FC2ブログ

善哉

先日、誕生日を迎えたワタクシ、SNS やこのブログへのメッセージ、メールや電話での、たくさんのおめでとうのお言葉、ありがとうございます。
と、他所様からもちろん、ついに家人からも何も言われなくなった現実を、空想で紛らわしてみる。

さて、そんな現実ではここ数日、やらなきゃならない事務処理や国民の義務なんかがあって、お外に出ることも多かったんだけど、外に出れば、即、歩きタバコや信号無視など気に入らないことを目撃してまう運の悪いワタクシ、そんな中でも、ちょっと良いこともあったのでメモしてみる。


1.トレーラーが停止

国道を自転車で走っていたら、数台前の自動車運搬中のトレーラーが信号を左折。
横断歩道に歩行者がいたわけでもないので、当然、そのまま左折するだろうと、直進するつもりだったワタクシは徐行。
そしたら、トレーラーの運転手さんがワタクシに気が付いたらしく、停止して先に直進させてくれたよ。
ありがとう、運転手さん。

ガワがでかいから仕方のない面もあるけど、トレーラーって、周りに「どけどけ」って感じの運転する人が多い印象を持ってたけど、見かたを変えることにする。
やっぱり、人間のすること、人による。


2.人情味溢れるサービス・センター

ネットで購入した家電が故障したので、メーカーのサービス・センターに持ち込んだところ、見積もりだけで1,000円以上掛かるとのこと。
ぬぐぐ、まぁ、仕方がない。
とりあえず、見積もりをお願いして、最後に「大体お幾らくらい掛かるもんなんですかね? 心積もりはしておきたいので・・・」と、実際そうなんだけど、貧乏人根性丸出しで聞いてみたら、「場合によりますが、1万円前後は・・・」。
予想をはるかに上回り、ガックリ肩を落とすワタクシ。

翌日、見積もりが出たとのお電話が。
「色々と部品も壊れてまして・・・」とのことで、「こりゃ、見積もり費を払って粗大ゴミの処理費用まで上乗せか・・・」と思っていたら、「保障期間は過ぎてますが、まだ、購入から年月が経っていないので、技術料だけ頂戴できれば修理させていただきますが・・・」と、やさしいお言葉。

ありがとう、サービス・センターの人。
やはり、持つ者が持たざる者に施すのは正しいような気がしてきた。


3.女子かわいい

たまにリアルに動いてる女子を見ると、誰彼構わずかわいいもんですな。
生きているということはすばらしいことだ。


さてさて、冒頭にも書いたように誕生日に誰からも連絡がないのはさておき、こちらから頼まれ物のファイルを送っても返信がないのは困りもの。
自分の人徳のなさのなせる技ではありますが、ここまで誰からも連絡がないとネットにつながってんのかしら? という疑問を通り越して、ワタクシが現実だと思ってる世界が夢で、夢だと思ってる世界が現実なのではないかという疑念が・・・。
確かめるすべはない。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント