FC2ブログ

新ドラマその5

あすなろ三三七拍子

母校の応援団存亡の危機を救うため、OBの西田敏行社長が柳葉敏郎中年社員にリストラをチラつかせて、応援団団長(=学生)として母校に送り込み、再建していくハナシ・・・、なのか。

うーん、設定は奇想天外だし、面白くないわけでもなかったけど、絵面は地味ですよねー。

応援団のおの字も知らない柳葉敏郎が特訓する姿や、雨中の応援してる姿なんかは、やはりベテラン、感動的ではありましたが。

新部員に、大内田悠平、剛力彩芽、風間俊介。
柳葉敏郎をサポートするOB役に、反町隆史とほんこん・・・。
誰がキャスティングしたんだ、コレ。

女子分の主成分が、チアの高畑充希だけとは・・・。
あ、剛力彩芽もいるけど。

重松清原作という期待はあるものの、ちょっと「夫のカノジョ」臭を感じてしまったのも事実でないこともないような気がする。



東京スカーレット

都知事の調子の良い発言で、警視庁に新設されることになった女性を責任者とする New Service係、略してNS係。
さっそく、殺人事件を担当することになるが、そこに姿を消した恋人を探す所轄の水川あさみ刑事が加わって・・・。

水川あさみアラサー女子刑事が主人公ということで、数ある刑事ドラマでも女性をターゲットに絞った内容になっていく、のかな。

個性的なメンバーが集まったので、そちらのほうでも面白い展開は期待でそうです。
初回、水川あさみが発見した凶器は、マンションに調査に入るため生瀬刑事が偽装したものという仕掛けがあったし。

とはいえ、「京都地検の女」的に主婦の勘ならぬ、アラサー女子の勘的な捜査は控えて欲しいものです。
初回、妙に観察力のあるところは描写していたので、捜査の取っ掛かりを見つけて、あとはベテランが、という感じになりそうではありますが。

うーむ、岩田さゆり、夢やぶれてキャバクラ嬢という設定ではありましたが、殺され役かぁ。
犯人役はもう少し本気で殴りつけたほうが良いかも知れない。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント