新ドラマその7

あー、もう!! どのサイトも動画を自動再生しやがって! うるせーんだよ!! せめて音をミュートしておけよ!!!

と、何かを押し付けられるのはまっぴらゴメンの介の引きこもりニートっぷりを発揮するワタクシ。
歳を取ると気が長くなんて嘘ですなぁ。

○○妻

ずいぶんと、家政婦のミタと似た設定ですなぁ。

家事、その他、スーパー付きでこなしてしまう主婦に柴咲コウ、その夫でニュース・キャスターの東山紀之。
とは言いつつ、実際に籍を入れているわけではなく、夫婦契約を結んでいるだけであった。
○○妻って契約妻ってことなんですかね。
家政婦のミタでも、契約がどうのこうので、辞めたり辞めなかったりしてたよね。

で、また、夫の家族がゴタゴタしてるんですわ。
お父さんが投資で大損してたり、借金の返済日にお金を用意できずに自棄酒飲んで、脳梗塞で倒れちゃったりして。
あ、この辺は純と愛なのかも知れない。

で、なんでか知らないけど、お母さんを兄弟の誰が引き取るかでもめちゃって。
2番目の姉が引き取ることになったら、怪しげな健康食品販売のサクラをやらせちゃったりして。

そしたら、なぜだか分からないけれど、柴咲コウが土下座して、引き取らせてください! とお願いしちゃったりして。
土下座してまでお母さんを引き取ったのに、東山紀之から契約じゃなくて正式に結婚してくれと懇願されたら、「しょうがないですね」と、家を出て行ったりして。

出て行ったら、黒木瞳とばったり、なにやら過去にいわくありげな展開・・・、って感じの初回。
まぁ、過去に何かを抱えているのも、家政婦のミタ風。

アレかなぁ、家政婦のミタの続編がないので、そのネタ流用かなぁ・・・、とゲスの勘ぐり。

まぁ、柴咲コウがおとなし目の役なのは、最近、見てないので、面白いかも。

あまりに、スーパー主婦っぷりを発揮するので、妻はくの一なの? くの一妻なの? 滝本美織なの? と思ったけど、単なる頑張り屋さんのようです。
夫の番組に出演させるために作家を張り込んで、ゆすりネタを仕入れる程度の・・・。

ということは、同居しているわけではない義父母や姉家族の食べ物の好き嫌いなんかもああやって調べたのか・・・。

最初は、純と愛的にちょっとした超能力でも持っているのかと思ったよ。

というわけで、脚本家の個性が出ている感じなのではありますが、今後、どのような展開になっていくのか、特に家政婦のミタとの差異はどうなるのかは楽しみです。

でも、作家を張り込んでるシーンて、東山紀之があの作家をゲストに呼びたいって言ったときから時系列で考えるとおかしくない?
東山紀之がゲストはあの作家を呼ぶと分かってて、前もって張り込んでいたのかしらん。



流星ワゴン

半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲームの監督が、またしても文芸物ですね。
スタッフも同じなのかしらん。文芸班として定着?

とはいえ、重松清原作、「あすなろ三三七拍子」はドラマとしては散々な結果だったし、しかも2時間スペシャルだしで、おそるおそる視聴。
科捜研の女スペシャルと迷ったんだけど。

あー、いきなりかー、いきなり主人公の家庭が崩壊してるのかー。
そして、そりの合わない故郷の父親は脳にガンが転移して言動がおかしくなってるのかー。
すべては修復不可能なのかー。

そこへ、1台のワゴン車が現れ、主人公を乗せて1年前へと時間を遡っていく、そして、そこには主人公と同い年の父親が現れる。
主人公の家庭が1年後に崩壊することを知った父親は、主人公に力を貸そうとするが、その姿は少年時代に嫌っていた父親とは違うのであった。

という感じで、主人公の故郷に残した父親と、妻、子供との家族再生の物語、になるんですかね。

主人公と書いたけど、初回を見る限り、主人公は西島秀俊というより、香川照之でしたねぇ。良いキャラクター。
これから、妻、井川遥も、実はあの時は・・・、な展開になるみたいなので、西島秀俊をナビゲーターとして、色々な物語が展開する形なのかな。

ファンタジーとリアルの切り分けも上手くて、ちょっとウェットなところもあったけど、見やすかったと思います。

「あすなろ三三七拍子」も演出によってはあるいは・・・、とは思いました。
どちらも中高年が主人公なのに。

ワゴン車って、もっとワンボックスカーみたいな車を想像してたよ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント