ドラマ初回その4

天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-

おっと、うっかり見逃してしまった。
けど、公式サイトで見逃し配信していたのでセフセフ。

女性の社会参加政策の措置で捜査一課に配属された剛力彩芽刑事が、結局、役に立たず、未解決事件資料室に転属になった1年後から物語は始まる。
突然、渡部篤郎弁護士が尋ねてきて、未解決事件資料室が未解決事件匿名交渉課として再捜査を行うことになったことを告げる。
剛力刑事の捜査一課時代の最後の事件を再捜査することになって・・・。

渡部篤郎弁護士が、実はヤメ検で、検察庁から司法取引の裁量を任されている特命捜査官といった役どころ。

剛力彩芽刑事は、人を信じやすく、現在認められていない司法取引に疑問を感じていて正論を吐く対立軸。
・・・なんだけど、第一話ではちょっとパンチが足りない。
今のところ、証拠がつかめず、検挙できそうにない実行犯の協力者・共犯者を、一応、正攻法で説得してみたけどダメでしたという段取りでの説得役ですね。
渡部篤郎弁護士が切れ者すぎて、捜査の役に立ちそうもないのがイタイなぁ。
人を疑ってかかる渡部弁護士には見えない何かが、人を信じることしかできない剛力刑事には見えているとかいう構造になってないと、剛力刑事の存在意義が・・・。
まぁ、これからですかね。

映像演出はスタイリッシュです。
冒頭のシーン、キャバクラのエレベーターの扉が閉まったあと、エレベーターに乗っていた娘がやっぱり被害者だったのはガッカリ。
あそこは、この娘殺されちゃうのん? と思わせておいて、単なる第一発見者のパターンだと思ったのに。

切れ者渡部弁護士に「さすが」と言わせる切れ者秘書役に中村静香。
うむ、さすがオスカー、剛力刑事&中村秘書とはバランスを考えている。おっぱい成分的に。
もっと、胸ぐり深くてもいいのよ。

そして、第一話のゲストには、高岡早紀。
うむ、おっぱい成分的にさらに・・・、ってもういいわ。

しかし、そう考えると、オラ、ちょっと楽しみになってきただ。



ドS刑事

オゥ、ロケ地が川崎・・・。
割と近いので、多部ちゃん見学に行きたい・・・。
ボランティアでエキストラをやってもいいので、撮影日を教えていただけないだろうか。

「犯人をいたぶるため」に刑事なった多部未華子刑事の異常な犯罪捜査を描くコメディ。

まぁ、多部未華子の多部未華子による多部未華子ファンのためのドラマです。って言いすぎか。

ジャニーズ所属俳優主演のドラマで、「もう少し役に寄せた演技が出来ないかなぁ」と思うこともあるのですが、女子がこのドラマを見たら同じようなことを思うのかなぁとは、一応、想像はしてみました。
ワタシ的には楽しかったんですけど。

バディの大倉忠義刑事は、以前、別のドラマで見たときより、スッキリしてますね、見た目や演技含めて色々。

犯人確保のシーンで、特殊警棒と思わせておいてムチが出てきたのは笑っちゃいました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント