最終回その11

聖女

うーん、演出が八方美人だったなぁ。

序盤、ベッドシーンありのメロドラマ風に始まって、法廷モノかと思いきや、サイコ・サスペンス風に発展して、最後は兄貴を殴っていい話風に締める・・・。
まぁ、全体を通してサスペンス風味はありましたが、それぞれのジャンルが好きな人にとっては、「お、面白くなってきた」と思って次の回を見ると裏切られる作りだったような。

ワタシは個人的に法廷モノに期待していたので、ちょっとガッカリでした。
岸辺一徳所長のキャラも濃かったし、法廷の場面が多いのかと思ったら、永山旬斗弁護士の成長の手助け係だったでござる。

ま、連佛美沙子が、思ったよりヒドイ目に遭わなくて良かったです。

中田喜子被害者の妻はさすがベテラン。

青柳翔主人公の兄の、ひねくれ者むかつくぅな役も良かったです。


最終的に控訴審でも無罪を勝ち取ることになる依頼人のことを、たとえ自宅だろうと「彼女はたまたま罪を犯してしまったんだー」と犯罪者扱いしてしまう弁護士は感心しない。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント