Amazon Ads を使ってみようかと その3

というわけで、Amazon Ads を使ってみようかと その2 で書いたように、Google Ads 関係をコメントアウトして試してみたところ、

AmazonMobileAds Adloader Server Message: DISABLED_APP;

とのお返事。

ネット検索してみたら、どうやら、「支払い情報」と「税に関する情報」の入力が完了しないと、サーバーからお返事貰えないみたいですね。

「支払い情報」は、振込先の銀行口座番号を入力するだけで良いんだけど、問題は「税に関する情報」。

「税に関する情報」は、アメリカの納税者番号(Taxpayer ID Number)とやらを取得しなくちゃならないみたいですね・・・。
詳しくはこちら

手っ取り早いのはファックスみたいだけど、ファックス機は持ってないんだよなぁ。

ネット検索すると、体験記がありました。

Amazonから税に関する情報提出の指令!TIN(アメリカ納税者番号)を手に入れる

うーん、ファックス送信はネットの無料サービスでいけるみたいだけど、受信のサービスはないみたいですね。
いや、ネット検索したらいくつかヒットしたけど、有料サービスばかり。
しかも、月額制が多いので、これだけのためにってわけにはいかなそう。

こちらのファックス番号を書かなければ郵送で返送してくれるのかしらん。
人柱になってみようかな・・・、ゴクリ。


ふと、ダイアル・アップ時代のファックス・モデムを思い出したりして。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント