ドラマ初回その3

C++ のお勉強、昨日、配列のところまで来たと書いたんだけど、ホントに例題が数学的すぎて、そっちを理解するのに難儀する。
行列の積を求めるプログラムを作ってみよう! とか気軽に書いてあるんだけど、こちとら行列の積がなんだか分からんのですよ。

かぶき者 慶次

有名な戦国武将、前田慶次の後日譚、でいいのかな?
関が原の合戦後、米沢で悠々自適の日々を送る前田慶次のお話。

妻と娘は金沢に残したまま、息子と暮らしているのだが、その息子は実は石田光成の遺児。
金沢へ残してきたはずの娘が、米沢に訪ねてきて一騒動。

と、飄々として枯れた前田慶次を演じるのは、藤竜也。しぶい。
息子、新九郎に中村蒼、米沢に父を訪ねてきた娘に西内まりあ。
下男に火野正平、下女に田畑智子。

ちょっと見た目からは年齢の設定が判断しづらいところは玉に瑕だけど、藤竜也、火野正平、田畑智子ならいいや。

西内まりあの和装はなかなか似合う。
まぁ、ちょっと薙刀の掛け声とかあれだけど。

中村蒼は、まだちょっと役に馴染んでない感じがしますね。
スロースターターなのかしらん。

殺陣の方向性には疑問が・・・。
そういう「アクション」的なものじゃなくて良いのにと思う。
剣客商売の藤田まことくらいの、ひょいひょいバシュくらいで。

お話としては、上杉家お取り潰しを図る徳川家に対して、石田光成の遺児である息子を、どう守り育てていくかが鍵になりそう。

話数が少ないのでどこまで描けるかは心配だけど、楽しみでもあります。



俺物語 を見て身につまされる。
こういうモテない話は卑怯よね。
いや、チビ、ハゲ、メガネなワタシは、この主人公のように痴漢を目の当たりにして、その腕をむんずと掴んでねじる上げるようなことはないので、助けた女子から好感を持たれることもないわけだし、モテモテの幼馴染に妬みの感情を持たないような爽やかな性格でもないので、主人公とオノレを同一視することもないんだけど。
まぁ、「モテない」一点だけで身につまされるわけだよ。

そして、見終わった後に、女子はコレを見て、主人公とモテモテ幼馴染のどちらを支持するんだろうかとか意地悪く考えてみたりして。
そりゃ、こんな思考回路してたんじゃ、モテなくてもしょうがない。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント