メンテナンス

先日、近所に新しくできた(と言っても、引きこもりの個人的な印象なんで、何ヶ月も前に開店したに違いない)ラーメン屋に行ってみた。
まぁ、珍しくお外にでたら、帰宅してから飯を食うには中途半端な時間だったんで、駅前でちょいと済ましていこうって感じで。
格安のチェーン店で、半チャーハン、半ラーメン、半餃子のセットで税込み550円。
代表的なメニューが少しづつ食べられるので、まぁ、お試しにはいいかなって。
結果、うーん、まぁ、なんていうか・・・。ラーメンがカツオ節の味しかしなかったよ。
元々、外食はあまりしないので、行かなくても困らないしね。

そこで、カウンター席の隣のお客さんが、ライスのどんぶりを手に持たないで、カウンターに置いたまま食べてたのね。
まー、人それぞれだとは思うけど。
さらに、ちょっと食べては紙ナプキンを引き抜いて口を拭いて、ちょっと食べては紙ナプキンを引き抜いて口を拭いてを繰り返していたので、なんだかイライラしてきちゃって。
挙句、餃子を追加注文して平らげて、ライスを半分以上残すとか。
チェーン店で、しかもラーメン屋でマナーとか言うのも野暮だけど、なんていうか・・・、お金持ちなんぢゃろか。



さて、わが愛機というか実用機の、MDR-CD900ST、前回、ドライバー・ユニット交換してから数ヶ月、ちょっと左側の音の鳴りが悪いような気がしてきたので、エロ動画検索も飽きてきたので、緊急(?)メンテナンス。

このところ、ずっとモノラル音源しか扱ってなかったので、まぁ、実用上は、脳内補完で問題なかったんだけど、さすがにこんなこと続けてると耳のアライメントが狂うような気がしてきた。
いや、気のせいなんだけどさ。

とりあえず、Logic を起動して、ソフトウェア音源トラック(モノラル)に TestOsc 差して、1KHz,-12dBFS 再生してチェック。
明らかに左の出力落ちてる・・・。
うへー、ドライブ・ユニット再交換かー。

待て待て、その前にとりあえず中を確認しよう、と分解したところ、ハンダづけしてあったケーブルがぼろぼろ外れちゃった。
うーん、ハンダづけが甘かったか・・・。

ドライブ・ユニットがおかしい可能性も残しつつ、再ハンダ。で、TestOsc で再チェック。
・・・、直りました。

自分のハンダづけの技術のなさは置いておいて、まぁ、このメンテナンス性の良さは MDR-CD900ST の良いところ。
どこのスタジオにも置いてあるのは、このメンテナンス性にあると思うんですよね、音の良さってより。
部品も通販サイトで注文すれば翌日に届くしね。

ハンダづけ、手先の不器用さもさることながら、目が悪くなっちゃってて難儀したわー。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント