最終回その1

昨年、秋に買った液晶モニターにドット抜け(輝点)発見。
どうせエロ動画をみるくらいにしか使わないので、それほど気にならないんだけど、早期に発見できれば、購入先のamazonで交換できたかもと、思うとちょっと惜しい。
購入した当時は明るい画面しか見てなかったので、気が付かなかったのかなー。

シャーロック・ホームズ

副題=ベースにした原作かと思ったら、そうでないものもぶっこまれていたりして、肩透かしな回もあったけど、尺は長くもなく短くもなく丁度良かったかな。
子供向けということで、あまり複雑な謎解きもなかったし、これくらいの尺ならオトナも飽きないで済むし。

最終回、みなさんご存知の、モリアーティー教頭(教授)との相討ちも、爽やかな形で決着したし。
個人的には、シャーマンお気に入りでした。

それにしても、ゲスト声優陣の豪華さよ。三谷幸喜のネームバリューか。

年末(?)にやったスペシャル番組での、山寺宏一は見事すぎて逆にイヤミ。


風の峠~銀漢の賦~

う~ん、ちょっと渋すぎたかなぁ・・・。
ラスト2回くらいで、やっと公式サイトのトップ画像みたいな展開に・・・。

各話、良いエピソードはあったものの、幼いころの親友が、時を経て、地位や境遇の違いも、過去のいきさつも乗り越えて、命を賭けた事業に互いに力を合わせる、という流れを描くには回数が少なかったかなぁ。
途中、親子関係の修復とか、桜庭ななみの恋心とか、描かなくちゃいけない要素が多かったし。

まー、最終回では、NHKらしくか、らしくなくかは分からないけど、桜庭ななみの入浴(しかも、賊に襲われる)シーンもあったし、良しとしましょうか。
このシーンがなかったら評価が下がったかも。

いや、このシーンは歳の離れたご主人様、中村雅俊との距離を縮める大事なシーンなんだけどさ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント