坂、坂、坂

家人のお使いで東戸塚に荷物をデリバリー。
そう、いくら引きこもりと言えども、同時にニート道を極めんとする者、たまには家人のご機嫌を取ることも怠らないのであった。

昨日、私用を済ませるため、自転車で出かけたので、「お、外に出る気になったのか・・・」と、勘違いされた模様。
そうじゃない、そうじゃないんだ・・・、かーちゃん。

さて、長年の引きこもり生活のため、全方位的に土地勘のないワタクシ、さっそく、東戸塚の地図を検索。
なになに、国道一号をまっすぐ行って、権太坂上を曲がって、環状2号にぶち当たったら左折と。
距離的にはそれほどでもないかなー。でも、その辺、坂が多いイメージ。

まぁ、「権太坂上」って名前がついてるし、国道1号を曲がれば下りなんじゃなーい? と、リュックに重い荷物を詰め込んで出発。

案の定、国道1号は上り坂。
ぬぅ、地図によればもう少しで「権太坂上」頑張れオレ。
日ごろの不摂生が祟って、息も絶え絶えに上り続けてやっと到着。

なにこれ? こういう場合は「権太坂の上だけど、何とかいう坂からみたら下」って書いておいてよ。
国道1号の坂より急な坂が待ち構えていたのでした。

もうね、上りましたよ、途中、自転車を押したりしながら。
これがね、いつ果てるとも知れない坂でした。
上りながら、あ、これはホントは夢で、この坂を上りきると、そこにはまばゆいばかりの光が溢れていて、天使が出迎えてくれるんだーと思うくらい。

止まない雨はない。
果てしなく続くと思われた坂も、やがて終わりを告げる。
なんとか乗り切って、もはや、お使いという目的を忘れて帰りそうになるワタクシ。
目的と手段が入れ替わることは、ままあること。

あとは、下りでラクチーン、息を整えながら下って、無事お使い終了。

東戸塚駅周辺も結構な坂だけど、急坂が少なく、途中、平坦な箇所が作ってあって、帰り道は自転車でも比較的ラク。
それにしても、「塚」ってレベルじゃねーけど。

さてさて、数日後には、デリバリーした荷物を引き取りにいくという事業が待っているのだが、どうしたものか。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント