FC2ブログ

3Dプリンター

うーん、先日の銃の製造のときに思ったんだけど、あれ、現存しない銃弾の口径で作っても逮捕されちゃうんですかね?
殺傷能力ってところに引っかかってるんですね。

火縄銃とかどうなんだろうとか。
たまたま、ベアリングのボールと同じくらいの口径で火縄銃を作っちゃったら、あと火薬があれば発射できるじゃねーかで逮捕されちゃうんだろうか。

で、まぁ、女性器ボートを作ろうとして寄付を募って、お礼にその3Dデータを渡そうとした芸術家のハナシ。
うーん、いきなり逮捕するような案件なんだろうか。

芸術家だし、厳重注意とかにすると後から裁判で芸術と猥褻の判断とか争われたり、厄介なことになりそうだし、銃のときみたいにネットにアップされてから動くと印象悪いから、早めに逮捕しておきましたという感じがしないでもない。
まぁ、どうしても、ダビデ像の3Dデータを販売するのはいいのか? とは思ってしまうもの。

脱法ハーブで後手後手に回っている現状、銃製造の一件で、3Dプリンターのことは良く分からんが、けしからん物じゃ、早めに取り締まるんじゃー! ってなってるんでしょうかね。

これから犯罪とそうでない行為との法律的な線引きが行われていくのではあろうから、まずは厳しく取り締まって、ってところが近いのかも。

この辺はエライ人たちが上手い具合に連携を取って対応してくれないと、また、技術はあるけどソフトがない状態に陥ると思うんだ。
異能ベーションとか言ってる場合じゃなくてさ。


そういや、暴走族→珍走団みたいに、脱法ハーブの呼称を変えようというハナシがありましたが、ヨダレ草はどうだろう。
珍走団なみに定着しそうにないな。
っていうか、「珍走団」使えよ、マスコミっ!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント