Amazon Ads を使ってみようかと

Kindle の加速度センサーが値を返してこないなぁ・・・、で、ネット検索したところ、アマゾン アプリ 開発者ポータル にぶち当たったので、思わず登録。

で、API の解説を見ていたら Ads なんてものがあったので、後学のためにテストしてみようかな、なんて邪なことを考えたもんだから・・・・。

API のインストールについては、ユーザー登録の上、下記をご覧ください。

Setting Up Your Development Enviroment

ワタシは Eclipse を使っているので、下の方の Using the Eclipse IDE を参考に Android SDK Manager の 「Tools」メニュー → Manage Add-on Site... → User Defined Sites → 「New...」ボタンで amazon さんの add-on を追加してインストールしました。

で、まぁ、モバイル広告のクイックスタートガイド の「 Java のコードでバナー広告を追加する」を見ながら組み込んでみたんですが、エラー。

うーん、adView の変数の指定がない・・・。

ので、MainActivity クラスの中で、
private AdLayout adView;

とか書いてやる。

で、ワタシのような素人は当然のごとく res/layout/activity_main.xml で View を作ってるので、

// If you declared AdLayout in your xml you would instead
// replace the 3 lines above with the following line:
// this.adView = (AdLayout) findViewById(R.id.adview);

の、最後の行のコメントを外して、この上の3行をコメント・アウトしてみる。

ところでさぁ、英語版の参考書でもそうなんだけど、

LinearLayout.LayoutParams lp = new LinearLayout.LayoutParams(
LinearLayout.LayoutParams.MATCH_PARENT,
LinearLayout.LayoutParams.MATCH_PARENT);

を、1行とカウントするのって普通なの? ワタシの感覚だとこれだけで3行なんだけど。
というわけで、ワタシの感覚ではコメント・アウトされてない5行をコメント・アウトする。

おお、エラーが取れた!

けど、実行すると、いつもの FATAL EXCEPTION: main ・・・。

うーん、追跡調査項目に追加。


あ、加速度センサーはその後 Eclipse を再起動したら、値を返してくれるようになりました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント