ヘッドホン

MDR-CD900ST を修理した途端、普段使っていたフィリップスの SHE-9701-A が断線・・・。
まぁ、スマホにつないで音楽を聴いていたときに椅子を引いたら、コードが肘掛に引っかかっていてスマホが落下、肘掛の下でブランブランしたとか、色々ハードな使用環境だったので致し方なし。
2年弱持ったので良しとする。値段の割に音のバランス良かったし。

で、SHE-9701-A を買い直そうかと思って、Amazon さんを覗いたら、後継機種の SHE-9711 のほうが180円くらい安かったので、ポチってみた。
あー、L字型プラグだったー。
コードも9701と違って分割できなかったー。
説明を良く読めよー、オレー。><
まー、実用上は差し支えないので、そのうち気にならなくなるでしょう。

ところで、実はMDR-CD900ST、その後、もう一回バラして再調整していたりする。
まだ、ちょっと左に出力が弱いような感じがしたので・・・。
ミックスダウンしてるときにパンを調整すると、思ってるより右よりに定位するような感じ。
センターが指一本くらい右に寄ってるというか。
で、再ハンダして、ドライバー・ユニットの向きを左右で揃えてやったり、ミクロングラスを丁寧に詰めなおしたら、何となく直ったような気がする。

つーかさー、自分の左耳が悪くなったような気がしちゃって、冷や汗ものなんですよー。
予備で AKG の K121STUDIO を持ってるので、そっちで定位を確認して、あぁ、耳のせいじゃなかった・・・、と安心したわけですが。
AKG のは、押さえつける力が強すぎて、メガネを掛けたまま長時間使用すると耳が痛くなっちゃうんだよね。
まー、ワタシの頭がデカイだけなんだけど。
好みによると思うけど、低音がもっさりしてる気もするし。と、負け惜しみを言ってみる。

というわけで、もう1つ予備に手ごろなヘッドホンを検討中。
SHURE SRH440かなぁ、お値段的に。
240 は賑やか過ぎる印象だし、840 は予備としてはちとお高い。


と、知らない人が見たら、オーディオ・マニアみたいなことを書いてますが、全然そんなことはないのです。

ミックスダウンしててもあまりの面倒くささに、国が「音楽を聴くのはiPhone でアップル・ロスレスだけにします。で、ヘッドホンはこれこれのみ採用で・・・」と決めてくれれば、それ向けにミックスすりゃ済むのに・・・、とか考えてしまう横着者なわけで。・・・作業に集中しろよ・・・。

というかさー、もう、圧縮オーディオで音楽聴く人のほうが多いんでしょう? (個人的な印象です。)
DAW やマスタリング・ソフトに、圧縮オーディオ・シミュレータがついても良いんじゃないかと思うんだ、そろそろ。
PCMに落とした音源を、mp3 やら mp4 やらに変換して、うーん、出音がちょっと・・・、なんてやるのは手間がかかりすぎる。
通常の圧縮オーディオ変換の設定と同じように、ビットレートやらなんやら設定してやると、音質をシミュレートしてくれて、ファイルサイズを予測してくれると便利なんですけどね。
ま、ワタシが不勉強なだけで、もうあるのかも知れないケド。

以上、いかに自分がピュア・オーディオを追求するオーディオ・マニアではないかを宣言してみました。
いや、そんなつもりは全くなかったんだけど。

というわけで、ハイレゾなどの高級オーディオに社内リソースを振り向けようとしてるソニーさんがちょっと心配。
普及するのかなぁ。
・・・ということより、普及すると、また、ミックスダウンとか面倒臭くなるなぁ・・・、とか考えちゃうワタクシ・・・。
せめて、ハイレゾの規格を決めてからにしていただきたいものです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント