チュートリアル1冊終了

というわけで、ネットで拾った参考書1冊分の勉強終了。ま、100ページくらいの軽いものだけど。
やはり、開発環境が安定するとはかどる。

一応、

・シーンの作り方、切替え方
・メニューの作り方、コールバックの組み込み方
・スプライトの作り方、アクションのさせ方。
・タッチ・イベントの取得
・ヒット・チェックの仕方
・加速度センサーの値の取得
・音の出し方

の基本的なことはやってみた。
まぁ、もちろんいつも通り、こうすりゃ動く程度の理解ですが。

海外のパブリッシャーだと、参考書を無料ダウンロードさせてくれたりするところもあるんですねぇ。
下手すりゃ、画像や音のデータも一緒に。
いや、もちろん英語版なんだけども。

SDK は無料だし、解説本も無料となると、まぁ、すそ野は広がるかなぁ。
言語の壁に阻まれて、まぁ、海外と比較してだけど、日本のゲーム開発のすそ野は広がりづらいのかもなぁ。
などと、考えてしまったこの4日間だったのでした。

さて、ネット検索で2冊目を見つけたので、明日からはコヤツを。
にしても、Eclipse 対応の参考書がありませんねぇ。
やっぱり、Xcode のほうが開発しやすいのかなぁ。

とはいえ、ワタクシ iOS 端末もってませんですし。
まぁ、コードの書き方自体はそれほど変わらないので、なんとかなりそうな予感はしてるんですが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント