github から

というわけで、github.com から cocos2d-x を clone してみた。

リンクの Git user attention 以降を地味に実行している最中、なにやら警告が・・・。

https://github.com/cocos2d/cocos2d-x/issues/9114
https://github.com/cocos2d/cocos2d-x/issues/9138

うーん、なんか分からんが、
This issue should be fixed in NDK r10c.
って書いてある・・・。

えっ!? 公式サイトの Build Requirements
NDK r9d is required to build Android games
って書いてあるじゃんよ。
というか、これを読んで、r9d にわざわざ落としたのに・・・。

というわけで、NDK を r10d に変更して、環境を整えてみたら、無事、HelloWorld が表示されました。

えー、そこなんー? な結果。

しかし、AVD のインテル(x86)では起動せず。謎。


今回、やったことのまとめ。

■ターミナル
git clone https://github.com/cocos2d/cocos2d-x
cd cocos2d-x
python dowload-deps.py
git submodule update --init
./setup.py
※~/.bash_profile の内容をを確認して、NDK_ROOT が r10d じゃなかったら変更。
source ~/.bash_profile
cocos new MyGame -p com.mydomain.mygame -l cpp -d MY_PROJECT_DIR
cd MY_PROJECT_DIR/MyGame
cocos run -p android -j 4

■Eclipse
【Eclipse】メニュー→環境設定→一般→ワークスペース→リンクされたリソース→新規ボタン
適当な名前をつけて、git clone したフォルダを指定。

【Eclipse】メニュー→環境設定→C/C++→ビルド→環境
NDK_ROOT を選択して編集ボタンをクリック、r10d のフォルダを指定。

【ファイル】メニュー→インポート→Existing Android Code into Workspace→次へボタン
Root Directory の右の Browse...ボタンで、git clone したフォルダ内の「cocos」→「platform」→「android」を選択。
読み込まれた「libcocos2dx」と「libControllerManualAdapter」のプロパティを開いて「リソース」で「UTF-8」に変更。

【ファイル】メニュー→インポート→Existing Android Code into Workspace→次へボタン
MyGame フォルダを選択。

MyGame プロジェクトのプロパティを開いて、「リソース」→「Android」→「Project Build Target」 を API Level 15 以降に設定。
同じく「Library」で先ほどインポートした「libcocos2dx」を指定。
※もし、×印が付いている「libcocos2dx」が表示されていたら、一度「Remove」して「Add」する

MyGame プロジェクトの AndroidManufest.xml を開いて、
<uses-sdk android:minSdkVersion="9"/> を
<uses-sdk android:minSdkVersion="15"/> に変更。
※AVD で「Use Host GPU」するには API 15, Revision 3 or higher である必要がある。
そして、OpenGL を使うには「Use Host GPU」 する必要がある模様。
実機で実行する場合は必要なさそげ・・・。

うーん、x86 で HelloWorld が起動しないのはこの辺が原因かなぁ。
Arm の ADV は動作がもっさりしてから、x86 を使いたいところなのだが・・・。
実機だと、予想外の動きをされるとコワいし・・・。まぁ、DDMS でタスクをストップすれば良いんだけど・・・。

さてー、0に戻るで、連休明けからまたチュートリアル三昧だなぁ、(;´д`)トホホ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント