ここまでアレだと

まー、ここまで大騒ぎになってるのにスルーするのもアレなんで・・・。
政治的な話は苦手なんで、まぁ、あくまで所感というかなんというか。

日本人人質事件(と、新聞では書いているけど、やはり実際にご遺体を検分して、身元確認しないと殺人事件にはならないんですかね)のこと。

まず、思ったのは、イスラム国の近隣国で行った首相の、反ISIL、人道支援演説ってどうなの? ってこと。
日本人が人質になっていることは、当時、すでに把握していたとこのことなので、もう少し配慮があっても良かったんじゃないかと。
もちろん首相の言う「テロリストに気配りする必要はない」という趣旨は分かるけど、人質の安全には気配りしても良かったんじゃないですかね。
ものすごく乱暴な考え方をしてる印象を受ける。
どんな表現をしても、人質を救出できたかどうかは、たらればの話なっちゃうんで、不毛ですけど。
まー、この辺は、どちらかというと、首相肝いりの日本版NSAは何やってたんぢゃ、って感じ。
完全に外務省マターだったみたいだし。


あと、自己責任問題ね。
行くなって言われたのに行ったほうが悪いからほっとけみたいな意見。
自己責任って言葉は、小泉首相時代のイラクの事件あたりで一般化したんですかね。
まー、いくら自己責任って言われても、憲法違反はできないんで、国は全力でことに当たりますよ。
昨夜のクローズアップ現代で、バックカントリースキーの危険性を特集してたけど、まぁ、自己責任でスキー場以外の場所で楽しんだ挙句、遭難しても助けるでしょ、そりゃ。
あと、先日、危険区域がトルコ国境のトルコ側に拡張されたけど、危険区域内、危険区域近隣地域、危険区域外で拉致された場合、拉致された場所によって、国が救出にかける手間を変えるってこともないでしょ。
「あー、危険区域内で拉致されてますねー。残念ながら、国としては何もすることはできないんですよー」
「危険区域のすぐそばですねー。それでは情報収集だけはできますんで、済み次第お伝えしますねー。あとは個人でご対応ください」
「危険区域外ですね。すぐに交渉に入ります」
ギャグ・マンガじゃあるまいし。


あと、憲法がらみで、自衛隊の派遣ね。
まー、難しい話なんですが、確かに、今の憲法では、人質救出に自衛隊を派遣することはできないんだけどね。
だからって、即、9条改正論が出てくるのもどうかと。
特措法じゃダメなのか、とも思うけど、国会での承認が必要になるので、「これから、SATを派遣します。ご賛同の方は起立お願いします」って、作戦丸分かりってのも困るし。
エリート官僚ぞろいと言われる日本、偉いさんたちで、その中間のなんか上手い手を考えなさいよ。
今回のケースでは、9条改正されてても、結局、何もできなかった可能性は高いと思いますが。
どこに監禁されてたかも分からんで、救出作戦など立案できるわけがないし。
実行するとなると、また米軍との共同作戦になりそうだけど、時間もなかったし。
これだけ早く9条改正論が沸き起こると、反ISIL演説からここまでシナリオ通りなのかと穿った見方もしたくなるもの。
まぁ、それなら、大いなる皮肉を持って、日本官僚アッパレと言わざるをえまい。
もはや日本が戦争を起こすことはないとは思う(思いたい)けど、それならばいかに「戦争やテロに巻き込まれずに」、有事に対応するかってことを主眼に考えたほうが良さげなんだけど。
わざわざ憲法に「ひとたびことあらば、武力を持ってこれを制す」とか書かなくても良いような気がするんですよ。
まぁ、人それぞれだろうけどね、考え方は。


蛇足で、朝日新聞が被害者ジャーナリストを派遣したくせに、事件を反政府のプロパガンダに利用してる説。
まぁ、捏造報道で、国家規模で迷惑かけてるんで、叩きたいのは分かるけど。
朝日=悪の結論ありきで、どうにも見てて気持ちが悪い。
もう少し冷静になっていただきたいものではあります。


人命より憲法遵守ってのも違うと思うし、海外での武力行使を可能にする憲法改正も違うと思うし、悩ましいところ。
憲法については、今回の事件でカッとなった頭を、もう少し冷してから判断したほうが良いのではと思う今日この頃。

まー、でも、不謹慎を承知で言えば、安部首相って人は、かなり厨二病的に「ぼくの考えた美しい日本」を実践するんだなという印象。
つい先日まで、アベノミクスは失敗か否かが話題だったのに、もう、忘却の彼方、今は憲法改正の話で持ちきりって国民の体質もどうかとは思うんだよねぇ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント