブ(?)は毎週楽しみでした。
「くっせぇ~、何食ってんだ?」「こ、米!」で、そのあと所在なげにしてるとか。

吹越満、来期は9係かぁ。刑事役続きますね。

これだけコメディなら、渡部篤郎に「しぃ~ばたぁ~」とか言わせても良かったんじゃ。局違うけど。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント