♪悲しい知らせがあるよ、きょう~

外出するたび、イヤなことを目撃したり、体験したりするので、「やっぱり、引きこもってネットサーフィングよね」と、色んなサイトを覗いていたんだけど、あー、ネットにも悲しい事実が転がっていたりするのだった。

以前、書いた「足掛け3年? いや4年かも」の事案、水泡に帰すの巻だった。
しかも、その事実を誰からも聞かされず、自分で発見してしまう悲しさよ。
いくら人徳も才能もないとは言え・・・、いやはや。

もう、自分の身体が毒を持っていて、触れたモノが全て滅んでいくような気さえするのだね。

さてさて、昨日、昨年中からの懸案事項だったタスクも完了したようだし、まぁ、一旦仕切りなおすのも良いかもね。



ウロボロス 、真相に近づきそうになると、手掛かりを持ってる人がどんどん死んじゃうパターンか・・・。
途中から見た人でも付いていきやすいんだろうけど、最初から見てると中々進展しなくてイラっとするんだよなぁ。

今のところ、広末先生が公安だった、児童養護施設は臓器売買の温床だった、その裏に警察官僚が関わってる、くらいか、分かってること。
うーん、進展しない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント