ドラマ初回その9

天皇の料理番

初回2時間スペシャルということで、じっくり人物紹介していたので少しテンポは悪く感じたけど、良い感じで佐藤健が料理修行に入るところまでを描いておりました。

最後、兄に諭されるところで、ぎりぎりダメ人間認定も回避できた感じで。

そして、黒木華が良い奥さんすぎる。
さらに、ちょっと器量が悪い設定は納得がいかない点も・・・。

これから華族会館での新たな人との出会いが描かれることになるんだろうけど、テンポが悪くならないと良いなぁ。

ちょっとした飯テロになるかと思ったら、高級料理と無縁のワタシには味の想像がつかないので問題なかった。

佐藤健の単純バカな感じは、るろうに剣心の「おろ?」に近いかな。
あれほど泰然自若な感じではないけれど。

とんびの内野聖陽をうんと若くした感じの人物造形なのかしらね。
ちょっと、賢く見えすぎなんだよね、佐藤健。

つーかさぁ、美穂純母さんとか鈴木亮平兄とか黒木華嫁とか、周りに度量のデカイ人物多すぎ。
まぁ、コレを見て、「オレの周りにはそんな人いなかったし」とか思ってるワタシのような人間は、周りに同じような人がいてもいかほどもことも出来ないんだけどさー。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント