ドラマ初回その10

三匹のおっさん2

三匹のおっさんが帰ってきました。

痛快時代劇が絶滅状態の昨今、そのニュアンスを色濃く残しつつ、ご町内の悪事を解決していく人気ドラマの続編です。

初回は2時間スペシャルで、妖怪話と地上げ問題を絡めたお話。
構造自体は単純だけど、まぁ、孫の恋愛話や、実は志賀廣太郎がおばけが苦手などコメディ・シーンもふんだんで、飽きさせない作り。
まぁ、ターゲットの年齢層はちょっと高めな内容だと思うので、これくらい単純なほうがウケは良いでしょう、時間帯的にも。

ただ、この枠、このシリーズ以外にあんまり魅力的なシリーズがないんだよなぁ。
やはり、コメディ寄りの荒唐無稽、痛快娯楽ドラマっていうのは、簡単そうに見えて作るのは難しいのかも知れない。
他のシリーズは、悪人をやっつけるというよりは人情物に寄りすぎて、痛快さに欠けると思うの。


にしても、テレビ東京、妖怪ウォッチに頼りすぎ。
楽しみにしていた世界卓球も、序盤の「なんじゃ、こりゃ」ぶりにチャンネルを変えちゃって、試合を見逃す本末転倒。
テレビ東京のスポーツ中継に余計な演出とか期待してないので。
というか、それが持ち味なのに。
モヤモヤさま~ずで狩野アナが「社運を賭けてる」と言っていた世界卓球、変に予算がつくと碌なことがない。
まぁ、みうみまコンビもいるし、低年齢層が卓球に興味を持つキッカケになればいいかと思わなくもないけど。

ところで、この「コンビ」っていうのに引っかかるんだけど、「ペア」のほうが語呂が良くない?
使い分けってどうなってるんだろう?
語呂はいいけど言いづらそうではある。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント