新ドラマその6

警部補~杉山真太郎~吉祥寺事件ファイル

女性の社会進出(男性社会で生きる女性)を取り上げるドラマも増えてきましたが、一方で、妻を亡くした刑事が子供を育てながら仕事を続けることができるかというテーマだったりするのは面白い。

とはいえ、この枠なので、そうそうシビアな現実が突きつけられることはないとは思うけど。

池中玄太80キロとか、パパと呼ばないでとかそんなパターンなんじゃろかと思ったら、両方とも子役が杉田かおるじゃねーか!
まぁ、長女役が本田望結という、達者な子役ってところには共通点が・・・。
母の病状の急変に間に合わなかった父に対しての憎しみ溢れる目つきにちょっと引くワタシなのであった。

というわけで、基本路線としてはホームドラマ的な感じかも知れませんが、そこは月曜ミステリーシアターという名前なので、殺人事件とか起きちゃうよーって、ギャップがヒドイな。

榎木孝明は、これまでのイメージと違う署長役で楽しみ。

お、袴田吉彦、署長が引っ張ってきたということは、珍しく陰険なだけで主人公に敵対する刑事役かと思ったら、やっぱり犯人役なだったのね。
もはや、主人公がちょっと考え込むと、「あー、袴田だー・・・」ってなってるからね。
そろそろ、ミステリーとして成立しなくなってきてるんで、事務所も仕事を選ぶように。

逆に、袴田吉彦本人が趣味を優先して、連続ドラマのレギュラーを拒んでるんじゃないかと思えるくらいですわ。
・・・酒井若菜みたいに・・・、もう少しドラマに出てもいいのよ。


すっかり書いた気になっていた・・・を通り越して、見たことを忘れかけていて自分でビックリであわてて書いたの巻。
睡眠障害なのかも知れん。昼間、眠れないし。
○○妻は録画してあるけれど未視聴なので、見たら書く。
っていうか、○○妻、昨今の番宣CMには珍しく、あらすじ漏らさなかったかなぁ。
どっちが食いつきが良いですかね。視聴率の発表が楽しみです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント