新ドラマその2

学校のカイダン

底辺女子高生がスピーチ・ライターの力を借りて、学校のカイダンを駆け上がっていくサクセスストーリー?

パッと思い浮かんだのは、英国王のスピーチとザ・ホワイトハウス。

あと、場面は思い浮かんだんだけど、元ネタがなんだか分からない・・・、気持ちワルイ。
コロンボの、自分が狙撃された流れ弾で秘書が殺されたように見せかける政治家の話だったかなぁ・・・。

で、初回をみたところ、印象は英国王のスピーチっぽいですね。

まじめではあるけれど、小心者で、学園ヒエラルキーの底辺に甘んじて、ヒエラルキー上位の生徒から疎まれないように気を使っていた女子高生が、ある日、生徒会長に専任されてしまったことから、スピーチ・ライターの力を借りて、学校改革を訴えていくといったところでしょうか。

スピーチ・ライターの神木隆之介が車椅子だったり、私生活が謎に包まれているのも、英国王~っぽい。
後々、それほど恵まれているわけではない私生活が分かってくるのかしら。

初回は、冤罪で退学になりかけた須賀健太を救うため臨時生徒総会を開いて、スピーチ・ライターの原稿を元に、学校改革を訴え、学校中のブーイングを受けるところまで。

まぁ、底辺にいることを示すためではあるだろうけれど、いじめの描写は見ててツライ。
いやー、何もそこまでと、思ったところから30秒から2分以内でCMにいって欲しいものです。


杉咲花が珍しく悪者役。
四天王の中ではヤツは小物・・・、ポジションなので、主人公側に転向するのかしらん。

ちょっと、浅野温子のポジションが分かりづらかったけど、ラスボスなんすかねぇ。

神木隆之介と須賀健太・・・、大泉洋先生はでないの?

初回、改革を訴えるシーンなど爽快感もありつつ・・・なので、毎回、そういうシーンがあることを期待。
善悪が完全に分かれている分かりやすい構図なので、問題起きる→主人公曇る、次週、解決編とかやられると、ちょっと視聴継続が難しいかも。
その辺は、パンパンパンッとテンポ良くお願いしたい。


 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント