最終回その3

RELAY & DESTROY

最終回は、レア・キャラ・オールスターズで始まり、挫折からの青春群像劇、そして、いつものスラップスティックで終わるという安心できる作りで面白かったです。

こういうコメディ・ドラマは少なくなってきたので、別の形でも良いのでシリーズ化をお願いしたい。

最近のコメディは、最後に「きちんと」泣かせようとしたりするからタチが悪い。
だから視聴者がバラエティに流れちゃうんじゃないのかなぁ、などと。


Dr.倫太郎

惜しいドラマが終わってしまった。

「ありがとう、おかあさん」「さようなら、お母さん」なんて、ちょっと作りすぎな気もしつつ、良かったけどなぁ。

個人的にはちょっとカウンセリングを受けている気分になり。

高畑淳子、良かったなぁ。出てくるたびに、イラっとして。

遠藤憲一×松重豊とか見どころもあったし。
ま、ちょっとキャストがガチガチすぎて隙がなさすぎたか。

個人的には、酒井若菜の出番をもう少し。

放送の時間帯は面白かった。
11時ぎりぎりまでの放送は、55分終了の番組が多い中、ザッピングする視聴者を引っ掛けるためか。
まぁ、「王様のブランチ」の瞬間視聴率ランキングでは、ほとんどの番組がCM中の視聴率で上位に食い込んでるしね。
そういう戦略もありよね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント